こんにちは。
コロッケ・メンチカツ・ナゲット・人参ジュースのお取り寄せ専門店
東平屋 アズマ・Hey! です。(www.tohei-ya.com)

毎月1回連載の「東平屋スタジオ・ジャパン」ツアー。
今回も伊豆半島のどこかにある幻のテーマパーク「東平屋スタジオ・ジャパン」の最新情報を、アズマ・Hey!がナビゲートいたします。

本日4月24日(水) 13:10から、
沼津COAST-FM 76.7MHz
TOKAIケーブルネットワークのコミュニティch 11チャンネル
インターネットサイマル放送
http://www.coast-fm...
でも、同時生放送でご紹介しますので、こちらもお聴き逃し、お見逃しなく!

これまで東平屋スタジオ・ジャパンの数々のアトラクションをご紹介してきましたが、なんとパーク内にはアトラクションだけでなく、学校もあるんです。今日は、特別にその学校に潜入してみたいと思います。



3年B組とんかつ先生

#3年B組とんかつ先生#3年B組金八先生#東平屋スタジオジャパン
本日は、東平屋スタジオ・ジャパン内にある学校の、名物先生をフィーチャーしてご紹介いたします。
東平屋スタジオ・ジャパンにある学校は、桜中学という中学校。その3年B組に、坂本とんかつ先生がいらっしゃいます。
とんかつ先生は、学校が抱える様々な問題に真正面から取り組む熱血先生なんですが、その名の通りとんかつが大好きで、とんかつを食べすぎたせいか、顔がとんかつで、髪の毛がせんキャベツになっています。
そしていつもどこかで、とんかつのことを考えています。

#3年B組とんかつ先生#3年B組金八先生#東平屋スタジオジャパン
とんかつ先生はとんかつ好きが高じて、グラウンドの一角にこっそり豚小屋を作り、そこで豚を飼育し始めます。
すると豚が次々に妊娠し、たくさんの子豚が誕生してしまいました。
大混乱に陥る桜中学。
しかしとんかつ先生は子豚の誕生を題材に、愛の大切さの特別授業を行うのでした。

#3年B組とんかつ先生#3年B組金八先生#東平屋スタジオジャパン
またある時3年B組に、札付きの非行少年、優が転校してきます。
転校早々、クラスメートと大乱闘を起こしてしまう優。
優を立ち直らせようとするとんかつ先生ですが、学校は、腐ったミカンは周りのみかんを腐らせてしまうという理由で、優を追い出そうとします。優の仲間の暴走族が学校にやってきて、通報された警察ともみ合いになります。
その混乱の中、とんかつ先生の豚小屋が壊れ、豚が逃げ出してしまいます。
#3年B組とんかつ先生#3年B組金八先生#東平屋スタジオジャパン
涙を流しながらとんかつ先生はうっかりこう言ってしまいます。
「私は機械やミカンを作っているんじゃないんです。豚を育てているんです。」
このセリフは、日本のドラマ市場に残る名台詞として語り継がれています。

東平屋スタジオ・ジャパン内の桜中学にぜひ入学してください。




Hey!の一言

豚にポン酢

豚に真珠を乗せても、豚の味は変わりませんし、そもそも真珠は食べられませんが、ポン酢をかければ、ポン酢は豚のおいしさを引き立たせてとてもおいしくなります。
食べ物には真珠を乗せてはいけません。正しい調味料をかけよう、という教えです。


おいしい豚肉の入った「みしまコロッケ」はいかがですか。詳しくはこちらから→


あしたか牛と豚肉を使ったジューシーなメンチカツ「長泉あしたかつ」、詳しくはこちらから→