昔からの手作りの手法-在来工法なら真すみの家づくりの伊藤建築にお任せ下さい。熟練した職人がどんな事でも相談にのります。

真すみの家づくりの伊藤建築お問い合せはこちら
棟梁ブログ

過去の記事

July 2009 の記事です。



棟梁の妻は今パスタにはまっています。先日「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」で大根おろしとあさりの冷製パスタをやっていてさっそく作ることに。あさりはスーパーにはあまり大きいのがなく魚屋さんまで行き粒のよい物をかってきました。あさりをワインで蒸し大根おろしとバージンオイルで混ぜる、わりとシンプルであっさりとした夏向きのパスタに仕上がりました。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




   

先日母の実家からどっさりのトマトが届いた。これで三回目。従兄弟夫婦が市場に出したり三島の村の駅に出荷していてヒビの入った物や熟れすぎた物でそのままでも充分おいしくたべられます。でも早く使わないとだめになってしまいます。なのでトマトソースを作ることに。まずトマトを湯むきし種をとり、玉ねぎをオリーブオイルで炒めそれと一緒にコトコトと約二時間くらい煮つめます。大鍋いっぱいあったトマトが4分の1くらいになってしまいます。冷ましたら小分けして冷凍しておきます。使い道は色々ですがパスタをはじめソースにちょっと手を加えてお肉のソテーにかけたり特にお勧めはミネストローネです。にんじん、じゃがいも、たまねぎ、セロリ(お好みで)を五ミリ角に切り水から煮て軟らかくなったら固形ブイヨンとトマトソースを入れ10分くらい煮たら出来上がり!本格的なものではないけど簡単で体にもよさそうでしょ?



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




  
いよいよ棟梁が腕をふるって作ったお稲荷さんが完成し今日近所のお寺の住職にお願いして儀式を行いました。
家を守ってくれる神様なのでこれからも大事にしていこうと思います。こんなりっぱなお社でキツネさまも喜んでいると信じています。


コメント

shsヒデ さんのコメント

ほー。なかなかじゃないですか。
昔風なお稲荷さんかなと、思っていましたが。
すっきりとモダンでしかも品があるね。
いやいやお世辞じゃありませんよ。前回の写真では物足りないかなと正直思いましたが、さすがは棟梁ですね。だてに仕事してない証拠!
今風、かつどことなくそつなく決まりましたね。
09/07/24 12:44:02 AM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 
ブログに何回か登場しているY邸の猫ちゃんのロックに新しい仲間ができました。猫大好き家族のY邸ではロックと同じスコティッシュホールドの黒い子猫を飼いはじめました。名前は「テン」この名前は数字つながりだそうでロックが6、犬のクウが9、で今度はテンで10。いたずら盛りで毎日元気に遊びまわっていてロックは少々とまどいながらも仲良くしているようです。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




09/07/08: 宮大工?

                                            いよいよお稲荷さんの組み立てが始まり、もう少しで仕上がります。仕上がったら板金屋さんに屋根を銅板でつけてもらいます。
棟梁はもう宮大工になりきり!毎日ノミを持ち真剣に取り組んでいます。楽しい?と聞いたら「ウン」と答えました。それもそのはず母が言うには父の5代位前に京都で宮大工をしていた人がいたらしいとのこと。世の中偶然ってすごいですねー。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




09/07/04: お稲荷さん


我が家の庭にあるお稲荷さんは老朽がはげしく今回、今の場所から移動しなければならなく、棟梁が一腕振るうことになりました。
まずは設計から。図面は完成し今日から刻みにはいりました。この写真のお稲荷さんがどのように変わるかご期待下さい。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく


熟練の職人が創る自由設計の注文住宅