静岡県沼津市の建設業専門の行政書士田中綜合法務事務所です。建設業許可、更新、決算変更届はご相談下さい。デリヘル開業など他の行政書士業務もお任せ下さい。

新着情報

トップページ>新着情報


過去の記事

June 2016 の記事です。



 6月11日、AV業界に激震が走った。湊莉久、あやみ旬果などの有名女優を多数抱える大手AVプロダクション「マークスジャパン」の元社長ら3人が、警視庁に労働者派遣法違反の容疑で逮捕されたのだ。
.

 事件の発端は、マークスジャパンに所属していたAという女優の訴えだった。2009年、Aは「グラビアモデル」として同社と契約したはずだった。ところが、連れて行かれたのはAVの撮影現場。撮影を拒否したが、「契約書には“成人向けの作品にも出演する”とあり、サインもしている」と強行された。
.

 Aは契約書をしっかりと見せてもらえなかったといい、契約解除を訴えたが、違約金の請求をちらつかされ、そのまま2014年の契約終了までAVに出演し続けたという。Aがこうした事情を人権を守るNPO法人『ヒューマンライツ・ナウ』に相談した上で、被害届を警察に出したことで今回の逮捕となったという。
.

 今年3月、件のNPOがAV出演強要の被害実態をまとめた報告書を公表。悪質なスカウト手口のなかには、Aが訴えているものと同様のものも含まれていた。また、6月2日には山本太郎参院議員の質問に答える形で、内閣府が「AV出演強要についての実態把握に努める」旨の答弁書を閣議決定。ついに国が動く事態となった。
.

「Aの告発は、こういった一連のAV出演強要関連の動きがあるなかでのタイミングだったため逮捕につながった」(全国紙記者)
.

 業界の戦慄は終わらない。一部夕刊紙によれば、件のNPOには70人以上の女性が相談に訪れており、その多くが警察に訴える構えを見せているというのだ。NPOは、「女性からの相談は受けているが、相談件数などの数字は明かせない」(代表の伊藤和子弁護士)というのみだったが、今後、捜査の網がAV業界全体に及ぶ可能性はある。某AVメーカー幹部が頭を抱えていう。
.

「事件を機に警察の事情聴取はプロダクションの所属女優や社員はもちろん、派遣先のAVメーカーなどにも及んだようです。“AVで本番をやっている女優や男優、させているスタッフも全員犯罪者。いつでも逮捕できるんだぞ”と凄む捜査員もいたと聞いています。もし、70人もの元女優たちが被害届を出せば、警察は本格的に動き出す。そうなればAVから本番がなくなる事態も考えられます」
.

 AVで“本番”といえば、擬似ではない挿入ありのSEXを意味する。それを強要したとなれば罪は重い。城北法律事務所の田村優介弁護士が解説する。
.

「今回、警察は性行為が含まれるAVへの出演を労働者派遣法が禁じている『公衆道徳上の有害な業務』に当たると判断しました。他にも、本番行為を伴うAVの撮影については売春防止法や、それが強要であれば強姦罪が適用される可能性があります。後者は『暴行又は脅迫を用いて』という要件が厳格なため適用されにくいですが、前者は、当局がその気になれば適用の余地はあると考えられます」
.

※週刊ポスト2016年7月8日号より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 21日に書きこんだ内容です。

 この内容は、報道でさんざん流れて、ネットの動画でも見れます。

 ただ、それにしても全く反省してないということがよくわかる映像です。

 舛添さんは、悪い所ばっかり撮影して流していると言っていますが、そもそもカメラで撮影している所で、いきなり切れ始める方がどうかと思います。

 そんなのは、心にも思ってなくても、「今回は、大変ご迷惑をおかけしました」とか言っているものです。

 今回の撮影のあり方で、舛添氏の子供にもしつこく追いかけまわしたという事がありましたが、実際そのような報道や取材の方法は慎まなければなりませんが、逆切れはないです。

 この動画でわかったのは、いかにして問題のある夫婦をトップリーダーに指定しまったかということですね。

 行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




再三問題になって辞職した舛添要一都知事の妻であり舛添政治経済事務所代表の舛添雅美氏がフジテレビで放映している「Mr.サンデー」の取材に逆切れ。

詳しくはこの動画で・・・
https://www.youtube....

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 少し時間が経ってしまいましたが、舛添さんが辞職しました。

 正直、いろんな金に関する問題があり、辞職をするのは避けられないと思っていましたが、なかなか粘りましたね。

 結局は、不信任決議案が可決される前に辞めるような状況になりました。

 しかし、それにしても最後の舛添さんのお別れのセレモニーには、誰も来なかったと言うから、人望が全くなく、いかに駄目な知事だったか一目瞭然ですね。

 自分や自分達家族は、税金で使い放題やりたい放題だったのに、部下の職員に食事をおごる時は、マクドナルドに連れて行き、割引のクーポンまでも使っていたというから驚きです。

 マクドナルドは、特に高齢の人は、カロリーが高くて健康にも良くないです。
 
 結局は、自分さえ良ければいいという人なんでしょうね。

 そんな人間が、日本の中心である東京のトップリーダーをしていたのですから、いかに日本の政治が駄目だということが、本当によくわかります。

 選挙での選び方に問題があるのでしょう。

 マスコミに大きく取り上げられて有名な人ばかりに、関心の目は行きますからね。

 18歳選挙権が始まった今、無能や問題のある人間を当選させるのだけは避けたいところです。

 日本人は、やっぱり基本的に騙されやすい民族なんだよな。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく





政治資金の「公私混同疑惑」など一連の疑惑で批判を集めた東京都の舛添要一知事の辞職が正式に決まった。2016年6月15日午後に開かれた東京都議会の本議会で、同日午前に出された辞職願が全会一致で同意された。

 本議会の閉会直前、挨拶に立った舛添知事は「任期途中で辞任することに反省と心残りの念はつきないが、みずからの不徳のいたすところだ」などと話した。約2分間と短いあいさつが終わると、議場は拍手に包まれた。

■「一都民として東京の発展を心から祈ります」

 舛添知事の辞任を受け、予定開会時刻から約4時間遅れの17時前に開会した本会議。だが、資料の差し替えや確認などを理由に、開会直後から1時間超の休憩に入った。結局のところ、議事が本格的にスタートしたのは18時10分頃だった。

 議会の閉会間際に発言を許された舛添知事は、「東京を世界一の都市にしようと、私なりに全力を尽くしてまいりました」と切り出した。続けて、「東京防災」などの具体例を挙げて「一定の成果はあったと思っております」と述べた。

 続けて、辞職を決意した理由について、

  「リオ五輪・パラリンピック前の(都知事)選挙は次期開催国として相応しくない。避けたいと思っていたが、これ以上都政の停滞を長引かせることは私としても耐えがたく、身を引く決意をいたしました」

と説明した。

 最後に、「これからは一都民、国民として、五輪の成功と東京の発展を心から祈ります」と述べて頭を下げ、約2分の挨拶を終えた。
.

直前には「どうなっているんだ!」激しい野次

 同日の本議会では与野党ともに「徹底追及」の構えを見せていただけに、舛添知事に送られた「拍手」に違和感を覚えたユーザーもいたようだ。とくに、共産党などが求めていた「百条委員会」の設置が否決された際には、議場では「どうなっているんだ!」など激しい野次も飛んでいた。

 そのため、この温度差に、ネット上では、

  「舛添要一最後の演説終わり、議場から拍手...? ビックリだった」

と呆れるような声がいくつも上がっていた。

 舛添知事は引き継ぎなどの残務処理を終えた後、6月21日に正式辞職する予定。
http://headlines.ya...
ヤフーヘッドラインニュースより引用(J-CASTニュース 6月15日(水)21時5分配信 )



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




東京都の舛添要一知事は13日、都議会総務委員会で行われた集中審議の終了前に発言を求め、「今後は知事給与を全額カットする」「不信任決議案が可決されれば、知事選または都議選がリオ五輪に重なるので、猶予してほしい」との意向を表明した。 

http://headlines.ya...
ヤフーヘッドラインニュースより引用(時事通信 6月13日(月)19時8分配信 )

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 ここまでいろんな問題点が出ているのに、辞めない人は非常に珍しいです。

 いろんな理由があると思いますが、根本的に問題のある人だったのは間違いないですね。

 日本人の悪いところですが、有名人とかに非常に弱いですね、選挙の時は。

 そういった考えが結局は、失敗をしてしまうことなんですけど・・・。

 昔、タケシのテレビタックルで女性問題を取り扱っている田嶋陽子先生に大して、議論で反論できなくなったら「ブス」と言っていた事がありました。

 単なる居酒屋で酒の席での暴言ではなくて、オンエアーで田嶋先生の家族も見ているテレビの収録の中で、そういった暴言を吐いてしまう事自体、非常識であり、問題のある人物だったのだと思います。

 そういった事を判断できなかった都民は、知名度でしか選ばなかった失敗を感じるべきだと思います。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




舛添要一都知事(67)に、公用車の使用をめぐる新たな疑惑が浮上した。都庁関係者が告発する。

「都庁内で湯河原の別荘通いよりも問題視されているのが、舛添氏が奥さん同伴で、年末にNHKホールで開かれる“NHK交響楽団(N響)”の「ベートーヴェン『第9』コンサート」に公用車で出かけている事実です。昨年の年末にも行ってますが、この日は天皇誕生日で休日。当然、公務ではなく、公用車の私的利用に他なりません」

 小誌が情報公開請求で入手した知事のドライバーが移動経路を記した「庁有車運転日誌」を調べてみると、昨年12月23日、空の公用車は13時25分に都庁を出発、舛添氏の自宅のある世田谷区を経由して、13時50分にNHKホールのある渋谷区に到着している。

 知事の予定を記した「知事週間日程予定表」には、〈14時05分出邸 14:30〜政務 渋谷区〉とだけ記されている。

 コンサートは、15時開演で、終了時刻は16時半頃だった。

 前出の「庁有車運転日誌」によると、舛添氏の公用車は世田谷区を経て、再び空の公用車が17時半に都庁に戻っている。

 果たして、舛添氏の「政務」とは、「『第9』コンサートの鑑賞」だったのか。N響幹部は小誌の取材にこう断言した。

「その日に舛添さんがいらっしゃったことは間違いありません。こちらから招待したわけではなく、会場で見かけて、『あっ、舛添さんだ』と気づいたんです」

 都庁の公用車使用のルールは、〈出発地、到着地いずれかが公務であれば問題ない〉となっているが、このコンサートは公務とは言えない。

 舛添氏の自宅で公用車に乗り込む舛添氏を直撃したが、こちらの問いかけに答えることはなく、うっすらと笑みを浮かべて走り去った。
http://shukan.bunsh...
週刊文春(2016.06.08 16:00)より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 東京都の舛添要一知事は6日、一連の公私混同疑惑に関する弁護士2人による「第三者」の調査結果を会見で
公表しました。東京地検特捜部副部長を経験し、「マムシの善三」の異名を取った元鬼検事らが「調査」。6日、
都庁での会見に出席した弁護士は、いずれの支出も「違法ではない」とした上で、宿泊費や飲食費、美術品など
計129件約440万円の支出について「不適切だった」と指摘しました。舛添知事は「粉骨砕身、都庁の運営に
努めたい」と述べ、続投する意向を表明しています。

 産経ニュースでは6月6日の会見について「舛添氏『第三者』調査結果会見」と題し、6本の詳報を掲載
しています。一連の記事は下記からご覧下さい。
2016.6.7 10:38更新 (産経新聞より引用)
http://www.sankei.c...

行政書士田中綜合法務事務所




この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今回は、話題を変えて書こうと思っています。

 25歳の人(おそらく独身の設定)が人間らしい生活をするためには、22万円のお金が必要になってくるそうです。

 どういったデーターで出しているのかわかりませんが、そもそも人間らしいというような抽象的な表現がわかりにくいです。

 どのくらいお金を使うかは、生活態様によって全然違います。

 一人暮らしをしている人と、実家住まいの人ではまず違うでしょう。

 25歳でも結婚している人もいるかもしれません。

 車を持っているかいないかでも全然違います。

 ただ、純粋に金額だけを見ると、25歳でサラリーマンの人を中心に考えると22万以上の手取りをもらっている人は、そんなに多くないでしょう。

 ボーナスも含めると22万以上に行くかもしれませんが。

 それを考えると、今の日本の所得水準は、低い方だと言わざるをえません。

 昔と変わってしまったことは、経営者などの所得が高い人たちが金銭的な分配をしなくなりましたね。

 いわゆるブラック企業と言うのは、そういった背景から来ていますが、いかに安く労働者をこき使うことしか考えてないのです。

 だからこそ、残業代を払わないサービス残業をさせたり金を払っている分をパワハラセクハラをしてストレスを発散したりしているのです。

 こういった事は決して許されることではありません。

 とは言え、今の日本の所得水準では、十分な生活はできないと言うのが本当の所でしょう、儲かっている一部の人間を除いては。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




道労連は3日、25歳の若者が健康で文化的な生活を送るのに必要な額である最低生計費の試算結果を発表した。札幌市内に住む単身者の場合、男性は税引き前で月額22万5002円、女性は同22万249円必要だという。年収換算で約270万円前後。時給で換算すると、1日8時間、週5日休みなく働いた場合で男性1295円、女性1267円が必要としている。

 各地で同様の調査を行う静岡県立大短大部の中沢秀一准教授(社会保障論)が協力。全道の加盟労組の組合員で10〜30代の単身者201人の持ち物や生活費の実態を調査し、必要最低限をみる基礎データとした。

 最低生計費の試算は、若者が多い白石区在住を想定。25平方メートルの1DKアパート(家賃3万4千円)に住み、車は持たず、通勤に地下鉄を利用。家電製品は量販店で最低価格のものをそろえ、食費は男性で約4万円、背広2着(1着約1万6千円)を着回す―などの状況で積み上げた。
http://dd.hokkaido-...
北海道新聞(06/04 06:20)より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 清原元被告が執行猶予判決になりました。

 薬物の場合、売人でもない限り、使用や所持(大量の場合は除く)ではほとんどが執行猶予になり、実刑にはなりません。

 しかし、最近の薬物の判決を見ていると、刑期自体が重くなってきていますね。

 一昔前は、懲役1年6カ月の執行猶予3年が定番的な判決でした。

 執行猶予は付くものの清原元被告は、懲役2年6カ月ですし、他の判決では懲役3年というものまでありました。

 薬物に限らず、他の罪名でも刑は重くなっています。

 とは言え、薬物については、再犯の可能性が非常に高く、裁判が終わって釈放されてからが本当に大変な戦いになります。

 無事に薬物から離れられるといいですね。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




< 2016-06 >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

PAGETOP