TOP
施設案内
料金表
ポイント情報
アクセス方法
大瀬崎フォトグラフィー
今日の海(ブログ)
お問い合せ
HOME


< 2006-12 >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031







過去の記事

December 2006 の記事です。


湾内外海先端
風向き微風微風微風
水温14〜15度14〜15度14〜15度
透明度8〜10m8〜10m8〜10m
透視度8〜10m10〜12m10〜12m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


今年も一年 ありがとうございました

2006年の最終日 大晦日の本日も天気は良く 高層雲が多少あったものの 朝から青空につつまれた一日でした。風も終日 微風程度しか吹くことがなく 今日も全エリア穏やかな海況でした。透明度ですが 昨日の濁りはとれたようで どのエリアも10mほどの視界があったようです。太陽が一日中出ていてくれたため 海中は明るく 青い世界が楽しめました。水温はどのポイントも14〜15度台なのですが 湾内のゴロタまでの浅場の水温が昨日からとっても冷たく 13度を示していました。どのポイントもベタ凪ぎで 一日を通して晴れてくれたため 今年のラストを飾る今日の海のコンディションは申し分なし といったところでした。
今年のラストダイブで確認できた生物は 湾内では イザリウオ ウデフリツノザヤウミウシ タカクラタツ ウミテング ミジンベニハゼ ヤリイカ といった生物たちが確認でき 外海では イロイザリウオの幼魚 ベニイザリウオ ハナタツ アヤトリカクレエビ といった常連生物がみれたそうです。また 昨日、常連さんに「メガネウオ 居る?」って聞かれたので 早朝 湾内の10m以浅を流してみたところ ざっと7個体ほど確認できました。探そうと思えば直ぐに2ケタにとどきそうな勢いで見れたのですが そんなに探しまくってもしょうがないか という感じがしたので 探すの止めときました。願わくば 2006年ラス日に「アンコウゲット」 と書きたかったのですが コチとメガネウオとシビレエイしか見つけれませんでした。チャンチャン・・・
さて 明日2007年の幕開け 1月1日の天気予報 午前中は晴れ 午後に雲が広がるとなっています。風は一日を通して微風程度の様子ですので 今日同様 全エリア穏やかな海況が期待できそうです。
今年一年 このブログをご覧頂いた皆様、本当に感謝感謝です!。来年もタイムリーな海洋情報(時には海上情報)をできる限り載せていきますので楽しみにしていてくださいね!。それでは 「良いお年を〜」。
加藤 智

12月28日(木)〜1月8日(月)までの期間 連日、先端が潜れます。

また12月27日(水)〜1月3日(水)の期間は ナイトダイビングも連日潜水可能となっております。
皆さん ぜひ、遊びにお越しください!


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風微風
水温14〜15度14〜15度14〜15度
透明度5〜7m6〜8m6〜8m
透視度6〜8m7〜9m7〜9m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


寒さに 負けるな!

本日も朝から良く晴れ 雲が殆ど無く 富士山もスッキリ見えるほど空気透明度がよかったです。風のほうも今日は落ちつき 終日微風程度しか吹くことがなく ようやく久々に外海が凪いでくれたため 全エリア潜水可能でした。透明度ですが 湾内は5〜8m程度の視界しかなく 白濁しています。外海でも10mを切るくらいの視界だったようですが 時間帯により流れが生じた際に 抜けが良くなった時もあったようです。水温ですが 湾内の浅場で13度を示しており ゴロタ下から14〜15度、浅場エリアでの水面移動がとっても厳しい状況でした。 
最近、微妙に水温が落ち始めているので もうそろそろ クマノミ達が居なくなってしまうかも、ということで 今日はまず 湾内で見られているクマノミを確認、元気な姿が見られました。愛くるしい姿で 初心者の方からベテランにいたるまで 多くのダイバーに人気のクマノミ君に 「寒さに負けるな〜!」とエールを送っておきました。その他、湾内では定番となっている タカクラタツ ウミテング ミジンベニハゼ ウデフリツノザヤウミウシが確認でき 外海では イロイザリウオ テングダイ アヤトリカクレエビといった生物たちが見られたようです。また 湾内では 昼間でもヤリイカの姿が確認できており ナイトでは浅場のエリアでも産卵シーンや交接している姿が見れているようです。
明日の天気ですが 明日も引き続き 天気は良いようです。風も微風程度しか吹かないみたいですので 外海は明日も問題なく潜れるかなぁ といった様子です。今年も残すところ あと一日、2006年のラス日 晴れてくれそうです。
加藤 智

12月28日(木)〜1月8日(月)までの期間 連日、先端が潜れます。

また12月27日(水)〜1月3日(水)の期間は ナイトダイビングも連日潜水可能となっております。
ぜひ皆さん、遊びにお越しください!



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き 西西西
水温14〜15度 度14〜15度
透明度6〜8m m6〜8m
透視度7〜9m m7〜9m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


もう幾つ寝ると・・・

本日は 朝から雲が殆ど無く 一日を通してよく晴れた空模様、富士山もスッキリ見えたほかに アルプスの山々も綺麗に見えました。風は午前中までは 微風程度だったのですが 午後になると今日も西風が吹きました。海況ですが 外海は 午前中、オスパー裏がギリギリ潜れるかなぁ といった状態だったのですが 終日沖合いで かなり大きなウネリが確認されており 少しでも風向きが変わると非常に危険な状態だったので無理は禁物 といった様子でした。湾内 先端は問題なく潜れています。透明度ですが 爆弾低気圧の通過からずっと西風が吹きつづけているせいか 濁りが生じており、湾内で6〜8m程度まで視界が落ちた様子です。太陽がでているため 海中は明るいのですが白濁しております。水温は14度と いつもよりコンピューター表示が1度下がりました。自分自身は14度も15度も 大した差ではないと感じているのですが、寒がりの人にとっては この時季の1度差はかなり厳しいようです。
湾内でウミウシ探しをしていて ほぼ100%の確率で見られるのが 写真にもアップしたセスジミノウミウシ、自分のお気に入りの生物なので どうしても見つけると見入ってしまいます。今日のセスジ君は人間で言うところの「背筋測定」しているような状態、背景に何も写りこまないようなポーズを決めてくれていたので 正面顔を撮影してみました。
明日の天気ですが 明日も今日同様、快晴になるみたいです。風は弱く微風程度との予報ですが 外海は微妙な感じです。
加藤 智

12月28日(木)〜1月8日(月)までの期間 連日、先端が潜れます。

また12月27日(水)〜1月3日(水)の期間は ナイトダイビングも連日潜水可能となっております。
ぜひ皆さん、遊びにお越しください!



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き 西西西
水温15〜16度 度15〜16度
透明度8〜10m m10〜12m
透視度8〜10m m10〜12m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


外海 時化模様

本日も 朝から快晴、雲が殆ど無くすっきりとした青空でした。風ですが こちらは昨日に引き続き一日中 西風が吹き荒れたため 時間が経過するにつれ時化は厳しくなり、外海は終日クローズ状態です。透明度は西風の影響からか多少、濁りが出たかなぁといったところ 浅場から水深20mぐらいまでは いつもに比べて少し白濁した様子、湾内では8〜10mぐらいの視界でしたが 青い海中は いまだ健在で 太陽が出ていたため明るく感じられました。水温は15度と こちらはいつも通りで変化なしでした。
ここ2、3日 ウエットスーツだと都合が悪いことがあり、仕方なくドライスーツを着ているのですが やっぱりどうも馴染めなく イライラとストレスを感じながら潜ってます。たえず付きまとう首元の圧迫感と ウエイトが加算された重量感、フィンキックしてもあまり進まない推進力等々、ウエットに比べて 格段に温かいという1点だけを除けば 僕の判定では 軍配は間違いなくウエットスーツです(まぁ この時季では温かいということが一般的に最も重要なのでしょうけど・・・)。脂肪の多い自分にとって 15度の水温であれば ロクハンで2時間くらいは全く問題なしなので 早くロクハンで自由気ままに泳ぎたいです。ここのところ ドライスーツを着て海から上がると ドライの中とロンティーが汗びっしょりで気持悪いっす(笑)。
話が大きくそれました(謝)、今日見た生物は 湾内でタカクラタツ ウミテング ミジンベニハゼ イザリウオ それとミズタマウミウシが交接しているシーンなどが確認できました。
明日の天気ですが 明日も天気は良いようですが 風が今日に引き続き 西向きで強風のようです。外海は明日もクローズの可能性が高いです。
加藤 智

12月28日(木)〜1月8日(月)までの期間 連日、先端が潜れます。

また12月27日(水)〜1月3日(水)の期間は ナイトダイビングも連日潜水可能となっております。
ぜひ皆さん、遊びにお越しください!





コメント

コアラ さんのコメント

 この季節はロクハンに限りますよね。僕も以前はドライだったので良く分かります。首が絞められるのと、上がってからドライスーツ内が結露しているのがイヤでした。写真を撮るときも首をあまり動かすと水没するし…。
06/12/29 07:56:05 AM

らっこ さんのコメント

このイザリは、例の所のかな?
前回は○○が我慢できず、見つけ切れ
ませんでした。

年末年始、風が止んでくれると良いのですが。
湾内は好きだし、先端も良いけど、外にも潜り
たいな〜。

チャーミー1号さんへ
ケータイ繋がらないよ。
今日も行ってるのかな?
私は取りあえず、明日行きます。
06/12/29 12:57:56 PM

ダイバーズ イン フジミ さんのコメント

コアラさんへ
ナイスな同意見ありがとうです(笑)。手首や首元から水が入る あの感覚って ヤッパリ嫌ですよね!。今日はいつもより1度下がって14度でしたがロクハンを着て潜れたので 海中遊泳は快適でした〜。加藤
06/12/29 01:26:54 PM

ダイバーズ イン フジミ さんのコメント

らっこさんへ
このイザリ 同じような場所にいるのですが 最近チョコチョコ動き回るようですので、見つけ出すのに時間が掛かるときもあります。今日はマンボウのガイドロープの付根に居ましたよ! 加藤
06/12/29 01:31:34 PM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き 西西 
水温15〜16度15〜16度 度
透明度12〜15m12〜15m m
透視度12〜15m12〜15m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


低気圧 通過

本日は 朝から低気圧はぬけ すっきり良く晴れた空模様、富士山も昨日の低気圧がもたらした雪がどっぷりかぶり 見事な景色が楽しめました。風は一日中西風が強く吹きつづけ、湾内でも風による水しぶきが水面に上がるほどで 外海は朝から時化模様、今日は無理せずクローズのほうが無難、といった感じでした。透明度ですが 雨が降ったため 表層が白濁状態でしたが 水深1mぐらいからは透明度12〜15mといった 冬ならではの透明度抜群の状態でした。水温は15度で 大きな変動はありません。
今日は 外海クローズということで湾内ウミウシ探索、という予定だったのですが ウミウシポイントにつく途中で コウイカの仲間の求愛ディスプレイに遭遇、あまり寄らせてもらえず写真撮影は出来ませんでしたが 冷たい冬の海にもかかわらず熱い雌雄の生態行動が見れて感動してしまいました。そのほか 今日は浅場で砂の中に体を埋め込み 顔だけ出して周囲をうかがっていたキュウセンに出会いました。始めてみるシーンにとっても感動、すかさずフィルムカメラを構えて撮影しようとしたのですが あまりにも興奮しすぎてバタバタしてしまい、キュウセンが砂の中から出て逃げられてしまいました。う〜ん、残念。砂の中から顔だけ出しているキュウセンの姿、とってもキュートでした。
明日の天気ですが 明日も引き続き天気はいいようです。風は引き続いて欲しくないのですが こちらも今日同様、西風が終日強く吹きつづけるようです。
加藤 智 

12月28日(木)〜1月8日(月)までの期間 連日、先端が潜れます。

また12月27日(水)〜1月3日(水)の期間は ナイトダイビングも連日潜水可能となっております。
ぜひ皆さん、遊びにお越しください!



コメント

コアラ さんのコメント

 昨日は凄い雨でしたね。伊豆東側は軒並みクローズだったようですよ。お日様は出ているので湾内は潜ってしまえば平和だったのでしょうか。楽しさが伝わってきました。
06/12/27 04:53:43 PM

ダイバーズ イン フジミ さんのコメント

コアラさんへ
西風の影響をあまり受けない湾内は透明度抜群でした。水の中では 生物探しを全くせずに 気ままに中層を漂っているダイバーも見かけられるほど 泳いでいるだけでも気持ちの良い海中でしたよ。今日(28日)も西風が吹きつづけているため 外海はクローズです。 加藤 
06/12/28 10:24:13 AM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き 
水温15〜16度15〜16度 度
透明度10〜12m10〜12m m
透視度10〜12m12〜15m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


ITARU君 ワールド

本日は 昨日夜から降り続いている雨が 今日も一日中降っています。とっても冷たい雨のため 外は非常に肌寒く感じられ 台車を引く手が 素手だと霜焼けになりそうなくらい冷えました。風は一日を通して弱い東風のため海況は穏やかで 湾内 外海ともに潜水可能でした。透明度ですが 湾内 外海ともに12m程度の視界があり 太陽が出ていれば もう少しみえるかなぁ といった様子でした。今日はいつもと違って昼前くらいに潜ったのですが 太陽が出ていないにもかかわらず 海中がとても青く感じられました。水温は15度とこちらは変化ありません。
さて、いよいよ待ちに待った ヤリイカの産卵が湾内で確認され始めました。場所は湾内深場の岩陰から プーさんやジャングルジムといった比較的浅いエリアでも観察できるようですので この機会に 冬の風物詩を ぜひご覧になってはいかかでしょうか。ヤリイカの産卵を先日の日曜ナイトで確認しに行ったのですが ヤリイカがジャングルジム周辺に3個体ほど確認できて 産み付けるシーンも見れたのですが とても神経質のようで 産卵床に近づくとどうしても距離を置かれてしまい撮影は出来ませんでした。ということで ライトを消してヤリイカの動きに反応して発光する夜光虫の光でヤリイカの居場所を見つける といったマニアな楽しみ方に没頭してしまいました。日曜日はチョット離れてライトを消すと 産み付けているようでしたが 近寄ってしまうとライトを消していても産んでくれず といった状況でした。
明日の天気ですが 明日は天気が回復し 日中晴れるようです。風は午前中より 強い西風との予報ですので 外海は潜れるのであれば早朝のみかなぁ といったところです。
加藤 智

12月28日(木)〜1月8日(月)までの期間 連日、先端が潜れます。

また12月27日(水)〜1月3日(水)の期間は ナイトダイビングも連日潜水可能となっております。
ぜひ皆さん、遊びにお越しください!


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく



06/12/24: フォト00128


17-35mm 1/30 f11 自然光 RVP100

今回は 2006年、自分自身のベストショットをアップしてみました。外海のどのエリアでも撮影できるシチュエーションですが 自分自身、納得のいく この写真が撮れるまでに 7年の歳月を費やしました。というのもこのシーンを撮りたいと思ったきっかけは 某風景カメラ雑誌のグラビアで 渓流の美しい水中風景が掲載された記事を見てから 何とか大瀬崎の波打ち際で 透明感があり 奥行きが感じられる風景を撮ってみたいと思ったのが最初です。珊瑚礁域の浅場で 海中サンゴ群と水面に映ったサンゴをワイドカメラで撮影された写真を以前からよく目にします。このての写真は珊瑚礁域の専売特許と思っていたのですが その考えを カメラ雑誌に掲載された渓流の水中風景写真が払拭してくれました。ですが マスクをつけて直ぐに肉眼でみられる一見簡単そうなこのシーン 実際写真に撮ってみると なかなか上手い具合に撮影できず一苦労、浅場のため少なからず波が押し寄せ、砂やゴミが巻き上がるため 透明感があり奥行きのあるシーンに滅多になってはくれませんし、さらに当たり前のことですが チョーベタ凪で抜群の透明度の時に限られてしまいます。また、晴れていて陽が射してしまうと 太陽光線により奥行きがなくなってしまうこともあるのと 海底からの照り返しが強く 水面に海底風景が綺麗に映らないこともあるので 天気は曇りの時がいいみたいです(雨だと水面に映る像は消えてしまいますし・・・)。あと スクーバですと水面に自分の吐き出したエアーが映ってしまったり、激しく水面が揺れてしまって海底風景が消えてしまうので スノーケルで臨んだほうが失敗は少なくなります。う〜ん、納得いく写真が撮れるまで 長い時間が掛かりました(笑)。
加藤 智


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風微風
水温15〜16度15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m10〜12m
透視度10〜12m12〜15m12〜15m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


今日は (ダ)イブ!

12月24日 クリスマスイブの本日は 朝から多少 青空が見られたものの上空は雲に覆われ、午後では空一面に雲に覆われてしまいました。風は終日 微風程度のため海況は穏やかで 全エリア潜水可能でした。透明度ですが 昨日午後に見られた濁りはすっきり取れ 一日を通して全エリア10〜15m程度の視界がありました。水温も変化は無く 15度で落ち着いているようです。また 最近外海が凪の日が続いているため 波打ち際やスロープの潮間帯部分にコケやノリが多くなっており とっても滑りやすくなっていますので 歩く際に十分注意して下さい。
今日は 早朝に 海中に沈めたクリスマスツリーをナイト時にライトアップさせるため 昨日取り付けた50本のケミカルライトを撤去する作業、26日の火曜日にツリーを陸揚げするのですが ここへきてツリーの中にカサゴやアナハゼといった魚達の姿がケミカルを外すときに チラホラ見られました。ダイバーにとっては記念写真ポイント 魚達にとって住処となりつつあるツリー、のこすところ明日一日しか見れませんので まだ見ていない方は ぜひ遊びに来てくださ〜い!。また 湾内の浅場のチビイザリ、今日の常連さん情報ですと 一瞬 パクッと捕食されてしまったそうで、見ていた常連さんが「まずい」と思い とっさに食べたほうの魚にプレッシャーをかけたら吐き出してくれたそうです。今日は「危うし チビイザリ!の巻」だったそうですよ。イブの日がチビイザリの命日にならなくて良かった〜。
明日の天気ですが 明日は日中、天気が良く青空が期待できそうです。風も微風程度のため 海況のほうも穏やかになると思います。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。

高さ3mほどのクリスマスツリーが湾内に設置されました。場所は はごろもMSの前、水深10mの場所、この水深ですと初心者の方にも楽しんでいただけると思います。皆さん ぜひ遊びにお越しくださ〜い!






この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風微風
水温15〜16度15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m10〜12m
透視度10〜12m12〜15m12〜15m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


クリスマスツリー ライトアップ

本日は 朝から晴れ 空気透明度も良く富士山が雄大に見え すっきりとした青空につつまれた一日でした。風も終日 微風程度しか吹くことはなく 海況は穏やかで 全エリア潜水可能でした。透明度ですが 午前中までは どこのエリアも12〜15m程度の視界があったのですが 昼頃に外海で激流があったようで それ以降透明度が少し落ちたようで、10m前後ぐらいになってしまいました。水温は15度と 変化はありませんでした。
水温低下に伴なって姿を現し始めるのが ウミウシ達の仲間、勉強不足でウミウシを見つけた瞬間に 頭の中では?マークがいつも点っております(涙)。見つけたウミウシがどれだけ珍しいかが 全く分かってないので とりあえず目にしたウミウシをデジカメでおさえる といった作業の繰り返しですが 目にしたこともないウミウシでも その姿がフォトジェニックだと テンション上がりますね〜。まぁ 50枚ほど撮影して 図鑑で調べて「普通種」って書いてあると「ガクッ・・・」って感じですが「容姿が美しいから まあ良しとしよう」と割り切ってます(笑)。
今日は 湾内で タカクラタツ ミジンベニハゼ ウミテング ミズタマウミウシ マトウダイ イザリウオ等が確認でき 外海では ハナタツ ベニイザリウオ イロイザリウオ サガミリュウグウウミウシ といった常連生物たちが健在でした。
明日の天気ですが 明日も今日に引き続き 天気はいいようです。風も微風程度しか吹かないみたいですので 海況も引き続きコンディションは良さそうです。
加藤 智 
 
追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。

高さ3mほどのクリスマスツリーが湾内に設置されました。場所は はごろもMSの前、水深10mの場所、この水深ですと初心者の方にも楽しんでいただけると思います。また 16、17、20、23、24日のナイトでは ケミカルライト等によるライトアップも行われますので 皆さん ぜひ遊びにお越しくださ〜い!




 


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風
水温15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m m
透視度10〜12m10〜12m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


居たんだ〜。

本日は 一日を通して曇り空 雨が降ることはありませんでしたが 太陽が出ていないせいか肌寒く感じられました。風は終日 微風程度もしくは東風のため 海況は穏やか、湾内 外海ともに潜水可能でした。透明度は さほど変化はないようで 湾内で10〜12m 外海で12mチョイといった様子だったのですが 陽射しがないため海中が薄暗く感じられました。水温も変化なく15度、陽射しが無いので水から上がってからが堪えました。
今日は 早朝よりガイドのお客さんが来店との事だったので 早朝チェックは一休み、ガイドで湾内と門下を潜ってきました。湾内ではミジンベニハゼ タカクラタツ ウミテング セスジミノウミウシ メガネウオなどが見れました。外海門下では イロイザリウオのチビちゃん(最近 発見当初より大きくなってきました) サガミリュウグウウミウシ カイメンを背負ったヤドカリ ハナタツ ヤマドリなどが観察できました。また もう居なくなってしまったと思っていた カミソリウオを久々確認。お客さんに聞かれても「もういないっす!」って言い切って答えていましたが 撤回します(笑)。さらに このカミソリウオ、メスと一緒に居たときより ひとまわり以上大きい感じを受けました。成長したのか 別の個体なのか?疑問ですが 来年までカミソリ見れないかなぁ と思っていたので 見つけたときはかなり嬉しかったっス!。
明日の天気ですが 明日は回復し 日中晴れるようです。風は 一日を通して微風程度との予報ですので 海況は今日に引き続き穏やかになる見込みです。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。

高さ3mほどのクリスマスツリーが湾内に設置されました。場所は はごろもMSの前、水深10mの場所、この水深ですと初心者の方にも楽しんでいただけると思います。また 16、17、20、23、24日のナイトでは ケミカルライト等によるライトアップも行われますので 皆さん ぜひ遊びにお越しくださ〜い!








コメント

コアラ さんのコメント

 本日はありがとうございました。たったの2本しか潜っていないのに、あんなに沢山の生物に出会えて大満足です。またお伺いしますので、よろしくお願いします。今日の写真をMyホームページにUPしました。よろしかったらご覧になって下さい。
06/12/23 01:08:14 AM

コアラ さんのコメント

 本日は、朝早くからありがとうございました。たったの2本であれほどの沢山の生物に出会えて大満足です。また潜りに行きますので、よろしくお願いしますね。今日の写真をMyホームページにUPしました。よろしかったら、ご覧になって下さい。それでは。
06/12/23 01:12:13 AM

ダイバーズ イン フジミ さんのコメント

コアラさんへ
昨日は 有難うございました。湾内のネジリンボウに御案内できなかったのが残念でしたけど 何とか2ダイブで お見せすることができる生物たちを狙いどおりすべて確認できたので 僕のほうもホッとしています。また 近いうちに遊びに来てくださいネ!、お待ちしてます。   加藤 智 
06/12/23 02:01:04 PM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き
水温15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m m
透視度10〜12m10〜12m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


冬至

本日、午前中までは上空に雲が見られたものの 午後になると太陽が顔を出し 日射しがまぶしいくらいの陽気でした。風は一日を通して 微風程度もしくは東風のため 海況は穏やかで 湾内 外海ともに潜水可能でした。今日は透明度 水温とも昨日と変わらず 10〜12m、15度でした。また 今日は冬至、日中、陽の射す時間が一年で最も短い日、早朝潜るも太陽が昇っていないため いつも暗いと感じていた海中でしたが 明日からは 徐々に日が長くなると思うと なんかホットします。まぁ、そんなに直ぐに日が長くはならないので 早朝は まだまだ水中ライトを手放すことは出来ませんが・・・。
今日も外海が凪だったので 外海にエントリー、透明度も良く ソフトコーラルも7割ぐらいの開き具合だったので 海中を泳いでいるだけで心地よい感じでした。また 視界が良いので 遠くでシラコダイが数匹群れになっていると チョット期待させられるのですが ビック生物の姿はこのシーズン 個人的には未だ確認できずに終わってしまうかなぁ といった様子です。海はつながっているので いつ現れても不思議ではないので まだまだ中層は見逃すわけにはいきませんが・・・。それと水が良いと自然とモチベーションが上がるようで、今日はマクロ ワイド含め 知らず知らずに100カット写真を撮ってました。いつもこんな感じだと 充実感いっぱいで2倍 3倍にも太っちゃいそうですが・・・、いやぁ〜冬の海って とっても面白いっスよ〜(笑)。
明日の天気ですが 今日の予報が外れたのが 明日にずれ込むようで 明日は午前中曇り 午後弱い雨とのことです。風は午前は微風程度 午後西風とでています。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。

高さ3mほどのクリスマスツリーが湾内に設置されました。場所は はごろもMSの前、水深10mの場所、この水深ですと初心者の方にも楽しんでいただけると思います。また 16、17、20、23、24日のナイトでは ケミカルライト等によるライトアップも行われますので 皆さん ぜひ遊びにお越しくださ〜い!





この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく



06/12/20: フォト00127


105mmマクロ 1/60 f16 YS-30x2 RVP100

同じ被写体でも 写真に写りこむ生活環境や背景によって 撮影時のモチベーションに大きな差がでるものです。現在 外海で数個体ハナタツが確認できているのですが いつも確認できるところは 背景がいまいちな感がするので ハナタツに関しては最近、「ここ一番」と思ったときに使用するフィルムカメラは登場することなく コンパクトデジカメでの「今日、こんな生物見れました」的な写真ばかりになっています。背景に関係なく 撮影時にイマジネーションがどんどん湧き出てくれば どっしりハナタツと向き合うのですが・・・、なんとなく頭打ちの状態です。
今回は 以前アップした ソフトコーラルにたたずむハナタツと 同一個体の写真、この被写体とシチュエーションに惚れ込み、3ヶ月間居なくなるまで毎週末、このシーンだけを撮りつづけた時の写真です。確かこのときは 別のエリアでは ニシキウミウシ+ウミウシカクレエビや フリソデエビのペアが出ている頃、そんなことはお構いなしに「このシーンは俺だけのもの!」という気持で撮りつづけていました。おかげで未だに ニシキウミウシ+ウミウシカクレエビ と フリソデエビは見たことがありません(笑)。
加藤 智


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風
水温15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m m
透視度10〜12m10〜12m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


富士に映える 筋状の雲

本日も朝から良く晴れ 空気透明度もよく すっきりとした富士山、また 富士周辺には筋状の雲が見られ 富士の雄大さに一層見応えを増した光景を楽しめました。風は一日を通して微風程度のため海況は穏やか、湾内 外海ともに潜水可能でした。透明度ですが 外海では昨日ぐらいから浅場の抜けが いまいちな感じですが ゴロタ下ぐらいまで潜ると次第に透明度がよくなっていく状態、平均すると10m前後の視界といった様子、水温は15度と変化はあまりないです。
今日は ソフトコーラルのポリプが久々に元気が良かったので、気持ちよくダイビングが楽しめました。色鮮やかなサンゴ達と青い海中に包まれた世界を気ままに泳いでいると 水温が低くなったとはいえ 個人的にとっても癒されます。また外海で見かけられる テングダイ、移動範囲が広くなり まとまって見られることが少なくなりました。今日も4個体確認できたのですが 2対2に分かれ 一塊になってくれることはありませんでした。また、岩陰に隠れてしまうことが多く、ワイドで広々とした絵が撮り辛くなってます。岩陰に入ってしまったら ワイドレンズから マクロレンズに持ち換え、顔のアップや一部分をクローズアップさせる撮り方のほうが賢明かなぁ?と感じるときもあります。いつまで居つづけてくれるか分かりませんが、この海では比較的珍しい被写体、できる限り多くの時間を費やしてテングダイと向き合っていきたいなぁ・・・と思っている今日 この頃です。
明日の天気ですが 明日は天気が悪くなるようで 午前中までは曇り 午後弱い雨との予報、風は終日 微風程度とのことですので 海況は落ち着いた状態が期待できそうです。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。

高さ3mほどのクリスマスツリーが湾内に設置されました。場所は はごろもMSの前、水深10mの場所、この水深ですと初心者の方にも楽しんでいただけると思います。また 16、17、20、23、24日のナイトでは ケミカルライト等によるライトアップも行われますので 皆さん ぜひ遊びにお越しくださ〜い!





この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風
水温15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m m
透視度10〜12m10〜12m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


風邪に ご注意!

本日は 朝から良く晴れ 空気透明度もよく 富士山がスッキリ見えるくらい いい陽気でした。風は一日を通して微風程度のため海況は穏やか、湾内 外海ともに潜水可能でした。透明度ですが 今日もぐった外海では 気持、透明度が落ちた様子ですが 太陽がでていたため海中は明るく 10mぐらいの透明度があるように感じました。水温は今日は 16度、いつもより1度上がってました。この時季の1度の差は大きいもので 潜っていて寒さによるストレスが多少ともすくなくなることは とってもいいことです。また 外海では時間帯により流れが生じていたようで 注意が必要のようでした。
冬場に入って各エリア、ウミウシたちが増えてきています。ウミウシ好きにはたまらない季節の到来ですが ガイドするお客さんの中には「ウミウシには あまり興味が無いので・・・、他の生物を見せてください!」とのリクエストを時折頂きます。 ということで ウミウシばかりに夢中になって 他の生物探しがおろそかになってしまっては いか〜ん! と色々探してみたのですが・・・、今日は ピカチュー ニシキウミウシ シロウミウシ サラサウミウシ セスジミノウミウシ・・・などの生物が確認できました(笑)。特に個人的に好きな セスジミノウミウシ、各所で数多く確認できる個体ですが その容姿はものすごくフォトジェニック、図鑑に出てくるような横位置写真も悪くはないですが 正面顔や 背景が黒落としできた時の艶のある姿には いつも魅了されっぱなしです。
明日の天気ですが 明日も今日に引き続き天気は良さそうです。風も終日 微風程度との予報ですので 海況も穏やかになると思います。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。

高さ3mほどのクリスマスツリーが湾内に設置されました。場所は はごろもMSの前、水深10mの場所、この水深ですと初心者の方にも楽しんでいただけると思います。また 16、17、20、23、24日のナイトでは ケミカルライト等によるライトアップも行われますので 皆さん ぜひ遊びにお越しくださ〜い!





この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き西西西
水温15〜16度15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m10〜12m
透視度10〜12m12〜15m12〜15m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
ピカチューキンギョハナダイ


一日中西風 外海荒れ模様 

本日は 朝から午前中までは雲が広がり 時折ポツポツと雨が降る空模様だったのですが 午後になって予報通り雲が無くなりだし 青空が広がりました。風は一日中強い西風のため 湾内の水面では風による水しぶきが上がるほど、外海は朝方 オスパー裏が潜れましたが次第にウネリだし 外海はクローズとなりました。湾内 先端は潜れていますが 水面移動の際に流されてしまうこともあるので 注意が必要でした。透明度ですが ここ最近視界良好は続いており 今日も澄んだ海中、湾内でも10〜12mぐらいの視界があり 青い海中景観でした。水温は今日も15度と、こちらも変動ありません。余談ですが 今年は伊豆半島周辺で ヤリイカがよく釣れているようですので 年明けぐらいにヤリイカの産卵行動が見られるかも・・・といった感じです。大挙して押し寄せるヤリイカを見てみたいものです!。
本日も 早朝湾内チェック、タカクラタツ イザリウオ ミジンベニハゼ ウミテング ミズタマウミウシなどが確認できました。また 冬場の定番のマトウダイがかなり増えたなぁ といった感じ、気が付くと ダイバーの直ぐ横にくっついて泳いでいたり 小魚の群れの横で じっと「ハンターチャンス!」を伺っている姿を見受けるようになりました。
明日の天気ですが 明日は一日を通して晴れるようです。風は今日吹きつづけている西風は明日の朝まで続くかも といった予報が出ています。外海は微妙な感じです。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。

高さ3mほどのクリスマスツリーが湾内に設置されました。場所は はごろもMSの前、水深10mの場所、この水深ですと初心者の方にも楽しんでいただけると思います。また 16、17、20、23、24日のナイトでは ケミカルライト等によるライトアップも行われますので 皆さん ぜひ遊びにお越しくださ〜い!




この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく



06/12/17: フォト00126


105mmマクロ 1/60 f16 YS-30x2 RVP100

ムチカラマツでみられる イボイソバナガニ、いつも発見するときは ムチカラマツ一本に一個体しか見られることがないので、「イボイソバナガニって どうやって繁殖しているんだろう?」と、たまに ふと疑問に思うことがあります。いまだ交尾をしているシーンを見たことが無いし ムチカラマツから離れて別の場所で逢引?しているということも聞かないし、甲殻類が放精、放卵をするはずもないし・・・、やはり何時の日か この眼で見てみないことには この疑問は解決しないようです。
今回の写真は 湾内のムチカラマツ林で見られた光景、ムチカラマツ数本が絡み合う場所で この2個体は確認されました。「念願の繁殖シーンが撮れるかも!」と タンク1本まるまる使って観察したのですが アップした写真の状態から全く動かずエアー切れ、タンクを交換し再度挑戦しましたが 今度は繁殖行動どころか ワンフレームにおさまらないぐらい お互いが離れてしまって撃沈でした。 
加藤 智
 


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き西西西
水温15〜16度15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m10〜12m
透視度10〜12m12〜15m12〜15m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
イザリウオ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
マンボウ(12/10)キンギョハナダイ


今年も 残すところ あと半月

本日は 朝から午前中にかけては 青空が広がっていたのですが 午後になると雲が出始め時間が経過するにつれ 空一面が曇り空となってしまいました。風は午前中 微風程度だったのですが 午後になると西風が吹き始め 時折強く吹く時間帯もありました。そのため 外海は午前中までは潜水可能だったですが 午後になり西風の影響でウネリが出始め 潜水注意、エリアによっては潜水禁止という箇所もありました。湾内 先端は問題なく潜れています。透明度は全エリア状態がいいようで12〜15mくらいの視界があり、太陽が出ているときでは 海中がとっても明るく青く感じられました。水温は湾内で15度 外海で16度と1度の差がありました。この時季 1度違うと体感ではかなりの違いに感じられるようです。 
今日も土曜日ということで 早朝湾内チェック、湾内では タカクラタツ ウミテング ネジリンボウ ミジンベニハゼが確認できました。また写真左にアップしたイザリウオのチビちゃん 最初に発見されてから ようやく確認、第一発見者が水中カメラマンのTJさんで 体長1.5cmほどの個体、体がモシャモシャしていて鰭が大きく 噂どおりの愛らしい幼魚でした。外海では イロイザリウオのチビチャン ベニイザリウオ ハナタツ ピカチュー サガミリュウグウウミウシ テングダイ等がみられたようです。また 先日 外海でオオモンイザリウオの幼魚が確認されたとの事で こちらも当店常連さんたちに人気が集まっていたようでした。その他 中層ではイワシの群れが 時折頭上を通り過ぎることもあり 寒さに負けず マクロ ワイドともに海中は賑わいをみせていました。
明日の天気ですが 明日は早朝まで雨が降るようですが 以降は次第に回復するみたいです。風は一日を通して西風の予報で 午後には強く吹く予報がでています。外海は 西風次第ですので注意してください。
加藤 智
 
追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。

高さ3mほどのクリスマスツリーが湾内に設置されました。場所は はごろもMSの前、水深10mの場所、この水深ですと初心者の方にも楽しんでいただけると思います。また 16、17、20、23、24日のナイトでは ケミカルライト等によるライトアップも行われますので 皆さん ぜひ遊びにお越しくださ〜い!




この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風
水温15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m m
透視度10〜12m12〜15m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
マンボウ(12/3)キンギョハナダイ


イザリ 可愛い!

本日は 早朝 雨が降る空模様だったのですが 次第に天気は回復し 午後には青空が見られるくらいに回復しました。風は一日を通して 微風程度のため今日も湾内 外海共に穏やかな海況でした。また 外海でも時間帯により 珍しく水面が滑らかな状態になるときもあるくらいで ダイバーの居場所がわかる程 落ち着いた海況でした。透明度ですが 湾内 外海ともに12〜15mぐらいの視界があるようで 海中に陽射しが射し込むととっても明るく 青々とした海中景観が楽しめています。水温は今日も 湾内 外海共に15〜16度、水温はここ最近 変動はありません。
ダイブエリアの各所で 近頃ウミウシの仲間が多くなり 普段よりあまり動き回らず じっくり生物を探すようになると、外海では ゴロタ周辺で ベニイザリウオを良く目にするようになってきました。ウミウシがエサとする 岩陰に着生するコケムシを丹念に探していると ウミウシとは別に 思わぬ生物に対面したりするときもありますので 寒くなった今日この頃は 水中ライト片手にジックリ潜ってみると とっても面白いです。その他 今日は ピカチュー サガミリュウグウウミウシ ハナタツ イロイザリウオのチビちゃんといった外海の定番人気生物たちは 健在でした。また 湾内では タカクラタツ ウミテング ミジンベニハゼなどが 確認できているみたいです。 
明日の天気ですが 明日は久々に日中晴れてくれそうです。風は午前中 微風程度 午後西風のようです。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。

高さ3mほどのクリスマスツリーが湾内に設置されました。場所は はごろもMSの前、水深10mの場所、この水深ですと初心者の方にも楽しんでいただけると思います。また 16、17、20、23、24日のナイトでは ケミカルライト等によるライトアップも行われますので 皆さん ぜひ遊びにお越しくださ〜い!


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風
水温15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m m
透視度10〜12m12〜15m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
マンボウ(12/3)キンギョハナダイ



湾内に クリスマスツリーを入れました

本日は 朝から曇り空、太陽が出ることが無く 一日中鈍よりとした空模様でした。風は終日 微風程度のため 今日も海況は穏やかです。透明度は湾内で10〜12m 外海で12〜15mの視界が有り 太陽が出ていなくても青い海中でした。水温は今日も15度と変化はありません。
今日は 早朝より クリスマスツリーを湾内に備え付ける作業、高さ3mほどのツリーが設置されました。場所は はごろもMSの前、水深10mの場所、この水深ですと初心者の方にも楽しんでいただけると思います。また 16、17、20、23、24日のナイトでは ケミカルライト等によるライトアップも行われますので 興味のある方は ぜひ遊びに来てみてください。
生物の状況ですが 湾内では タカクラタツ、ウミテング、ミジンベニハゼ達が観察されています。透明度が良いため 遠くからでも生物たちを確認できますので 寒さ対策バッチリの方にとっては いまの海中は とっても潜りやすい状況といっていいと思います。外海では イロイザリウオの幼魚、ハナタツ ベニイザリウオ テングダイといった常連さんたちが元気でした。
明日の天気ですが  明日は朝方多少天気が悪いようですが 朝以降は天気が回復してくるようです。風は 一日を通して微風程度のようですので 海況が悪くなることはなさそうです。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風
水温15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m m
透視度10〜12m12〜15m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
サガミリュウグウウミウシゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
タカクラタツ
マンボウ(12/10)キンギョハナダイ


午前 晴れ 午後 雨

本日は 朝から午前中間では雲も多くなく 青空が広がり晴れていたのですが 午後になって次第に雲が広がり 瞬く間に雨となってしまいました。風ですが 午前中までは微風程度 午後西風と予報通り、ですが一日を通してそれほど強い風ではなかったので 海況は穏やかです。透明度ですが 外海では12〜15m程の視界、午前中は青空だったので 海中も明るかったです。水温は今日も15度、この15度って生物生息水温としては いまいち中途半端、ヤリイカの産卵やキアンコウが見られ始める水温が14度以下といわれているので この水温が続くなら いっそのことグッと下がって欲しいなぁと あくまでも個人的ですが思っています。
今日は 門下にエントリー、というのも 今回はイタル君に教えてもらった「カイメンを背負ったヤドカリ」をデジカメではなく フィルムカメラでワイドとマクロの両方を使って 居なくなってしまう前に しっかり写真に撮っておこう というが目的。ワイドに関しては まだまだヤドカリメインで 色々バラエティーに富んだ写真を撮っていこうと思っております。その他 これもイタル君に教えてもらった サガミリュウグウウミウシ 定番となったイロイザリウオのチビチャン ベニイザリウオ ハナタツ等が観察できました。
明日の天気ですが 明日は日中曇りの予報、太陽が出ないため 肌寒くなるみたいです。風は一日を通して微風程度の予報ですが 午後に西風が多少強く吹く時間帯があるかもしれません。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく



06/12/13: フォト00125


60mmマクロ 1/60 f22 YS-50 プロビア100F

今回は 比較的浅い水深でも見られる メガネウオの写真をアップしてみました。この魚 今流行りの「チョイ悪オヤジ」ならぬ「マジ悪オヤジ」顔の魚で なかなか凄みのある表情が撮影できる被写体としても人気の生物です。撮影時は 徹底的に悪顔に表現してみようと思い、ストロボ1灯をカメラステーから外して手持ちに換え チョット砂の中にストロボを埋めこむくらい 低い位置から発光させてみました。ストロボをTTL設定にして露出を浅くしてしまうと 光があたった側の顔の部分の光が強すぎて飛んでしまうことがあるため 絞りをf22にし、マニュアル発光で撮影しています。ライティングに凝った写真を撮影するときは ストロボをマニュアル発光させることがあるため 使用するストロボのマニュアル発光時のデータ もしくはTTL撮影時のTTLが効くか効かないかの境目の露出のデータを知っておく事が 撮影するにあたっては必要だと思います。
加藤 智


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風
水温15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m m
透視度10〜12m10〜12m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ハナタツウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
カミソリウオゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
イザリウオ
マンボウ(12/10)キンギョハナダイ


2個体・・・

本日は 早朝より雨が降ったり止んだりといった ぐずついた空模様、気温も低く肌寒い一日でした。風は一日を通して東風もしくは微風程度のため 海況は穏やかで 湾内 外海ともに潜水可能でした。透明度ですが 今日潜った外海では10〜12mといった状況、太陽が出ていればもう少し見えているといっていい感じです。太陽が出ていないため 深場では薄暗く、水中ライトが必須アイテムといった様子でした。水温は15〜16度で安定しているようですが 陽射しがないので 海から上がってからが 非常に寒く感じられました。
(当店常連のコアなワイドファンの方へ)、今日早朝に 柵下に潜ってきたのですが チョット深場で見られているテングダイ 今日は水深18m、以前より幾分エントリー口よりに4匹居ました!。2枚ウチワの上辺り といえば判ると思います。この水深ですと 前に比べてジックリ時間をかけて観察 撮影できますね〜。やはり ホンソメワケベラが居るところでたたずんでおり ホンソメワケベラが移動すると 4個体とも ベラについていく といった行動も確認できました。なかなか寄れず非常に手ごわいテングダイですが 撮影するなら 水深が多少浅くなった今がチャンス!って感じでした。その他、外海でみられている ハナタツですが、常連さんの目撃情報ですと4個体が確認できているらしいのですが 2日連続で探しているものの どうしても2個体しか確認できず・・・、まだまだ修行が足りていないようです(涙)。
明日の天気ですが 明日は日中雲がでるものの 晴れの予報 夕方から夜にかけて下り坂のようです。風は午前中 東風 午後に西風との予報です。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。






コメント

k さんのコメント

ハナタツ
やっと、見つけたね

コアなワイドファンより
06/12/12 08:18:38 PM

ダイバーズ イン フジミ さんのコメント

Kさんへ
長い道のりでした(笑)。また何か見つけたら
よろしくお願い致します。 
自分も コアなワイドファンです。 加藤 智
06/12/13 11:19:45 AM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風微風
水温15〜16度15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m10〜12m
透視度12〜15m12〜15m12〜15m
見られる生物ミジンベニハゼ
ニシキフウライウオウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
カミソリウオゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
イザリウオ
マンボウ(12/3)キンギョハナダイ


ウミウシの季節

本日は 朝方雲が広がり 時折雨が降る空模様だったのですが 午後近くになると青空が見え始め 太陽も顔を出してくれました。風は一日を通して微風程度のため 海況は穏やか、全エリア潜水可能でした。透明度ですが 今日も湾内で12m程度 外海 先端では15mぐらいの視界があり、午後になって太陽も顔を出してくれたため 海中はとっても青く明るく感じられています。水温は全エリアで15〜16度でしたが 透明度がよく青い海中のため 寒さを忘れさせてくれるくらい 澄んだ世界を楽しめています。
生物的には 水温が下がり始めてからというもの ウミウシの仲間たちが顔を出し始めてくれるようになってきています。ウミウシ好きには たまらない季節の到来です。湾内 外海ともにゴロタ周辺や 岩などを丹念に探していくと 色々なウミウシ達に出会えるようになりましたが 動き回らないダイビングになるため 海中での寒さ対策をしっかりして潜ってください。その他 湾内では タカクラタツ ウミテング ミジンベニハゼ ネジリンボウなどに人気が集中していたようで 外海では テングダイ イロイザリウオ ハナタツが確認できたようです。また マンボウですが ここ数日、桟橋周辺で確認情報があります。小さい個体で あまり寄れないようですが 透明度がいいため 遠目で見ても「マンボウ」と判るそうです。いつまで居てくれるか判りませんが このシーズン、一度は出会いたいものです。マンボウに会って 2006年を締めくくりたいなぁ・・・。
明日の天気ですが 明日は一日を通して良く晴れてくれそうです。風は終日 微風程度のようですので穏やかな海況になると思います。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。




コメント

チャーミー1号 さんのコメント

ミチヨウミウシ、サガミリュウグウ、ウルトラマンは確認できず。ハナタツ4、チビイザリは確認して下さい。
東名は渋滞(事故)で箱根ー1国で帰りました。
06/12/11 10:34:05 AM

ダイバーズ イン フジミ さんのコメント

チャーミー1号さんへ
2日連続ハナタツポイントに行って探しましたが
2個体のみしか確認できずです・・・(涙)。
チビイザリは未だロスト中です・・・(涙)。加藤
06/12/12 02:09:30 PM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく



06/12/10: フォト00124


17-35mm 1/60 f22 自然光 プロビア100F

個人的に 潜っていて クラゲの仲間を多く見かけるときは 自然と気持が高ぶります。クラゲそのものも好きですが クラゲに混じって現れる深海性の魚や甲殻類、またクラゲの触手を隠れ家にする魚達や クラゲを食べるマンボウなど、クラゲたちが色々な生物を連れてきてくれる時もあり、そういった意味でも興味の尽きない被写体です。
今回の写真は おそらく海中で一番多く見られる カブトクラゲの写真、ストロボを使用せずに太陽と重ね合わせることで クラゲの透明感を表現してみました。またレンズの絞りをf22に設定し、その絞りの数値に見合ったシャッタースピードを選択しています。
加藤 智


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風微風
水温15〜16度15〜16度15〜16度
透明度10〜12m10〜12m10〜12m
透視度12〜15m12〜15m12〜15m
見られる生物ミジンベニハゼ
ニシキフウライウオウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
カミソリウオゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
イザリウオ
マンボウ(12/3)キンギョハナダイ


一日中 雨っす。

本日は 朝のうちはポツリポツリ程度だったのですが 次第に雨足が強くなり 一番降ったときは数秒外に居るとびっしょり濡れてしまう といった状況のときもありました。そのため外はとても寒く 水から上がって直ぐにスーツを脱がないと 風邪を引きそうなくらい冷えました。透明度ですが 一週間ぶりに潜った湾内 とっても抜けが良く 12mぐらいの視界がありましたが 太陽が出ていればもう少し海中が明るく 視界も開けるのになぁ といった様子です。外海 先端も透明度が良く 暗いながらも青い世界が楽しめています。小さい生物を探すのには水中ライトがないと辛いですが。水温は・・・今日は15〜16度、日に日に陸上が寒くなってきており それに伴ない水中も冬本番 といった水温になってきました。
今日は 久々の湾内ということで 新たなネタ探し というよりも生存確認に重点をおいて潜ってきました。当店前に居る タカクラタツ、一週間、殆ど動いていないようで 今居る場所が気に入った様子です。このタカクラタツ、いつもデジカメ撮影ではストロボを使用しているのですが ストロボを使ってしまうと 背景がごちゃごちゃして うるさい感じになるので 今日はターゲットライトのみで撮影してみました。そうすることで背景が黒くおち タカクラタツを浮かび上がらせるように配慮しています。最近では居て当たり前になってきている タカクラ君、撮影にひと工夫加えると 新たな発見が出来たり 一風変わった写真が撮れたりしますので 興味のある方はチャレンジしてみてくださ〜い。この面白さを知ってしまうと 普通種撮影も とっても楽しくなること間違いなしです!。その他 湾内では ミジンベニハゼ ウミテング ネジリンボウ等が観察できました。
明日の天気ですが 今日降り続いている雨は夜には終息に向かう様子、明日は雲が多少残るものの 晴れの時間帯もありそうです。風は今日同様 微風程度か東風のようですので 海況は落ち着いた状況になる見込みです。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。




この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き東風東風 
水温17度16〜17度 度
透明度8〜10m10〜12m m
透視度8〜10m10〜12m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ニシキフウライウオウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
カミソリウオゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ヒレナガネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
イザリウオ
マンボウ(12/3)キンギョハナダイ


門下 沖出しの根の横に ウミガメ出現!(していたそうです)

本日は 朝のうちパラパラと雨模様でしたが それ以降は雨は止み 何とか降らずにもってくれています。風は終日 東風のため外海は穏やかな状態 湾内は多少 白波が立つ時間帯も有りましたが 外海ともに潜りやすい海況といえます。透明度ですが 一日を通して太陽が出ていないため 全体的に海中は薄暗い感じ、水中ライトが必須アイテム、浅場がらゴロタ下まで 外海では10m程度の視界がありました。水温は16度で ここのところ落ち着いちゃってます。黒潮情報を見ても なんだか伊豆半島から遠ざかってしまった感じ、水温上昇はあまり期待できそうにないです。水温が低下するのであれば 低い水温のときにしか現れない生物たちの出現を期待した方がいいのかなぁ?。
今日は 早朝にウミガメが出現、ヤッター!といいたいところですが 情報のみ・・・。はまゆうMSのイタル君がゲットしたそうです。場所は門下 沖出しの根の横、遠めで見て 大きな岩がこんなところにあったっけ?って思ったらウミガメだったそうです(今日のビックヒットは 門下かぁ〜・・・ ハズシタ〜・・・)。今日も柵下に潜るも テングダイには寄せてもらえず・・・、ニシキフウライウオも居なかったし・・・、先日まで居てくれたベニイザリも今日は・・・、今日の文章、「・・・」が多いのは気のせいでしょうか・・・(涙)。今年はウミガメ情報が多いですね〜、湾内でも確認されているし 外海でも時折顔を出してくれているみたい、個人的にまだ大瀬で見たことない生物、大瀬では「マンボウ」よりも希少価値が高いのでは?
明日の天気ですが 明日も一日 ぐずついた天気の予報です。風は一日を通して東風 もしくは微風程度の予報ですので 海況のほうは今日同様 穏やかになると思います。
加藤 智 

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き西西 
水温17度16〜17度 度
透明度8〜10m10〜12m m
透視度8〜10m10〜12m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ニシキフウライウオウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
カミソリウオゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ヒレナガネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
イザリウオ
マンボウ(12/3)キンギョハナダイ


一日 曇り空 午後西風

本日は 朝から上空が雲に覆われ 陽射しが殆どなく薄暗い一日です。風は午前中までは微風程度だったものの 午後になって急に西風が吹き始め とっても肌寒く、しっかり防寒していないと風邪を引きそうなくらい冷えました。海況ですが 午前中までは外海では風浪やウネリがあまりなく 落ち着いていたのですが 午後になって西風の影響から風浪が目立ち始めています。湾内は特に問題なく潜れているのですが 午後では水面移動の時に多少 流されるといった状況もありました。透明度ですが 昨日に比べると少し透明度がアップした感じ 10〜12mの視界がある状況、水温は16度と季節来遊漁たちにとっては 生きていくのにかなり厳しい水温といえるでしょう。
今日も 外海の柵下に潜ってきたのですが 柵下で見られている ニシキフウライウオ、ここのところ見に行ってもロストしていたので いよいよ居なくなったかな?と案じていたのですが 今日はいつもの場所でユラユラとたたずんでいました。日によっては 外海ではサーモクラインが現れ 骨身にしみる水温の時もありますが これからも何とか頑張って生き続けてほしいものです。それと 外海に潜ると ここ数日100%の確率で遭遇するのがイワシ。「群れ」というより 水面が雲のごとく黒く覆われるほどの数が見れています。先端 湾内にもこの群れが回っているようで カンパチ イナダといった回遊魚が群れに突っ込む光景もよく見られています。また 今日は水面から鵜の仲間「カワウ」が海中に潜って群れに突入しているシーンも目撃できました(一瞬の出来事で 撮影のほうは・・・×)。
明日の天気ですが 明日は一日を通して雨が降ったり止んだりと ぐずついた空模様になるみたいです。風はあまり強く吹くことはないようですので 海況のほうは問題なさそうです。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく



06/12/06: フォト00123


60mmマクロ 1/60 f16 YS-50+YS-30 RVP100

ファインダーで見た瞬間 「あっ 高木ブー だ!」ということで・・・。

加藤 智


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風 
水温17度16〜17度 度
透明度8〜10m8〜10m m
透視度8〜10m8〜10m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ニシキフウライウオウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
カミソリウオゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ヒレナガネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
イザリウオ
マンボウ(12/3)キンギョハナダイ


水陸ともに 穏やかです

本日は 一日を通して雲があまりみられず 青空が広がる陽気、スッキリとした空気透明度でないのが良かったのか 薄っすら霞みがかった富士山も なかなか見応えがありました。風は終日 微風程度のため 海況は穏やか 湾内 外海ともにベタナギでした。湾内では 時間帯により鏡のような水面になるときもあるほど、ダイバーが何処に潜っているか一目瞭然 といった感じの水面でした。透明度ですが 昨日の休みに潜ったときも感じたのですが 多少濁りが入った様子、10mを切る視界でした。昨日はサーモクラインがあり その下では20mぐらいの透明度があったのですが 今日はサーモクラインはなく視界は一定でした。水温は16〜17度、ここのところ 17度で安定していたのですが 先週末ぐらいから外海でサーモクラインが発生しているせいか 少しずつですが水温が下がってきたように感じられます。
昨日 今日と外海で 狙うは「マンボウ」なのですが・・・、まぁ 潜るたびに見れてしまうと 価値観が薄れてしまうので・・・、気長に探します(悲)。それとイロイザリウオのチビちゃん(写真左)、日に日に大きくなっているような感じを受けます。小さくても立派にハンティングしてるんでしょうね!。それと 4個体のテングダイですが ここ最近 細心の注意をして接近を試みるも なかなか寄せさせてくれず苦労させられてます。このテングダイ、いつも同じ場所(岩の上)で見られるのですが どうやらそこには ホンソメワケベラが数個体おり ダイバーを嫌がって散り散りになっても ゆっくりその場所に戻っていくみたいです。ですので むやみに追いかけず 最初に見た場所の周辺のホンソメワケベラの居る周辺で待機していると 次第にテングダイから近づいてくれることもあるので 写真撮影はそのときがチャンスのようです。といっても ちょっと深いので時間が掛かりすぎるとdecoが出てしまい なかなか難しいですが・・・。
明日の天気ですが 明日までは晴れの予報ですが 明後日から下り坂みたいで 週末は雨との予報です。風は午前中は東風 午後に西風とのことですが それほど強く吹くことはなさそうですので 荒れた海況にはならないと思います。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。




この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風 
水温17度17度 度
透明度8〜10m10〜12m m
透視度10〜12m12〜15m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ニシキフウライウオウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
カミソリウオゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ヒレナガネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
イザリウオ
マンボウ(12/3)キンギョハナダイ


桟橋周辺に ガイドロープを張りました。

本日は 朝から良く晴れ 清々しい陽気に包まれた一日でした。風も強く吹くことはなく 微風程度のため 外に居ても快適で穏やかな月曜日となりました。海況は風が吹いていないため 湾内 外海ともに穏やかで、EN、EXしやすい状況です。透明度ですが 湾内で10m程度の視界がありましたが エリアによっては多少の濁りを感じる場所もあるといった海中です。水温は17度と ここのところ湾内に関しては大きな変動はありません。
今日は 早朝より潜水作業、浮き桟橋とマンボウ店前桟橋周辺にガイドロープを張ってきました。このガイドロープは桟橋周辺で船の離着岸があるため、その周囲に立ち入らないようにロープを張り ダイバーに注意をしてもらうためのものです。一日作業の予定でしたが 各店スタッフの皆さんと要領よく仕事が出来たため 何とか午前中で作業が終了、このブログを書いた後 カメラを持ってぶらっと外海を散策してきま〜す。
明日の天気ですが 明日も一日を通して天気が良いみたいです。風も予報では終日 微風程度のようで 海況も穏やかな状況が期待できそうです。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。




コメント

トクヤマ姉妹 さんのコメント

ロープ張り596様デス*我が家にはPCたるハイテク機器が無い為職場ヨリ内密にコメントしてマス(^O^;)チャーミーちゃん元気に地底ヲ這ってますか?彼女(♀!?)が余りに魅力的だったからついカメラをハッチアウトさせちゃいました>>>マンボウ見たぁい━━━━(゚∀゚)━━━━!!
06/12/05 08:43:25 PM

ダイバーズ イン フジミ さんのコメント

トクヤマ姉妹さんへ
え〜 PCないんですか〜 って実は自分も家にネット接続してあるPCないんですよ!。写真の整理用にノート型が一台ありますが・・・、ネットは全て店のPCでまかなってます(笑)。チャーミーチャンですが 最近見かけなくなりました。移動範囲が広くなったようで 出会えてないんですヨ。でも 今ですと 外海のイロイザリウオが一番可愛いかなぁ?。体長5mmちょいでクリクリ目玉 そのキュートな姿に、最初見たとき 
06/12/06 01:16:08 PM

ダイバーズ イン フジミ さんのコメント

(すみません 続きです。)
思わず顔を歪めちゃって マスクの中に水がガバット入っちゃいました(笑)。マンボウですが ここ毎日 朝一探しにいってるのですが・・・撃沈続きです。あっ そうそう先日トクヤマ姉妹さんがカメラロストした場所で マンボウが出ていたそうです。マンボウってほんと運次第です〜。加藤 智
06/12/06 01:23:45 PM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風微風
水温17度17度17度
透明度10〜12m10〜12m10〜12m
透視度10〜12m12〜15m10〜12m
見られる生物ミジンベニハゼ
ニシキフウライウオウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
カミソリウオゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ヒレナガネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
イザリウオ
マンボウ(12/3)キンギョハナダイ


マンボウ でました!

本日は 早朝より青空が広がり 澄み切った空模様、富士山の中腹には多少雲が覆っていたものの 山頂は顔を見せていてくれて なかなか見応えのある姿でした。風ですが昨日強く吹きつづけた西風は本日はストップしたようで 終日微風程度しか吹くことはなかったのですが 外海では昨日の風の影響が残り 早朝では柵下 玉前に時折大きなウネリが見られ潜水注意、午後近くから外海の全エリアでウネリはとれ 湾内 外海 先端の全てのエリアが潜水可能でした。透明度ですが 全てのエリアで10m以上の視界がある状態、外海では場所によりサーモクラインが見られ 15m以上の視界があったそうです。水温ですが 湾内では17度だったのですが 外海ではサーモクライン下で15度台をコンピューターが示しているときもあったようで ドライスーツでもインナーをしっかり着込んでないと とっても冷たく感じられています。
生物情報ですが 朝9時頃 外海に潜ったお客さんが マンボウ2枚に遭遇出来たようです。体長は50cmを少し超えるくらいの小振りの個体、非常に神経質であまり近寄れない様子だったようです。昨日 外海がクローズで人が入らなかったので 朝方にエリアに来てくれたのかなぁ といった感じでしょうか?。今秋はまだ マンボウ探しをするも遭遇できていないので 近くに来てくれているこの時季に対面してみたいものです。その他 外海ではテングダイに人気が集中していたようで 今日も4個体 いつもと同じ場所で見れていました。湾内では ミジンベニハゼ ネジリンボウ ウミテング タカクラタツが見れていて どのエリアも生物ウオッチング、とってもおもしろく 楽しめています。
明日の天気ですが 明日も一日 雲が少ない晴れの予報です。風も一日を通して微風程度のようですので 落ち着いた海況が期待できそうです。
加藤 智 

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。



コメント

S5本 さんのコメント

マンボウでましたか。
06/12/03 12:25:46 PM

ダイバーズ イン フジミ さんのコメント

S5本さんへ
朝、外海の門下〜一本松エリア沖で マンボウ出現です。チョット深いようで 注意が必要ですが やはり見てみたいものですネ。今秋は 今日見られたエリアと 湾内桟橋前で数回 目撃情報があります。加藤 智
06/12/03 03:56:30 PM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく



06/12/03: フォト00122


16mm 1/15 f8 YS-200+SB-105 RVP

久々に ワイドで青い写真をアップしてみました。この写真ですが 10年ほど前、以前お客だったときに 初めて「大瀬カレンダーフォトコンテスト」に入選したときのもの。柵下で撮影したのですが ダイバーの横にいつもついてくる フレンドリーなミノカサゴが ひとまとまりになったときを狙ってフレーミングしてみました。このときは かなり流れていたため ミノカサゴや背景のムチヤギが左に傾くぐらいで 自分も流されないように片手で岩をおさえ、片手でシャッターを切るといった状態でした。ライティングにチョット失敗した感がありますが 全体的に青く明るく表現できた写真かなぁ って感じです。
さて、2007年の「大瀬カレンダー」を当店ご利用していただいたダイバーの皆様に配布しております。数に限りがあり 無くなり次第終了となりますので 何かと忙しい12月ですが ぜひ 遊びにお越しください!。お待ちしてマ〜ス。
加藤 智


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き西西西
水温17度17度17度
透明度10〜12m10〜12m10〜12m
透視度10〜12m12〜15m10〜12m
見られる生物ミジンベニハゼ
ニシキフウライウオウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
カミソリウオゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ヒレナガネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
イザリウオ
マンボウ(11/28)キンギョハナダイ


一日 西風

本日は 早朝より青空が広がり 空気透明度もよく 富士山がスッキリ見え、晴れの一日でした。風は朝から終日 西風強風、早朝より外海は時化状態で一日中クローズでした。湾内 先端はウネリの影響はあまり受けず潜れる状態でしたが 風浪が強く、湾内では水面移動の時にかなり流されていました。透明度ですが チェックで早朝潜った湾内では 10m程度の視界があり 太陽光も射しこんで明るく青い海中、先端も10mほどの見えていました。水温は17度、この時季は早朝、水の中の方が温かく感じられるのと 今日は風が強いため 陸に上がってからがとっても冷えました。
早朝の湾内チェックでは 久々にとても綺麗とはいえない 大型のイザリウオ 当店の常連さんが「チャーミー1号」と呼んでいる個体と対面できました。今日、見られた場所は 以前確認できた場所から50mぐらい離れているところ、久しく見ていなかったので 出会えてチョット感動でした。観察していると 前と比べ かなりソワソワ状態、あとで潜った常連さんに聞いてみると やはり移動してしまったようです。チャーミー2号の方は 今日は発見できず出会えませんでした。その他 タカクラタツ ミジンベニハゼ ウミテングが確認できました。また ヒレナガネジリンボウですが 早朝から巣穴が潰れていて姿を確認できずです。外海情報ですが、荒れた海に強行で潜ったお客さん情報ですと、オスパー裏で見られていたイロイザリウオのチビちゃん、どうやら居なくなったようです。人気集中で チョットいたずらされたかな?、門下と一本松の間で見られている極小イロイザリウオは健在のようです。以前と比べて少し大きくなってきたので 多少ですが見つけやすくなってます。
明日の天気ですが 明日も天気はよく 晴れてくれるみたいです。今日吹きつづけている西風は 日付が変わる頃に止まる予報、明日は微風程度でおさまってくれる?ようです。外海の今日のウネリ どれだけ取れるか微妙です。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




湾内外海先端
風向き微風微風
水温17度17度
透明度8〜10m10〜12m m
透視度8〜10m10〜12m m
見られる生物ミジンベニハゼ
ニシキフウライウオウミシダヤドリエビ
ムチカラマツエビ
カミソリウオゼブラガニ
ウミテング
ベニイザリウオタキゲンロクダイ
ヒレナガネジリンボウ
イロイザリウオベニイザリウオ
イザリウオ
マンボウ(11/28)キンギョハナダイ


師走です

本日は 早朝から午前中までは雲が多く 肌寒かったのですが 午後になると次第に雲が無くなり 朗らかな陽気となりました。風は終日 微風程度だったのですが 外海では早朝、ウネリが見られ、柵下 玉崎が注意、といった様子でしたが 時間が経過するにつれ ウネリは無くなり 全エリア潜水可能となりました。透明度ですが 今日潜った外海では 昨日より多少、悪くなった感がありましたが それでも10m前後の透明度、海中には陽射しがあり 明るく感じられています。水温は今日も17度でしたが 朝方は冷え込むため 早朝は水の中のほうが温かく感じられました。また、外海では時間帯により流れが生じており注意が必要でした。
今日も 早朝、門下〜一本松間の水深25mぐらいで マンボウ狙いを敢行するも姿なし、15分ほど留まって歓喜が訪れるのを待っていたのですが・・・、やはり運なしでした。まだ近くにいるのかなぁ?、週末に期待することにしましょう。その他、門下で見られているカミソリウオ、今日も健在、ロンリーになって最近チョット人気薄ですが 居てくれるだけでホットします。その他、極小のイロイザリウオ、最初に見たときよりひとまわり大きくなったせいか 以前だとジックリ探さないと見つけられなかったのに、最近は眼が慣れたせいもあって 時間をかけずに発見できるようになってきました。週末、一番人気になりそうですが くれぐれもフィンキックで はるか彼方に飛ばさないように注意して観察して下さいね!。
明日の天気ですが 明日は朝から青空が広がり 秋晴れの一日になりそうです。風ですが 午前中までは微風程度 午後西風との予報、西風ですが 強く吹くこともあるようですので 外海は午後荒れだすかも?しれません。
加藤 智

追) 2007年の大瀬崎フォトコンテスト入賞者でつくられたカレンダーが出来上がり
    ました。在庫に限りがありますので お早めに遊びにお越しくださいネ。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




▲このページの先頭へ

ダイバーズ イン フジミ(オーシャンビュー・フジミ) 〒410-0244 静岡県沼津市西浦江梨993 
TEL:055-942-3052 FAX:055-942-2733