< 2011-09 >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


過去の記事

September 2011 の記事です。


皆さん、シアター・オルガンをご存知ですか?





1920年代にアメリカで生まれ、映画館等に設置されて、当時の無声映画の伴奏に利用されました。
ポピュラーミュージックや、ジャズ、タンゴを演奏できるだけでなく、壮大なクラシックも演奏できます。
一人でさまざまな音を奏でるために、効果音や打楽器など、バラエティーに富んだ音色が豊富な楽器です。
アメリカやイギリスなどでは、商業施設やレストランなどに置いてある所が多いそうで、沢山の人に愛されている楽器です。

そんなシアターオルガンの演奏を、9/25(日)に沼津で聴くことができました。
トニー・フェネロン氏によるレクチャーコンサートが、ピアノショップ沼津音楽教室ハーモニールームで開催されました。

トニー氏の経歴などは、ピアノマンブログに掲載されているので、是非ご覧下さい。


前半は、シアターオルガンの歴史や演奏についてのお話でした。
私は、実際に曲を演奏する際にどうやって音色にメリハリをつけていくか…そして、カウンターメロデイーがとても大切で曲の中で重要な役割を果たしている事を改めて知りました。
お話を聞いているうちに、シアターオルガンの音色で弾いてみたいと思った曲が何曲か頭の中で鳴り、あっという間に前半が終わってしまったような気がしました。


当日は、いつも皆さんが演奏している【AT-900C】で演奏されました。
日本人にはなじみの薄いシアターオルガンですが、ミュージック・アトリエでは、リアルなシアターオルガンのサウンドを演奏できます。
シアターオルガンの演奏に欠かせないのが打楽器や効果音ですが、こうした仕掛けもミュージック・アトリエには用意されていますので、マニュアルパーカッション等を使い、ドラムやトライアングル、タンバリンなどの打楽器や、小鳥のさえずり、車のクラクションなどの効果音もリアルタイムで演奏することができます。

トニー氏は終始笑顔で、後半もお疲れを見せることなく、トムとジェリーや、チャップリンの名作に合わせて演奏して下さいました。





当時は、スクリーンの前にオルガンが設置されていたようで、映画のシーンに合わせてオルガンが演奏されていたわけですが、オルガンの下にエレベーターのような物があり、オルガンが登場したり下がったりしていたらしいです。
画像では分かりにくいですが、左のスクリーン前にある小さな四角形がオルガンです。
↓↓↓↓





トニー氏は、気さくな方で最後に集合写真の撮影にも応じていただきました。









CDを購入したので、秋の夜長にじっくり聴いてみようと思っています♪


ピアノショップ沼津音楽教室講師会
おたよりグループ



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




9/21(水)は台風が静岡県を直撃し、物凄い暴風雨でしたね(@o@)

たまたま、今週はピアノショップ沼津音楽教室では休講週になっていますが、休校になった小中学校も多いのではないでしょうか…

夕方18時前から明け方4時まで、私が住んでいる地域は停電でした。
暗くなるにつれてとても不安で、普段家庭に通電されている当たり前の生活が有り難いことに、改めて気付きました。
電気がないと何もできないなぁ…というのが、昨夜の率直な感想です。
携帯もゲーム機も充電できず、溶けてしまうのが心配な冷凍室の食材達。
懐中電灯は、用意はしておいたものの、普段の明るさとは比べ物にならないくらい、寂しいものでした。

さて… 
前置きが長くなってしまいましたが…
今日も生徒さんを紹介します(^o^)


清水美姫子(しみず みきこ)先生の生徒さんで、下山紗椰(しもやま さや)ちゃん、小学校5年生です。

紗椰ちゃんは幼稚園の頃からレッスンに来ているそうで、とても頑張り屋さんだそうです。
学校でのピアノ伴奏もちろん、老人ホームでも演奏をしたご経験があるそうで、おじいちゃんおばあちゃんに楽しい時間を過ごして頂いたようです。
演奏曲では、特に「水戸黄門」が大好評だった様ですよ。


そんな紗椰ちゃんは、ピアノの他にお料理も得意だそうです。

「親子でつくる学校給食メニューコンクール」
8月23日、県内小中学生の親子から236点のメニューが寄せられ親子で実際にメニューを料理するコンクールで、紗椰ちゃんがお母様と考えたメニューは、「コロコロ野菜のうなたま」。
レシピはもちろん、名前もお二人で考えたそうです。


そして…

見事、優秀賞を受賞されたそうです!!!おめでとうございます(^v^)
新聞にも載ったそうで、美姫子先生もとても嬉しかったそうです。
レッスンの時に賞状を持って来て下さったのでお母様とパチリ!!!撮影させていただいたお写真を、ここに掲載させていただきますね。









お母様より…
「紗椰の方がお母さんより落ち着いてお料理していて、凄いなと思いました。ピアノも同じ様に落ち着いて演奏できる様になるといいね。ガンバレ!!!」

紗椰ちゃんより…
「緊張したけど頑張りました!ピアノコンクールの曲とお料理の練習が大変だったけど、賞を貰う事が出来て、嬉しかったです。ピアノも良い結果が出るといいな。」

美姫子先生より…
「今はピアノコンクールの審査結果(メディア審査)をドキドキしながら待っている所です。小学校も高学年になると色々と忙しいですが、その中で、早く紗椰ちゃんなりのペースを掴んで、ピアノに向かって貰えたらと思います。紗椰ちゃんは、とても深くて優しい音の出せる生徒さんなので、これからが楽しみです!頑張ろうね!!!そして、いつか、うなたま〜食べたいです!」

美姫子先生は、その他にも、紗椰ちゃんについてこのようにお話しして下さいました。
「自分の演奏で誰かを元気づけたり、感動して貰ったり…そんな素敵な経験を(老人ホームで)小さい頃から出来るなんて、素晴らしい事だと思います。お料理も今年から習いはじめたバレーボールも、ピアノを弾く上できっとプラスになると思います。色々な事を経験して、素敵な演奏をして欲しいです。」


紗椰ちゃんは、小さな頃からとても貴重な経験をされているのですね。

好きな事や得意な事で、人を喜ばせてあげられるのは、誰にでもできることではないと思います。
まさに、老人ホームのみなさんにとっては、癒しの音楽…になったのでしょう。
だんだん、学校と練習の両立が難しくなってくる年頃になってきているのでしょうが、頑張って下さい。
ピアノコンクールの結果も期待したいです !(^^)!

個人的には…
「コロコロ野菜のうなたま」  食べてみたいです。どんなメニューなんでしょうね( ^)o(^ )
今度、何かの行事で紗椰ちゃんに会ったら、是非聞いてレシピを教えてもらおうと思います☆

ピアノショップ沼津音楽教室講師会
おたよりグループ



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




先週、リトミック科「WAKU WAKU CLUB」3歳児クラスのグループレッスンを見学させて頂きました。
岩崎充子(いわざき あつこ)先生が担当されている6人のグループで、女の子4人、男の子2人のクラスでした♪
(この日は、女の子の生徒さんがお一人お休みだったみたいです)

まず、レッスン会場(沼津センター・ハーモニールーム)に入ると、、、(レッスンの途中からお邪魔しました)
「♪ソフトクリーム ドレミファソ〜…」 充子先生が歌っていました(^o^)



かわいいチビッ子達も一生懸命歌っていました。
そして、頑張って「ドレミファソ」をピアノで弾いていましたね!!!




次も歌です♪「ワンワンワン ワンワンワン 何でしょう〜?」
「ワンワンワン ワンワンワン 犬です〜♪」  みんなバッチリ!!!! 猫バージョンもありました(^o^)


さて…次は…



お散歩に出掛けたね♪



ピアノが止まったら、みんなでスウィング。上手です (^o^)



クルクルクルクル回りましょう〜



あっ!!みんな小さくなっちゃった (*o*)

そして、またお散歩。楽しかったね(^o^)





最後は「木」の絵を書いてたね。みんな上手に書けたかな?

次は、折り紙で作った「栗」を貼るカリキュラムだそうです。
貼ったらまた、見に行こうかな…





終わった後シールを見せてくれたお友達がいました!!





前列  右から、根岸遼成(ねぎし りょうせい)くん:今井瑠維(いまい るい)くん
後列  右から、中島裕愛(なかじま ゆうあ)ちゃん:田中めい(たなか めい)ちゃん
          植田倫央(うえだ りお)ちゃん:齋藤陽菜(さいとう あきな)ちゃん
一番後ろが、岩崎充子先生です。


充子先生に色々とお話をお伺いしました。

1、クラスの雰囲気はどうですか?

  「(土曜日3歳児クラスは)男の子2人、女の子5人のクラスで、元気な子もいれば、恥ずかしがり屋の子もいるけれど、レッスンの中で出来ると周りのお母様達が拍手で褒めてくれるので、とてもいい雰囲気でやっています。」


2、指導で大変なことは?

  「レッスンの中で、みんなが目を向けてくれなかったり、興味がないような感じになってしまうことがあります。それを、どうこちらに気を向けるか試行錯誤しながらレッスンしてます。汗をかきながら頑張ってます(^^;;)」


3、リトミックを教える事になったきっかけは?

  「短大卒業後、幼稚園に勤めていました。音楽教育に熱心な幼稚園で、理事長先生が声楽家であったこともあり、歌や音楽リズムも沢山取り組んでいました。発表会では、オペレッタをやったりも…。リトミックにとても興味があり、勉強を始めました。」


4、好きな音楽ジャンル、影響を受けたアーティストや作曲家はいますか?

  「クラシックが好きです。高校の頃は、モーツァルトが大好きでした。ゴダイゴも好きでしたよ。ちょっと古いかな…」


5、マイブームはありますか?
  「カーヴィーダンス!!!!あとはテレビでサッカー観戦。2人の娘(高1と高3)に負けずに日本代表の応援をしています。」


充子先生、クラスの皆さん、有難うございました。
カーヴィーダンスについて気になる方は、充子先生に会った時にどんなダンスか聞いてみてくださいね(^o^)

チビッ子達が頑張っている姿…とても可愛らしかったです。
今度はもっと小さいクラスのリトミックも見学に行ってみようと思います(^o^)


ピアノショップ沼津音楽教室講師会
おたよりグループ



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




涼しく感じる日もありましたが、日中は毎日残暑が厳しいですね(*o*;)
早く秋が訪れたらいいのに…と、毎日何度も感じます。

今日も、学校で活躍されている生徒さんを紹介しますね!!



花村千香子先生の生徒さんで、伊倉真論(いくら まさと)くん(小4)です。

真論くんも、学校で合唱のピアノ伴奏オーディションに合格されたそうで、3年生の時と(曲目:友だち)4年生になってからも(曲目:エール)2回連続で伴奏を担当されたそうです。

先日、レッスンにお邪魔しました。







とても楽しそうなレッスンでした♪
レッスンでは、ジョージ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」を練習していましたが、細かい弾き方やニュアンスまで指導されていて、真論くんは先生のアドバイスを聞き、何度も練習していました。


花村先生に、真論くんについて、どんな生徒さんか聞いてみました。

「とても練習熱心で、注意した事を一週ごとに直してちゃんと仕上げてくる生徒さん。ご家族のご協力とご理解もあり、いつも温かく励まして頂いてます。」 




レッスンの後、真論くんと沢山お話をする事ができましたので、紹介します(^o^)

☆伴奏の練習で大変だったところは…?

 「家で頑張って練習したけど、学校でみんなと練習すると、歌との速さが合わなくて大変でした。」

☆普段のピアノの演奏や練習は、どんな所が難しい…?

  「両手で合わせることが難しいです。」

☆学校ではどんな遊びが好きなのかな?

  「警ドロ!!(鬼ごっこみたいな遊び)あとは、長縄で8の字跳びをやります。」

  →→→長縄は学校で担任の先生が力を入れられているみたいです

☆マイブームや、何かハマっている物(事)はありますか?

  「昆虫が大好き!!前はカブトムシやクワガタが好きだったけど、今はカマキリが好き。あとは、サボテンや多肉植物、食虫植物なども好きです。」

  →→→真論くんはレーシングカートというのをやるそうなんですが、御殿場のレース場まで行き、実際にカートを運転されるそうで、直線では100キロくらいのスピードを出すそうです。凄いですね!!

☆将来の夢を聞かせて下さい。

   「医者になりたい。外科の先生になりたいな。」

☆花村先生はどんな先生ですか?
  
  「新しい曲になると、いつも弾いてくれて、凄くピアノが上手。レッスン中は踊ることも…(^o^)あと、(真論くんが)間違えるとお腹の横をくすぐられたりもします。」




最後に、お母様からもお話を伺いました。

   「新しい曲が弾けるようになると私自身も嬉しいし、何よりもこの先長く続けてほしいと思っています。習っていてよかった…やらせてもらえてよかったと(真論くんが)思ってくれたらいいなとも思います。私がピアノを弾けないので、演奏する姿を見ることができてとても嬉しいです。」



私も同じ年頃の娘がいますが、同感です。自分ができないことを、子供ができるって、親としては何とも言えない嬉しさがあると思います。励まして、応援したいと思いますよね(^o^)




真論くん、沢山インタビューに応じてくれて、有難うございました。将来はピアノの演奏で患者さんを癒してあげられるような、ドクターになれたらいいね…☆☆☆


ピアノショップ沼津音楽教室講師会
おたよりグループ



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




スプリング・コンサート(発表会)など、ピアノやオルガンの演奏となると圧倒的に女の子の出演者が多いのですが、ドラムは男の子にも人気!楽器店大会では、出演者数の半分以上が男の子でした。

ドラムの隣に設置する“サンプラー”という機材を使うことによって色々な効果音などが加わり、同じ曲でも全く違うアレンジの曲に聴こえたりします。とても楽しくて、あっという間に生徒さん達の演奏が終わりました。

楽器店大会の様子は、「ピアノマン ブログ」でも紹介されていますので、ぜひご覧くださいね!

生徒さん達の演奏の後は、、、お待ちかねのゲスト演奏♪♪♪


初めは、熊本総一先生。昨年、MASAKing先生のレッスンの代行をされた事があり、久しぶりに生徒さん達に会い成長を感じたそうです。




次に、この日は司会を担当されたOb-La-Di先生。




続いて…MASAKing先生にソックリ!!! (^o^;;)

でも、この方は「リズムさん」です。色々なリズムを聴かせてくれるために世界を旅しているリズムさんが、沼津にもやってきてくれました(^o^)




最後に、MASAKing先生のバンド、「MASAKing SHOP NUMAZU」の皆さんが、演奏をして下さいました。社員の前田遼二さんが、作曲と編曲を担当したというオリジナル曲「Beyond the Solar System」を聴かせて下さいました。



…人間も、水も空気も、地球も太陽も、時間も空間も…何も無かった時代から、宇宙や銀河や地球が誕生し、今に至るまでを表現した作品でした。テーマが壮大なので、聴いていた方達も、感じることや思うことが沢山あったのではないでしょうか…。


最後は、バンドの皆さんと生徒さん達のセッション♪♪♪

突然だったにも関わらず、全員見事に8ビートを叩いていました。みんなカッコいいちびっこドラマーですね(^o^)











ビデオ審査の結果は10月に発表ということですが、そちらの結果も期待したいですね。
出演された皆様、本当にお疲れ様でした。


ピアノショップ沼津音楽教室講師会
おたよりグループ



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




6、大島杏珠(おおしま あんじゅ)さん 小3  「Hard Rock」



杏珠さんは、楽器店大会で最優秀賞を受賞されました。おめでとうございます(^o^)
杏珠さんから、自筆で喜びのコメントをいただきましたので紹介します。



杏珠さんの演奏について最後に講評がありましたが、MASAKng先生より「杏ちゃんは、ミスが少ない。そして、大人でも難しいサンプラーもミスなく使いこなしていた。」とのお言葉がありました。素晴らしいですね。


7、藤浪一響(ふじなみ かずき)くん 小3  「Hard Rock」



「先生に叩いてもらって、それをビデオに撮り、家でテレビに映して見ながら練習しました。」と、話してくれました。


8、坂口海斗(さかぐち かいと)くん 小4  「POP ROCK」




9、河邊拓実(かわべ たくみ)くん 小5  「BACK GARAGE」




10、山崎笑空(やまざき えく)さん 小5  「BACK GARAGE」



練習は大変だったけど、できるようになった時は嬉しかった(^o^)と、言ってました。選曲は、一緒にレッスンしている拓実くんと選んだそうです。優秀賞を受賞され、「嬉しい!!」しか言えない、とニコニコ笑顔の笑空さんでした。


11、永松拓実(ながまつ たくみ)くん 小6  「Hard Rock3」




3へ続く



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




9/11(日) ピアノショップ沼津 沼津センター2階ハーモニールームにて、『第1回 V-Drums World Championship ピアノショップ沼津 楽器店大会』が開催されました。

一人10分間の中でサウンドチェックとビデオ審査のための演奏を録画しました。
大会内容の詳細や楽器店大会の結果は、「ピアノマン ブログ」をご覧くださいね。

ここでは、出場された生徒さん達の写真と、お話を聞けた生徒さんからのコメントを中心に紹介します。




1、太田千晶(おおた ちあき)さん 小1  「POP ROCK」



ハーモニールームにライオンさんがやってきました!!!



ライオンさんがドラムを叩き始めましたよ(^o^)



ライオンさんの正体は千晶さんでした!! テーマはサファリパーク!?!?
MASAKing先生から、ライオンさんの帽子をもらったとの事で、自らライオンになって登場!
斬新なパフォーマンスを見せてくれました。
ライオンから人間に変化し、ドラム演奏最年少の千晶さん。
軽快なスティックさばきを披露してくれました。


2、日吉郁斗(ひよし いくと)くん 小2  「Clif Hanger」



「家にドラムがあるので、できる日は一日に20〜30分練習します。とても緊張した」と話してくれました。


3、森勇人(もり はやと)くん 小2  「Crazy Daze」



和太鼓の音での演奏から始まり…和と洋を組み合わせ、力強い演奏をしてくれました。
楽しく叩けたと話してくれました。


4、細内圭斗(ほそうち けいと)くん 小2  「Hard rock」




5、青木優香(あおき ゆうか)さん 小3  「Crazy Daze」




2へ続く…



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




今日は、小松千里先生の生徒さんの、遠藤優南(えんどうゆうな)さんを紹介します。

4歳の時から小松先生にピアノを習い、今は清水南中学校(中2)に通っています。
優南さんは、9/17(土)に学校で行われる合唱コンクールで、ピアノの伴奏をするそうです。

演奏曲は「時の旅人」で、優南さんは小学校5年生の時から4年連続で学校でピアノの伴奏に選ばれているそうです。
合奏や合唱などの伴奏は、学校内でもオーディションがある所が多いそうですね。




↑↑↑↑  自宅での練習の様子です。
おじいちゃんとおばあちゃんがグランドピアノを買って下さったという事で、あばあちゃんの家にピアノが置いてあり、練習に行っているようです。
自宅では、おばあちゃんも嬉しそうに練習を聴いて下さる事が多いそうです。微笑ましいですね (^o^)



↑↑↑↑  土曜日にレッスンの様子を撮影させていただきました。


優南さんのお母様にお話を聞く事ができましたので、紹介しますね。

「(優南さんが)伴奏に選んで頂けてとても嬉しいです。オーディションに合格し、伴奏に選ばれたことで、本人はとても自信がついたようです。これからも、好きな事をのびのびやって育ってくれたら嬉しいです。」とのことでした。
娘さんを、心から想い、応援してあげる気持ちが伝わってきました。

優南さんは、ピアノの他にチアダンスを習っているそうで、Jリーグの「清水エスパルス」専属のお姉さん達が教えて下さるみたいです。そちらも大会などがあるようですよ(^o^)

ピアノもダンスも頑張って下さいね。


お教室には小さな生徒さんが沢山在籍しています。優南さんのように、学校でも活躍できるように頑張ってほしいなと思います。


また、ピアノショップ沼津音楽教室講師会では、ブログに載ってくださる生徒さんを募集しています。

普段のレッスン風景や、練習の様子、または今回のように、音楽教室以外の場でピアノを演奏したり、伴奏したりした生徒さんを紹介したいと思います。その他の話題でもOKです。
頑張っている生徒さん達、是非担当の先生に声をかけて下さいね!


ピアノショップ沼津音楽教室講師会
おたよりグループ



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく