昔からの手作りの手法-在来工法なら真すみの家づくりの伊藤建築にお任せ下さい。熟練した職人がどんな事でも相談にのります。

真すみの家づくりの伊藤建築お問い合せはこちら
棟梁ブログ

過去の記事

December 2008 の記事です。


いよいよ今日で2008年も終わろうとしています。今年も皆様に支えられ無事一年が過ぎ新しい年が迎えられそうです。
振り返れば巨大イカも釣り黒鯛やスズキも大漁でおめでたいとしになりました。それから今年の夏からホームページも立ち上げこうして皆様とコミニュケーションも図ることもできるようになり色んな面で充実した一年になりました。来年も力の限りお客様の為に努力して行きたいと思います。皆様もよいお年が迎えられますように!「真すみの家づくり 伊藤建築」をよろしくお願いします。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく





昨日の五時半ころ携帯がなった。ロックのママから。電話に出たらいきなり「寛平ちゃんが今家の前を通るよ!」と興奮した口調で。私は何がなんだかさっぱりわからずとりあえず家の前の道路に出てみました。すると西の方向から変わったライトの自転車が見えてきてその後ろをウインドブレーカーの寛平ちゃんが走っているではないか!思わず興奮して「がんばってください。」と。握手を求めました。その直後私はデジカメをかばんの中に忘れていたことに気づき家に戻ることに。急いで追いかけました。必死で。走れども走れども追いつません。追いかけること150メートルふだん運動不足の私は前に進みたくても足が追いつかず心臓が口から飛び出そうでした。そしてついにあと10メートルというところまでたどり着いた時思わず力の限り「寛平ちゃーん」と叫びました。3回呼んでやっと止まってくれました。そして「写真撮ってもいいですか?」と聞くと快く「いいよ」と言ってくれました。
とにかく焦っていたのでピンボケですが。
どうして走ってるかもわからず夜ブログを見て調べたら(アースマラソン)といって二年間かけ世界を一周機械に頼らず自分の足と風の力で走るというもので今月17日に大阪を出発し千葉県の鴨川から元旦にヨットでロスに向かうそうです。全部で36000キロなのですが20000キロはマラソンで16000キロはヨットでということでした。テレビで見ている彼はお笑いですが、本当は真面目な繊細な人に見えました。59歳にしてあの引き締まった体系は本当に素晴らしい!私はこんな寛平ちゃんの挑戦を応援して行きたいと心から思いました。


コメント

伊藤竜平 さんのコメント

ぼくは、野球をやっています。もう引退したのでいかないでもいいやと思っていました。でも、寛平さんががんばっているのをテレビで見てがんばろうと思いました。がんばってください。
09/02/01 09:45:12 AM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




   
以前紹介した猫のロックのその後の生活ぶりを報告します。Y邸が完成し新しい生活がはじまって早1ヶ月がたちました。家族のみんなも大分落ち着いたようです。ロックはといえば今では昔から住んでいたようにドッシリ構えています。一日のほとんどをリビングの堀ごたつの中か二階のこたつの中で過ごしているようです。写真はダイニングの椅子におすましして、スコ座り(スコティッシュホールド独特の座り方)しています。もう一枚は二階のバルコニーで日向ぼっこです。気持ちよくお昼寝までするそうです。
ロックにとっては居心地のよいアットホームのようです。安心しました。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




08/12/10: スズキで中華


先日また息子がスズキを釣ってきた。いつもお刺身で食べることが多いので息子には悪いがちょっと飽きてしまった。そこで中華に挑戦してみることに!切り身にした魚に小麦粉をまぶし多めの油で焼き甘酢あんかけをかける事に。あんかけの具はセロリ、にんじん、たまねぎで。スズキは白身で淡白なので油を使った料理の方が美味しいようです。今度釣ってきたら洋風のソース作りに挑戦しおしゃれに食べるつもりです。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく





今回は鮭レタス炒飯を紹介します。
まずは下ごしらえから
塩鮭を大匙1杯のサラダ油でフライパンでこんがり焼き色がつくまで焼いておきます。(後で火を通すので中まで火が通っていなくても大丈夫です。)
フライパンは洗わずそのままにしておく。
ボウルにご飯をお茶碗2杯分くらい入れ、卵1個で卵がけご飯のような感じに混ぜておく。
鮭は大まかに解しておく。
レタスはちぎりボウルのなかで大匙1のサラダ油でコーティングする。

鮭を焼いたフライパンで卵をまぶしたご飯を中火でパラパラになるまでゆっくり炒めその中に解しておいた鮭を入れます。味付けは薄口醤油大匙1だけ。最後にレタスをご飯の上にのせ蓋をし火を止めて1分間待てばOK。
軽く混ぜ合わせ出来上がり!

普通の炒飯に比べ油の量が少ないのでヘルシーだよ。
鮭の塩気があるので味付けは薄口醤油だけで充分です。
レタスはサラダ油をまぶしておくことによりシャキシャキ感が残ります。

簡単で美味しいので是非作ってみてね。 


コメント

shsヒデ さんのコメント

奥様、提案ですけど、ランチのお店やってみたらどうですか?
隣が飲食店だし、条件はいいと思います。
多分、手際がいいと想像します。安いランチのお店いいかもよ。
第三者には分かるんですよ。今は副業も大事です。
08/12/09 08:26:47 PM

伊藤建築 さんのコメント

料理を作るのは大好きなのですが、仕事としてやるのは難しいですね。やはりどこかに修行に行かないとね。年末ジャンボで3億円当たったら考えようかな。
08/12/09 10:58:52 PM

shsヒデ さんのコメント

そうですね。私も年末ジャンボ挑戦しようかな。
当たったらそんなボランティア的な副業したいな。
ウチのお母さんも料理上手なんですよ。
でも人の好き嫌いが激しくてね。なかなかうまくいきませんよ。
でも年末ジャンボが当たったら、私も何か世間に役に立つ副業を考えましょう。こんな夢、どうですか?
08/12/10 05:50:27 AM

伊藤建築 さんのコメント

とりあえずどちらかが当たったら1ヶ月くらいゆっくりと海外旅行でも行きましょう!ブログには公表できないのでこっそり電話します。夢を買うのですから。
08/12/10 12:45:49 PM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく





                
先日山梨県の韮崎にリンゴ採りに行ってきました。母が毎年リンゴ農家に木を一本予約してありこの時期に収穫にいきます。今年は色着きもよく沢山採れました。朝8時半に家を出て御殿場から山中湖に。いつもは見慣れている富士山なのにあまりにも近くに見え家から見るものとはまったく違っていて思わず写真を撮ってしまいました。それから中央高速を走り、リンゴ園に着き、棟梁の出番です。脚立に登り一つ残らず取ってくれました。帰りは本栖湖経由で、そして朝霧でまた朝見た富士山とはまったく違う姿に感動。一日でいくつもの富士山を見て今さら驚きの連続でした。棟梁は「毎日見てるのに」と飽きれていました。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく


熟練の職人が創る自由設計の注文住宅