静岡県沼津市の建設業専門の行政書士田中綜合法務事務所です。建設業許可、更新、決算変更届はご相談下さい。デリヘル開業など他の行政書士業務もお任せ下さい。

新着情報

トップページ>新着情報


過去の記事

September 2015 の記事です。


 みなさんは、裏金と言う言葉を知っていますか?

 ニュースや新聞で聞いたことがある人が多いと思います。

 裏金・・・あんまりいい言葉ではないですよね。

 正式な意味を知っている人は少ないです。

 裏金で検索したり調べると、いろんな意味が出てきます。そもそもこの言葉もいわゆる俗語なので、統一された解釈は、ありませんが、一番しっくりくる意味が「不正な会計処理によって作られたお金」です。

 不正な会計処理・・・・もっと直接的な言い方で言うと、「悪い事をして作ったお金」
です。
 
 世の中には、表もあり裏もあります。通常こういったときに使われるのが、表が正しい事で、裏が悪い事と言う意味です。

 裏口入学と言う言葉がまさにこの言葉にあてはまるでしょう。

 裏口入学とは、皆さんも知っている通り、教師や学校に賄賂などを渡して、本来は不合格になる試験の点数だが、合格にして入学させる事ですよね。
 もちろん、試験で合格点になるように、事前に試験問題を教えたりする場合も含みますけどね。

 こういった裏金作りが、今まで警察を含め全国の役所で行われていたのです。

 いや、今もどこかで行われていると言っても嘘ではありません。

 次回は、裏金の作り方について教えます。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 一昔前は、警察の裏金がかなり問題になりましたが、実は、裏金と言われるものは、役所ならどこでもやっていたんです。

 今もやっているかもしれませんね。

 今日は、時間がないので、次回は裏金の事について書こうと思います。

 よろしくお願い致します。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 シルバーウィークが終わり、木曜日、金曜日と出勤された方も、月曜日からは、仕事が続きますね。

 10月に3連休は、ありますが、長い休みは、年末年始までないですね。

 明日からは、一緒に仕事に戻って頑張りましょう。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 大阪府警で世間を騒がせた集団強姦事件で、刑事処分としは、起訴・不起訴の処分をしないで釈放して捜査を継続する、処分保留で、警察としての行政処分は、懲戒免職処分になりました。

 まずは、刑事処分についてですが、処分保留と言う事は、これからも捜査を継続することだと思われていて、起訴されて処分されるんではないか?と言うことを考えられる方も多いのですが、処分保留は、後日不起訴になってしまう可能性が高いです。

 今の所、はっきりと不起訴とは言えませんが、起訴できて処罰できる証拠があれば、処分保留にして釈放しないで、そのまま起訴しますからね。

 刑事事件としては、負けの可能性が高くなりました。

 きちっと処罰をできる体制に、捜査機関は戻って欲しいものです。

 まして、犯罪捜査を仕事としている警察官は、いろんな事件を見る為、どうしたって一般人に比べれば、事件捜査の事を詳しく知っています。

 当然、その知っている中には、どうすれば不起訴になって処罰されないかも知っているのは、もちろんのことです。

 もう一つの行政処分である懲戒免職処分は、大阪府警が内部規則等に違反した者を処分するものですが、退職金の出ない懲戒免職にした事は、評価できます。

 当然のことですが、役所の運用については、以前も書いた通り、懲戒免職よりも軽い処分にして、本人に退職届を出させて、退職金を出させて辞めさせるような方法が常習化されていますが、今回は厳しく免職にしてくれて妥当な処分です。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 何日か前に、安保法案が成立しましたね。

 みなさんもテレビや新聞等で、たくさんの方がデモをして反対運動をしていたことは、当然知っていることだと思います。

 この法案については、いい悪いは賛否両論当然あります。

 私は、法律と言うのは、使う人間に大きく左右されると言う考えをしています。

 特に、民法や刑法などのように特定の個人に対する法律ではなくて、国の在り方を決める法律については、なおさらです。

 賛成には、賛成の意見があり、反対には、反対の意見があります。

 正直に言うとどれも間違いではありません。

 この法案が可決されても、戦争に突っ走る国になるのか、それとも北朝鮮などの脅威から国を守れる、切り札になるのかは、これからの話で、まさにこれからの政治によるところです。

 そして、その政治家を選ぶのは、民主主義の主役であるみなさんです。

 是非、皆さんで自分の意見を持ち、選挙の時には、必ず自分の意思を票にしましょう。

 行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 楽しかった連休も、もう終わりですよね。

 また、仕事に戻って頑張りましょう。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 シルバーウィークだけあって、人がすごかったですね。

 みなさん、いろんな所に行くようで楽しそうでした。

 逆に、この連休休みにしている飲食店などのお店も多かったので、それもまたびっくりしました。

 連休は稼ぎ時ですが、あえて休みにして休むのもお店の考え方ですよね。

 私の行ったお店は、普段は予約なしで簡単に入れるのですが、今日は、あいているのが一席しかなかったそうです。

 でも、みんな出かけて楽しんで消費していくのは、いいことですよね。

行政書士田中綜合法務事務所




この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




この資料は、愛媛県警捜査一課の警部のパソコンから流出したものとされるが、その内容をみると警察がどんな取調官を育てようとしているかが良く分かる。
 1 事前の把握を徹底する
  〇 犯行現場の状況を自分の目で確認し、十分腹入れしておくこと。
  〇 捜査記録は納得いくまでよく目を通す。
     問題点や疑問点があれば必ず解明する。
     (調べ官が迷わされるのはこの辺の詰めの甘さにある。)
 2 被疑者を知る
  〇 被疑者の生い立ち、性格、知能程度、家庭環境、家庭状況、身上、趣味などできる限り把握しておく。
     被疑者を知れば知るほど調べ官は有利である。
  〇 前刑の調べ官から聞いておく事も大事である。
     他の調べ官とはちょっと違うということを、被疑者に暗黙の内に判らせることも大事である。
 3 被疑者取調べには気迫が必要
    調べ官の「絶対に落とす」という、自信と執念に満ちた気迫が必要である。
 4 被疑者から目を離すな
    取調べは被疑者の目を見て調べよ。絶対に目を反らすな。
    相手をのんでかかれ、のまれたら負けである。
 5 被疑者の心を読む (読心術を身につける)
    一対一の勝負、腹の探り合いであるから、被疑者の心を早く読めれば勝負は早い。
 6 一度調べに入ったら自供させるまで出るな
    被疑者の言うことが正しいのでないかという疑問を持ったり、調べが行き詰まると逃げたくなるが、その時に調べ室から出たら負けである。
    お互いに苦しいのであるから、逃げたら絶対ダメである。真実を話さなければならない。
 7 粘りと執念を持つ
    否認被疑者は朝から晩まで調べ室に出して調べよ。(被疑者を弱らせる)
    そのためには、調べ官は強靱な気力、体力が必要である。(平素から養っておくこと。)
 8 補助官との意志の疎通
    調べ官と補助官との間には阿吽の呼吸が必要、タイミングがよいとその一言で落ちることがある。調べ官には、話さないことでも、補助官には、気を許して気軽に話す場合がある。
 9 親身になって相手の話を聞いてやり、家族、身内には同情することも必要である。
 10 調べ官も裸になれ
    調べ官は優位に立つことは絶対必要であるが、時には、自分の生い立ちや学校生活、子育て、趣味、子供の頃のこと等裸になった話をすることにより、同じ人間であることの共感を持たせる。
 11 言葉に気をつける
    被疑者を馬鹿にしたり見下すような言葉は絶対に謹むこと、ある意味では馬鹿になることも必要。
 12 被疑者には挨拶・声をかける
    留置場内で検房時等必ず被疑者に声をかけ挨拶する。
 13 騙したり、取引は絶対にするな。
    後で必ずバレル。そのことが判れば取り返しのつかないことになる。
 14 被疑者は、できる限り調べ室に出せ
    自供しないからと言って、留置場から出さなかったらよけい喋らなくなる。
    どんな被疑者でも話をしている内に読めてくる。被疑者も打ち解けてくる。


以上になります。
これを見てあなたがどう思うかは、あなたの自由です。
取調べの可視化について、あなた自身の考えを持って
選挙に行くなりして、あなたの考えている事が実現するように行動して下さい。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今日からもしくは、昨日から休みの人もいると思いますが、世間では、シルバーウィークと言われて、4連休もしくは5連休ですよね。

 働いている方などは、ゆっくり休んで、また、連休明けから仕事頑張って下さい。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 前回、警察官の不祥事は、採用面接に問題があるのではないか?っと言う話をしてきました。

 私は、一つ感じて来たことがあるのですが、採用担当の面接官に過信が生じて、判断を誤らせているのではないかと言う事です。

 警察官は、取り締まる方なので、どうしても他の職業と比べて頭を下げたりすることが少ない職種である。

 しかも逮捕権などの普通の人にはない権限があるのも事実です。

 そういった職業な為、中には頭を下げてきたり、ペコペコされたり、頼られたりすることが、日常的になる為、「俺ってすげえじゃん」って勘違いする人も出てきます。

 またそういった状況が日常化すると、あたかも自分が偉いというような錯覚に陥ってしまうのは無理もないかのかもしれない。

 一種の職業病と言っても言い過ぎではない。

 警察官と話していると、一見紳士的で、丁寧な人も、言葉の端々に人を下に見るような発言がされたりする。

 どんなに相手をバカにしたり下に見ていても、言葉遣いや態度で隠しても、本心を隠しきれるものではない。

 だからこそ、警察官が被害者に暴言を吐いたりなどの不祥事が絶えないのである。
 警察官から見れば、警察官>市民っという構図なのだからである。

 面接官も自分がえらいすごいっと言うような思考回路で警察官の応募者を見ているから判断を誤る。

 そして間違っても、自分はえらいし優秀だから、自分の判断は、間違ってないと、絶対に非を認めない為、改善されることはない。

 人をバカにしたり下に見るような組織には、組織に恥をかかせる犯罪者しか寄ってこないのである。また、そういった人しか採用されないのである。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 大阪府警と言えば、強姦を呼びかけ合って、逮捕された警察官がいました。

 実は、最近にもなって、女性の体を触ったとして停職1か月の処分になった警察官がいました。示談が済んだ為、告訴は取り下げとの事です。

 大阪府警は、警察官の数が多いのがありますが、不祥事が多いです。

 しかも最近の警察官の犯罪は、性犯罪に関連する犯罪が、異常に多いですね。

 正直、こういった性癖は治りません。警察官の採用試験の面接は、本人や親族に前科前歴などがないか、調べられますが、本人の性癖なんかは調べませんからね。

 これからの警察官の面接手法も変えるべきだと思います。

 っとは言え、神様でもない限り、わずか短い面接時間で、相手の素性を全部わかることなどありえません。

 もし、そんな人がいたら、間違いなく超能力者です。

 面接官の中には、「私たち警察官は、たくさんの悪人を捕まえて来たプロです。
嘘は必ずばれるから、全て本当の事を話しなさい。」

 っと言う人がたまにいます。

 本当に相手の事が全てわかるわけがありません。そうゆう風に言って、本当の事を言わせようとしているだけです。

 そんな人がいたら神です。

 相手の心の中を見通せれるなら、詐欺師に騙される人は、とっくの昔に消滅しています。

 短い面接時間で相手を見抜く事など所詮は、無理な事なんです。

 だからこそ、新しい警察官採用の際には、今までと違う手法を取り入れていかないと、いつまでも不祥事が続く事になるのです。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



 



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 最近は、雨なり曇りの日が続き、本来は、暑いはずの9月ですが、かなり涼しいですね。

 たまに、晴れたりすると、例年同様暑さを感じます。

 しかし、9月も夏と言えば夏です。暦の上では秋ですが・・・。

 晴れれば暑いですし、熱中症も油断できません。

 最近も、熱中症で倒れて亡くなられた方もいます。もう熱中症なんて関係ないと皆さんが思っている今が、危ないです。

 水分補給は、当然ですが、一日の出かけるときに、アクエリアスなどを必ず持っていくようにしましょう。

 10月までは、決して油断してはいけません。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 暴力団との黒い噂が出て、芸能界を引退した島田紳助さんの写真が、いろんな週刊誌等に出ていて見ましたが、今とは別人になっていました。

 ロン毛で美女と一緒に写っていましたが、テレビに出ているときとは、全く別人になっていました。

 やはり、テレビの時は、服装も髪型もちゃんとしておかないといけないけど、引退してしまえば、もう関係ないですからね。

 十分、お金も稼いだだろうし、芸能界に戻ってくることはないでしょうね。

 もし、見たい人は「島田紳助 今」と検索すれば、たくさん出てきます。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今日は、晴れている地域が多く、それなりに暑かったと思います。

 しかし、それでも7月8月の猛暑の時に比べれば、かなり気温は下がっています。

 実は、こういった時期に風邪を引く人がたくさんいるのです。

 涼しくなったからと言っても、夏のままの服装でいる人は、多くないですか?

 特に、朝と夜については、地域によっては、すでに冬の始まりのような気温になっている所もあると思います。

 季節は、変わっています。

 体調管理にはお気をつけ下さい。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 私の事務所の番号は、055−957−3111ですが、昔三島市役所の番号だったみたいで、よく間違い電話がかかってきます。

 本当にうんざりしてきます。

 かかってきた時に、少し声を聞いただけで三島市役所と間違えていると瞬時にわかります。

 中には苦情の電話があり、すごい剣幕でかかってきたりします。

 そう思うと役所の人たちも大変だなって思います。
 
 三島市役所に電話する人は、昔の電話番号は、変わっていますので、間違えないようにお願い致します。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 東京大学の事件でもわかるように、日本の役所や税金でやっている公務所は、何か事件が起きたり、不祥事が起きると必ずと言っていいほど、隠ぺいに走ります。

 警察官が、被害届を出すように説得したり、告発をお願いしても頑なに拒み、絶対に首を縦に振りません。

 日本の役所は、事無かれ主義が徹底されて、自分たちに火の粉が飛んでくるような事件やマイナスになる事は、全くやりません。

 彼らに正義を貫くと言う言葉は、全くありません。

 そもそも公務員になるような人は、全てではないが、安定した給料や退職金、年金を目当てに入ってきており、正直に言うと、市民の生活なんかは、どうでもいいのです。

 だから、自分達が、面倒な事になるような事は、一切しないのです。

 しかし、今回の東大の事件でもわかるように、不正を守るような組織をいつまでも、野放しにしておくわけにはいきません。

 また、いつまでもそういった組織が甘い汁を吸い続けられるほど、世の中は、甘くありません。

 私以外にも、告発社会の現代では、たくさんの人権団体などが、不正を告発しています。

 不正がいつまでも続くような世の中では、ありません。

 遅かれ早かれ悪は必ず滅びます。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




(1) 教授は、平成22年夏頃、甲(仮名)から、教授就任の祝儀の名目で現金100万円を受領した。また、その後、甲が本学大学院の入学試験の受験を希望していることなどを知ったにもかかわらず、当該金員を返還しなかった。
(2) 教授は、平成22年の大学院入試の受験を希望していた甲に対し、当該入試への出願を見送って平成23年の大学院入試を受験するように働きかけた。教授は甲に対し、平成23年の大学院入試について、何らかの優遇を受けられるかのように思わせる態度をとっていたが、平成23年の大学院入試の出願時期になると、それまでの態度を翻し、大学院学生として受け入れることは難しいことを告げるなどして甲を翻弄した。
(3) 教授は、甲が平成23年の大学院入試を受験した際、口述試験の試験委員として質問を行い、採点に関与するなど、大学院入試の公正性、厳格性に疑念を生じさせる行為を行った。

教授の行為は、就業規則第38条第5号に定める「大学法人の名誉又は信用を著しく傷つけた場合」及び同条第8号に定める「この規則及び大学法人の諸規則によって遵守すべき事項に違反し」た場合に該当し、同規則第39条第5号に定める諭旨解雇の懲戒処分を行ったものである。

この事件が起きた時、マスコミでは、かなり大騒ぎをして取り上げた。
しかし、東京大学は、贈収賄事件の可能性もあるのに、事案の詳しい説明は行わずに、終結させた。

そこで、私が、情報公開請求をして、この事件の情報を開示するようにしたが、東京大学は、それを全て拒否して、不開示処分とした。

そこで、私は、情報公開法等に基づき、不服申し立てをした。

情報公開の場合、不服申し立てがあった場合、内閣府の「情報公開・個人情報保護審査会」に諮問(処分か妥当か判断してもらう事)しなけれかばいけないことになっている。

不服申し立てをしてから、約1年後、ようやく今日結果が届いた。

その結果とは、「不開示処分は、違法であり、取り消すべきだ」との判断でした。

通常、情報公開の不服申し立ては、まずひっくり返ることはない。

数十件に1件あるかないかの、狭き門である。

その狭き門を突破できたのは、非常にうれしいことである。

これが、私の実力である。その辺の行政書士や弁護士と一緒にしないで頂きたい。

今までたくさんの役所の不祥事や犯罪を事件化して、時の権力者すら退陣させてきたのである。

また、今回の決定をして頂いた、委員3名については、心から感謝をしたい。

東京大学は、国が判断した決定を尊重して、この事件について、国民に対し、きちんとした説明をすべきてある。

国民の税金で運営している事を忘れてはならない!

悪い事をした人間をかばうような大学に、まともな教育などできるわけがない。

東京大学は、日本で一番頭のいい大学だと言われている。
しかし、そのエリート達ですら、今回の不服申し立てでの戦いでは、私に勝つことはできず、負けた。

偏差値教育だけでは、本当に頭のいい人に育つことはないのである。

東京大学は、この決定を重く見て、決して隠ぺいはせずに、大学に保有しているこの事件の一切の書類を開示すべきである。

行政書士田中綜合法務事務所

「贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 朝から、すごい雨でした。東海地方上陸との事でしたが、幸いにも雨は、すごかったですが、風は、吹いていなかったです。

 それは、本当によかったです。

 午後からは、おもいっきり晴れてしまいました。

 台風の後は、いつも、今までの天気が嘘のように、晴れたりしますね。

 人生と同じですかね・・・・。




この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 大阪府警の警察官と元警察官が、なんとインターネットの掲示板で、一緒に強姦をしてくれる相手を募り、集団強姦で、この警察官コンビが逮捕されました。

 ネットで相手を募るのもびっくりしますが、警察官って、犯罪を検挙したり予防したりする仕事ではないでしょうか・・・

 こうゆう問題が起こると、犯罪を犯した人と上司を処分して終わりますが、実際は、組織全体の問題であり、原因は組織の腐敗である。

 昔から、「環境が人を育て、人が環境を育てる」っという言葉がある。

 人間は、まわりの人や環境に左右されやすい生き物である。

 信じられない犯罪を犯す警察官は、最初からそんな事をしようと思って警察官にはならないと思う。

 そのあたりは、勤続年数でわかるが、この逮捕された警察官らは、もう既に30代である。

 であれば、警察官に成り立てというわけでもない。

 彼を強姦魔に変えてしまった組織を一度見直す必要があると思う。

 ただ、強姦と言う犯罪自体が、力で相手をねじ伏せる犯罪であるが、おそらく、彼らは、警察権力を使って、市民を有無を言わさずねじ伏せて来たのであろう。

 時には、「やってない」っと言う被疑者についても、無理矢理権力でねじ伏せてきたのだと思う。

 権力(力)を使えば、どんな人間も言うとおりになると警察の中で、経験してきたのだろう。

 それが、インターネットで、堂々と強姦をする仲間を募集すると言う信じられない行動につながっていったのではないかと思う。

行政書士田中綜合法務事務所

「贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 私が、子供の頃から好きな食べ物で、この時期必ず食べる物があります。

 マックの月見バーガーです。

 マックは、年とともに食べなくなるのですが、今でもたまに食べたりします。

 特に月見バーガーは、子供の頃から必ずと言っていいほど食べるものです。

 でも、一番安い時で、190円の時がありました。

 今は、300円以上軽くします。倍近くになっていますよね。月見バーガーを単品で二つ注文して、ドリンクを注文すると、すぐに1000円近くになってしまいます。

 昔は、マックは、とにかく安いっと言う事が何よりも魅力でした。

 高い物がいい人は、モスバーガーに行きますからね。

 値段は、高くなってしまったけど、それでも必ず食べるものです。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 では、何故、犯罪が行われたのに、警察に告発しないのか?

 答えは、簡単です。身内をかばいたいからです。

 だから、懲戒免職以外の懲戒処分にして本人に辞めてもらうのです。行政処分でも懲戒免職すらしない役所も多いです。懲戒免職だと退職金が支給されないからです。

 それと、犯罪を犯して逮捕なり有罪が確定すれば、知事や市町村長は、謝罪会見をして、マスコミの前で謝罪をしなければいけませんよね。

 当然、そういった事があって謝罪すれば、知事や市長などは、次の選挙に影響が出て、選挙で落選する可能性が高くなります。

 身内をかばうのと同時に自分もかばっているのです。

 知事や市町村などは、「市民の為」とか言っているが、次の自分の選挙の事しか考えていません、それが現実です。

つづく

行政書士田中綜合法務事務所

「贈収賄事件の情報も随時、募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 前回、懲戒免職よりも軽い停職などの懲戒処分(行政処分)にして、犯罪を犯した本人から、辞表を出させ、退職金を支給すると言う事をお話しました。

 しかし、みなさんの中で初めて聞く方もいると思いますし、忘れてはならない事があります。

 例えば、市民への対応が悪くて辞めさせる場合は、今までの通りの方法でも問題はないです。

 しかし、詐欺や横領などをした公務員は、刑法等に規定する法律に違反して、犯罪を犯してしまったので、すでに行政処分の領域を超えてしまっているのです。

 そうなると公務員には、ある法律の規定に拘束されるようになるのです。

 それは刑事訴訟法の239条2項の「公務員の告発義務」です。犯罪を犯した公務員を見つけた時は、警察や検察に告発する義務があるのです。

 告発している公務員の方いますか?

 まずいないです。

 ここで勘違いしないように書いときますが、懲戒免職などの懲戒処分は、行政処分と言い、役所などの行政が役所の規則に違反した者を処罰する為の処分です。

 当然、刑事処分とは被る所は、あっても刑事処分とは、全く別物です。よって、懲戒処分をしても、刑事処分をすることは、全く問題ありません。

 事実、懲戒免職された後に逮捕される元公務員は、いくらでもいます。

 つづく

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今日は、行政書士会の相続の研修が午後1時30分からありました。

 座って聞いているだけでしたが、非常に疲れてしまいました。午前中に別の案件があったのと、今週は、いろいろ動いて疲れがたまっているのかもしれません。

 研修は、3時間で、勉強になりました。

 前半が、行政書士で、後半が司法書士と行政書士の方の講義で、司法書士の登記の事についても話を聞けました。

 私は、司法書士はないので、登記は、他の司法書士に任せますが・・・。

 今日は、かなり疲れてしまいましたので、明日、前回の公務員の犯罪についての続きを書きたいと思います。

 行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 役所などに勤務する公務員も、人間ですから犯罪を犯す人もいます。

 日本の法律は、公務員だからと言って、刑を軽くしたり免除したりという規定は、ありません。

 一般人と同じように処罰されなければなりません。

 しかし、公務員が犯罪を犯すと、通常は、警察に逮捕されたり取調べを受けて書類送検されたりという事がありません。

 実は、こういった刑事手続きに入る公務員は、わずかに10人に1人もいません。

 一般人であれば、少しでも悪い事をすれば、すぐに逮捕されますよね。

 どうゆう処分になるのかと言うと、公務員の場合、詐欺や横領などのいわゆる人の金銭などを取る財産犯が多いですが、その公務員に弁償をさせるか、分割での弁償の約束を取らせ、退職金を払って任意で辞めさせます。

 任意で辞めさせるのは、退職金を払う為です。

 懲戒免職になってしまえば、退職金は、ありません。

 悪い事した人に、お金を払って辞めてもらうのです。

 まさに、盗人に追い銭ですよね。その退職金ですら、市民が一生懸命はたらいて納めた血税です。

 で、悪い事した人が弁済の意思を表示して、退職の意思表示をしてきた場合っというか、そうゆうふうに仕向けるのですが、その場合は、本人が責任を取って辞めたと言う事にして、懲戒免職よりも軽い、停職や減給、戒告などの処分にして、退職金を払います。

 役所としては、身内に甘いと言う批判をかわすか弱める為に、形だけでも処分をします。

つづく

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 ネットのちょっとした書き込みで、店の評判が悪くなって潰れたりします。

 こんな事、20年も前では、考えられなかった事です。

 20年前は、不特定多数の人に伝える手段は、マスメディアしかなかったからです。

 一般国民が、自分の意見を伝える手段は、新聞の投稿などぐらいしかなかったからです。

 それが、パソコンが一人一台は持てる時代になり、自分の意見を不特定多数の人に伝える事ができるようになり、世界が変わりました。

 しかも、現代は、ブログ・ツイッターなどで個人が気軽に自分の思っていることなどを簡単に伝えられるようになった今は、私たち一人一人が、マスコミであり、生殺与奪の権利を与えられているっと言っても言い過ぎではない。

 まさに、私たちが、それぞれマスコミであり、いろんな人の運命を握り、世界を作りあげていくのである。

 是非、こうした私たちに与えられた力を世の中を良くするために使って欲しいです。
 
 ネットの内部告発の書き込みが発端になったと言うケースは、いくらでもあります。

 一昔前と違って、私たちが自由に意見を発信する事ができるようになったのだから。

 行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 災害用の伝言ダイヤル171番を知らない人は多いのではないでしょうか?

 地震などの災害が起きた時に、おそらく携帯電話などは、使えなくなるでしょうね。

 また、固定電話なども、電気が遮断されるので難しいと思います。

 そんな時に、公衆電話などから家族に伝言を伝える災害用の伝言ダイヤルを使うべきです。

 この災害伝言ダイヤルは、家族に向けたメッセージなどを録音でき、録音した音声を聞くことができます。

 地震や津波などが起きた時に、逃げるのに必死になってしまい、家族とバラバラになってしまう事は、よくあります。

 なんとか避難所や避難場所に辿り着いて、身の安全が確保された後に、やはり家族などの大切な人の安否が気になるものです。

 そういった意味で大切な人と連絡を取れるように、この災害用の伝言ダイヤルは、是非とも覚えといて下さい。

 そして、大切な人にも覚えてもらって下さい。

 この災害伝言ダイヤルは、NTTでもホームページなどで案内や説明がありますので、この機会に調べてみるのもいいかもしれません。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




< 2015-09 >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

PAGETOP