静岡県沼津市の建設業専門の行政書士田中綜合法務事務所です。建設業許可、更新、決算変更届はご相談下さい。デリヘル開業など他の行政書士業務もお任せ下さい。

新着情報

トップページ>新着情報


過去の記事

September 2017 の記事です。


<連絡事項>
※「静岡週刊テレビから発行する求人情報誌週刊チャンスに連載で執筆しています。」


警察官の前で覚醒剤に見せかけた白い粉を落とし、業務を妨害したとして、福井区検は28日、偽計業務妨害の罪で福井県越前市、自称広告業の西坂大治氏(31)を略式起訴した。福井簡裁は同日、罰金40万円の略式命令を出した。

 起訴状などによると、8月26日夕、JR福井駅前の交番前の歩道で、覚醒剤に見せかけたグラニュー糖が入ったポリ袋を故意に落として逃走、交番勤務の警察官ら28人に追跡させるなどして正常な業務を妨害したとしている。

 警察官が追跡する様子を撮影した映像が動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されていた。

 動画を撮影したとされる妻(28)も偽計業務妨害の疑いで逮捕、送検されていたが、福井地検は不起訴処分とした。地検は処分理由を明らかにしていない。

http://www.sankei.c...
産経ニュース2017.9.28 22:38より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




<連絡事項>
※「静岡週刊テレビから発行する求人情報誌週刊チャンスに連載で執筆しています。」

静岡週刊テレビから発行しています週刊求人チャンス9月28日号に、ブラック企業対策として、失敗しない企業の選び方で、私の執筆(広告ではありません)した記事が掲載されました。内容は、前回、前々回と同じ内容です

 掲載されたページは、5ページ、44ページ、48ページの三か所です。

 週刊求人チャンスは、東部版が発行していなくて、静岡県東部の人は富士や富士宮まで来ないと手に入りませんが、よかったら見て下さい。

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




<連絡事項>
※「静岡週刊テレビから発行する求人情報誌週刊チャンスに連載で執筆しています。」


 そもそも医療行為が何なのかを定義しないといけないけど、そもそもその定義が無い中で、裁判所が判断するのは、非常に難しいことだと思う。

 おそらく解釈の問題だから、控訴についても検討するだろう。

 一般的には、今回の地裁の判断と同じ考えの人が多いのではないでしょうか。

 人の体に、針を刺したりするのですから、医師免許もない一般人がやっていいという事にはならないと思うし、私も同じ考えです。

 しかし、今後裁判所がどのように判断するかにかかっていますが、そもそもこういった事については、立法府の方で決めるべき事項です。

 こういった立法に穴があった為に、起こるべくして起きた事件ではないかと思います。

 そして、今までこういった事を放置していたが故に起きた事件です。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




<連絡事項>
※「静岡週刊テレビから発行する求人情報誌週刊チャンスに連載で執筆しています。」


 客にタトゥー(入れ墨)を施すのが医療行為に当たるかどうかが争われた医師法違反事件で、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は27日、「医療行為に当たる」との判断を示し、医師法違反に問われた大阪府吹田市の彫り師・増田太輝被告(29)に罰金15万円(求刑・罰金30万円)の有罪判決を言い渡した。

 判決によると、増田被告は2014〜15年、吹田市内のタトゥー施術店で女性客3人にタトゥーを施した。

 増田被告は15年9月、吹田簡裁で罰金30万円の略式命令を受けたが、「医師免許が必要とされるのは納得できない」として正式裁判を求めていた。

 医師法は医師以外が医療行為を行うことを禁じているが、何が「医療行為」に当たるかは明示していない。

http://yomiuri.co.j...
読売オンライン2017年09月27日 14時47分より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




<連絡事項>
※「静岡週刊テレビから発行する求人情報誌週刊チャンスに連載で執筆しています。」


一昔前のやくざ映画やドラマに出てきたような、恐喝の仕方を今時もしているんだね、正直笑ってしまった。

ただ、この露天の人たちは、しっかりしているね。

お金を渡さずに警察に通報して、逮捕させたのだから。

こういった連中に甘い顔する必要はないし、変な事してきたら、どんどん追い込むべき。

みかじめ料なんて時代錯誤もいいところ。

行政書士田中綜合法務事務所

行政書士に相談しよう!!静岡県沼津市の行政書士田中綜合法務事務所
https://ameblo.jp/ta...



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




<連絡事項>
※「静岡週刊テレビから発行する求人情報誌週刊チャンスに連載で執筆しています。」


隅田川花火でみかじめ料要求容疑、組幹部ら逮捕
2017年09月25日 18時38分

隅田川花火大会(東京都台東区、墨田区)で露店の店主らからみかじめ料を脅し取ろうとしたとして、
警視庁浅草署は25日、住吉会系暴力団幹部の徳田豊容疑者(52)(台東区三ノ輪)ら
男3人を恐喝未遂容疑で逮捕した。

捜査関係者によると、3人は隅田川花火大会が行われた7月29日、
台東区花川戸の路上などに露店を出店した少年(19)やインド国籍の男性らに、
「俺はこの辺のボスだ。商売をしたかったら金を出せ」などとすごんで現金を脅し取ろうとした疑い。

YOMIURI ONLINE 2017年09月25日 18時38分 より引用
http://www.yomiuri....

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




<連絡事項>
※「静岡週刊テレビから発行する求人情報誌週刊チャンスに連載で執筆しています。」



 今まで、裁判対応については、原告被告関係なく本人訴訟で対応していたが、行政書士業務がある中で、時間的に、準備書面などの書類を作るのは非常に大変なので、今後は、弁護士に全て任せることにした。

 限られた短い時間の中で、書類を作ると、質が低下してしまい、きちんとした書類ができなくなってしまう為である。

 昔、できる先輩に、自分でやらずにどんどんアウトソーシングすることが、業務の効率化だと教わったが、私の場合、能力もわからない人に、仕事を頼む事自体が嫌で全て自分でやっていた。

 しかし、仕事が増えて行く中で、それは不可能だし、何よりも本来の業務を私の中で、じっくりきちんとやりたいので、これからは、少しずつそういった方向で考えて行こうと思う。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




<連絡事項>
※「静岡週刊テレビから発行する求人情報誌週刊チャンスに連載で執筆しています。」



 当然過ぎる当然の判断。

 今回の事件で、そもそも警察が、最初は逮捕しようとしていた事が驚き。そして、その逮捕を止める事ができた上司が、きちんとした判断をして良かったと思う。

 もし、逮捕して身柄拘束をしたら、後で国賠訴訟が待っていた。

 結局、女性の言い分だけを信じてしまうと、痴漢冤罪などの冤罪の温床になるんだよな。

 自称被害者の主張だけでなく、被疑者の話を聞いたり、証拠を見ない限り、被害者の言っている事が本当かわからない。

 だが未だに、一方の意見だけを聞いて、捜査を進めてしまう刑事がいることに驚く。

 今や性犯罪の事件は、警察もかなり慎重になっている。

 通り魔に遭って、被害に遭うのと、知り合いに被害に遭うのでは、前々違う。後者の場合は、嫌疑が不十分なケースも多い。

 特にモテなかった警察官ほど、女性に対して、いい所を見せようと暴走してしまう。

 そういった意味で、逮捕をストップさせた警察の上司の方の判断は、適切だったと思う。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




ジャーナリストの詩織さん(28)=姓は非公表=から「性犯罪被害を受けた」と指摘された元TBS記者の男性ジャーナリスト(51)に対する東京地検の不起訴処分について、東京第六検察審査会は22日、「(準強姦(じゅんごうかん)事件は)不起訴相当」とする議決を公表した。議決は21日付。詩織さんが5月に審査を申し立てていた。

 議決書は「不起訴記録及び申立人(詩織さん)の提出資料を精査し、慎重に審査したが、不起訴処分の裁定を覆すに足りる理由がない」としている。

 詩織さんは、2015年4月3日に当時TBSの記者だった男性と都内で会食した後、同日深夜から4日早朝にかけて意識のない状態で、望まぬ性交渉をされたと訴えていた。

 審査申立書によると、警視庁は15年4月末に準強姦容疑で詩織さんの告訴状を受理。8月に書類送検したが、東京地検が翌年7月、嫌疑不十分で不起訴処分としていた。(藤原学思)

http://www.asahi.co...
朝日デジタル2017年9月22日20時46分より引用

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 静岡週刊テレビから発行しています週刊求人チャンス9月21日号に、ブラック企業対策として、失敗しない企業の選び方で、私の執筆(広告ではありません)した記事が掲載されました。内容は、前回、前々回と同じ内容です

 掲載されたページは、8ページ、54ページの二か所です。

 週刊求人チャンスは、東部版が発行していなくて、静岡県東部の人は富士や富士宮まで来ないと手に入りませんが、よかったら見て下さい。

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今回の豊田議員のように、問題を起こしたり、中には犯罪を犯したりしても、党を離党したりする人は、多いけど、国会議員を辞める人って少ないんだよな。

 結局は、それ自体が反省していないということだけど・・・。

 要するに、国会議員というステータスを捨てる事ができないんだよね。

 国会議員を辞めれば、仕事が無くなるということもあるけど、国会議員であれば、
先生先生と呼ばれて、いろんな人から頭を下げられて、自分のペースで物事を進める事ができる。年収も高い。

 そんな事を味わったら、20万の雇われの仕事なんてできないですよね。

 警察に逮捕されたり、有罪判決を受けても、国会議員の職にこだわる。

 犯罪を犯した人間は、立候補できないようにした方がいい。
 
 でなければ、国会議員が犯罪者だらけになるし、法律を守れなかった人が、法律を作るなんてもってのほか。

 悪いことした議員も、今回は運が悪かった、これからは、ばれないようにやろうとしか考えてないだろう。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく





元政策秘書に対する「このハゲーっ」などの暴言・暴行疑惑によって自民党を離党した豊田真由子衆院議員(42)が、9月18日に自身の選挙区である埼玉県新座市で支援者向けの会合を開催し、その後に騒動後初の会見を開いた。だが、この会見内容がメディアで批判の的となっており、ネット上でも「謝罪の態度が違うだろー!」などと非難が集中。むしろ逆効果だったのではないかと思えるほどの窮地に立たされている。

■新潮記者に逆ギレ…「反省モード」でも隠し切れない本性?

 会見はいきなり「豊田議員のメイク待ち」で40分遅れとなる波乱のスタート。豊田議員は自身の進退に関して「楽な道であれば議員をやめてしまった方がいいと思いますが、孤独の中で、恥をさらしながら生きていくのが大事と考えた」と議員続行を表明し、10月にも行われる可能性がある次期衆院選についても「選挙に受からなければ議員は続けられない」と事実上の出馬宣言が飛び出した。

 精神不安定を理由に入院している豊田議員はこの日も病院から会場入りし、途中で「耳鳴りが……」と弱々しくうずくまる一幕もあった。

 だが、会見終盤に暴言テープの存在を最初にスクープした『週刊新潮』(新潮社)の女性記者からの質問で表情が一変。「お前の娘が通り魔に強姦されたらどうするんだ」と発言した事実を豊田議員が当初否定していたことを追及された途端、眉を吊り上げてキレ気味の口調で「『(脅迫する)趣旨で申しあげたのではありません』と返したのです」と反論し、それまでの反省モードが吹き飛びそうな状態になった。

 この会見を取り上げた19日放送の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)では、司会の坂上忍(50)が「あれを見たら、みんな、コイツ、これからも変わらねえなと思っちゃう」と辛辣コメント。同日放送の情報番組『ビビット』(TBS系)でも、司会の真矢ミキ(53)が「人格が戻ってきている気がする」と指摘した。

http://dailynewsonl...
2017.09.19 19:19 デイリーニュースオンライン より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




元NMB48須藤凛々花、「アイドルはやっぱ営業」発言に非難殺到
『第6回AKB選抜総選挙』で結婚宣言した元・NMB48の須藤凛々花。『ダウンタウンDX』に出演し、アイドルとしてその行為に踏み
切った理由を激白した。

6月17日に行われた『第9回AKB選抜総選挙』で「結婚宣言」をして物議をかもした元・NMB48の須藤凛々花(20)。
14日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、結婚宣言をした理由を告白。その理由が話題を呼んでいる。

■禁断の恋は2年前から
相手男性とは2年前に母親の誕生日パーティーで知り合ったという須藤。「私が一方的に好きになって。AKBは片思いはOKというこ
とになっていたので、毎日相性占いをしたりして…1年間温めて」と、淡い恋心をもっていたよう。
しかしその後「そのあと連絡先を交換して、いろいろ会ったりドライブしたりして…」と、禁断の恋が育まれていったそう。
MCのダウンタウン・浜田雅功(54)は「その間ずっとファンはお前を応援してたんや!」と熱のあるコメントをした。

■アイドルはやっぱり「営業」
総選挙での結婚宣言について、「ファンのことは考えていなかったんですか?」という質問がされると、「アイドルとしても、自
分の恋も両方諦められなかった」と語る須藤。
さらに「やっぱりアイドルとして選挙に出るのは大事なことなので『投票してください』っていうのも大事な仕事」と語り、アイ
ドルとしてのあり方を述べた。
しかし、その後「(アイドルの仕事は)やっぱ営業じゃないですか」と現実味ある理由を語ると、「言葉悪いなオイ」とツッコミ
が入り、スタジオは笑いに包まれた。

■ファンからは非難殺到
「アイドル=営業」という須藤の発言に、ネット民からは怒りの声が。

やぎちゃん @dai_marika6
アイドルが営業なのわかってるしわかっててイベントとか言ってるけどそれをTVって公の場で公言するのはおかしくねえか?須藤
凛々花さんよお

佳奈(ばきゅ)レスライ余韻 @bakyu_tohru
アイドルを好きな身としてほんとに須藤凛々花が無理…ファンが可哀想すぎる
営業?ほんとに頭おかしいんじゃない?

花梨糖 @karintou_hina
須藤凛々花よくテレビ出れるな(笑)神経図太いなぁ…しかも営業、営業って…ファンがかわいそすぎる…

なると @naruto_5y
わたし自分の推しが卒業したとして須藤凛々花さんみたいに投票呼び込みは結局営業とか暴露されたらほんとにほんとに嫌だな
そう思うのは自由だけど自分が望んでアイドルやってたんでしょ、、、?そーゆうきもちは隠して卒業してほしい
https://netallica.ya...

元NMB48の須藤凜々花 交際の一部始終を明かす 結婚の詳細は「二人で決めました」
 交際のきっかけは2年前、「そもそもは母親の誕生日パーティーで出会って。オカンのパリピみたいな感じ」と説明。「一目ぼ
れして。私が一方的に好きになって。AKBは片思いはOKってことになっていたので、そこからずっと好きで、毎日相性占いし
たり。1年間(思いを)温めて」と乙女チックに過ごしていた。
 
 その後は「出会って1年してから連絡先を交換して、いろいろあったりドライブしたりして。ちょいちょい会ってました」と、
恋人同士に。結婚宣言も合意の上だったという。
 
 ファンのことは「考えてました。アイドルとしても自分の恋も両方諦められなくて、両方頑張ろうって決めた」と釈明したが、
選挙運動に励んでいたことについては「投票してくださいって言うこともアイドルとしては大事な仕事で、やっぱ営業じゃないで
すか」と、身もふたもない物言いをしていた。
 
 結婚宣言後の握手会ではファンに「ビーッチ!」とののしられ、「初めての恋人で1人しかいません」と説明して火に油を注い
でいたという。(抜粋)
a href="https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/14/0010555380.shtml" title="https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/14/0010555380.shtml" target="_blank">https://www.daily.co...
デイリースポーツ(2017.9.14 )より引用

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 録音を聞いたけど、こういったタイプの人って結構、警察官とかに多かったりします。

 本人は、さすがに反省しているだろうけど、人間性は、変わる事がないだろうな。

 ただ、礼儀正しくて、言葉遣いが良くて、人間性も素晴らしい人は、1人の人間としては、素晴らしい人間だろうけど、国会議員として、きちんとした仕事をして、法律を作ったり改正して、国を守れるかと言うと疑問があります。

 人間性も素晴らしければ、なおいいのでしょうが、国会は、利害が対立した戦場のような所で、その中で戦っていくには大変だと思います。

 今回は、豊田議員がばれてしまいましたが、実際は、他の国会議員も同じような人は、多いのではないか・・・。

 しかし、秘書は、同じ目標に一緒に向かっていく仲間なので、その仲間に対して敵になるような事はしてはいけないと思う。

 多くのパワハラ社長などは、敵になるような事をして、復讐されてダメになるパターンが多い。

 敵に対しては、厳しくするが、味方に対しては、守っていくのは、当然の事である。

 多くの人間は、それとは真逆の事をするから、後で潰される。

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




豊田真由子衆院議員(42)(埼玉4区、当選2回)の秘書暴行疑惑で、
埼玉県警が豊田氏に任意で事情聴取をしていたことが関係者への取材で分かった。

県警は元政策秘書の男性からの被害届を受け、傷害容疑などで調べている。

豊田氏は6月発売の週刊新潮で、
車を運転中の男性に後部座席から暴行を加え、暴言を浴びせたなどと報じられた。
男性は、この際に録音していたという音声データや、医師の診断書も県警に提出している。

後援会幹部によると、豊田氏は疑惑発覚後に体調を崩したが、
最近は回復してきており、議員活動を続ける意向という。

豊田氏は2012年に初当選。
文部科学兼内閣府兼復興政務官などを務めた。
6月22日に自民党に離党届を出し、8月に受理された。

以下ソース:YOMIURI ONLINE 2017年09月12日 18時27分より引用
http://www.yomiuri....

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




  静岡週刊テレビから発行しています週刊求人チャンス9月14日号に、ブラック企業対策として、失敗しない企業の選び方で、私の執筆(広告ではありません)した記事が掲載されました。内容は、同じ内容です

 掲載されたページは、14ページ、37ページ、43ページの三か所です。

 週刊求人チャンスは、東部版が発行していなくて、静岡県東部の人は富士や富士宮まで来ないと手に入りませんが、よかったら見て下さい。

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




「豊田真由子」告白に元秘書からの反論 “痴呆症か!”新音声データ公開
https://www.dailyshi...
https://www.dailyshi...

デイリー新潮より引用
メニュー
「豊田真由子」告白に元秘書からの反論 “痴呆症か!”新音声データ公開
政治週刊新潮 2017年9月21日菊咲月増大号掲載
豊田真由子
論よりIC(他の写真を見る)
「週刊新潮」報道から2カ月半あまりの沈黙を破り、月刊『文藝春秋』10月号で騒動について語った豊田真由子代議士(42)。元秘書の証言、そして未公開データから、豊田氏の告白を検証した。
 
「最初から最後まで、要は『私は悪くない、政策秘書にとんでもないミスを連発されてしまった結果だ』という言い訳に終始しています。自分を省みる視点が欠落していると感じました」
 と、件の記事の感想を語るのは、“ハゲ”と罵倒され暴力を振るわれた当の元政策秘書の男性である。
 告白記事での豊田氏の主張は、概ね、“政策秘書はミスを繰り返す男性だった”“当初は我慢していたものの、〈パニック〉(『文藝春秋』より)になって、ついつい罵倒し、殴った”“悪いのは政策秘書だ”ということになる。
 “ミスを繰り返したから”という点についても政策秘書の男性は反論するが、
「百歩譲ってそれが事実だとしても、パニックになって殴る蹴るといった暴行を働くような人が、本当に国会議員を続けて大丈夫なのか、ということになるとも思うのですが……」(同)

 そもそも豊田氏の罵倒の対象となっているのは彼だけではない。編集部が入手している音声データには、豊田氏のこんな発言も収められている。
〈自分はのうのうと何百万もらっといて、松森もすごいねえ!〉
〈痴呆症か! それもそれでジジイとババアで!!〉
 ここに登場する“松森”“ババア”とは、豊田事務所の「新政策秘書」として一時話題になった青森県板柳町議・松森俊逸氏の妻のこと。事務所の公設第一秘書を務め、その夫も秘書として採用されたほど“重用”されている松森秘書に対しても、この罵りようなのだ。政策秘書のミス云々という豊田氏の理屈が成り立ち得ないことはお分かり頂けるだろう。
 
 9月13日発売の「週刊新潮」では、他の“豊田告白”についても検証。新公開の音声と共に、今後も国会議員を続けるという豊田氏について報じる。

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今回のが冤罪だとかどうだとか言う前に、簡単に逮捕できてしまう制度自体がおかしいわけで、任意捜査であれば、私生活にそこまで影響はなかったと思う。

 逮捕ということは、その後の勾留もセットでほとんどの事件で付いてくるわけで、身柄を拘束されて、昔で言うところの牢屋に入るわけ。

 当然、仕事や学校も行けないし、外出や好きな食べ物も食べれない。

 その裏返しとして、仕事はクビになりますよね。
 人生が変わります。

 しかし、日本というのは、起訴する時には、非常に厳しくチェックするのですが、逮捕の時は、そこまでせずに、すぐに逮捕状が出てしまうのです。

 逮捕されるということは、本人がどんなに反対しようが、親が死のうが関係なく強制的に留置場や拘置所に入れてしまう事で、すごい事なんです。

 それなのに、逮捕状を発付する裁判官は、自分が逮捕されるわけでもないから、どんどん逮捕を許可してしまいますよね、警察や検察の言いなりで。

 逮捕する時に厳しくチェックしないことの理由の一つで、嫌疑不十分等での不起訴処分が未だに、それなりの数があるのです。

 本来、捜査は任意捜査が原則で、逮捕は例外的な事なのです。

 刑事訴訟法にも規定されています。
 
 しかし、逮捕を乱発したい警察官と、人権など自分の事ではないからどうでもいいと考えている裁判官が、こうやって冤罪を作り上げて行くのです。

 冤罪が発覚しても逮捕状を出した裁判官は、問題になりませんから。

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




会員制交流サイト(SNS)でコンサートチケットを売るとうそをつき、現金をだまし取ったとして、徳島県警が5月15日に詐欺容疑で逮捕した愛知県豊田市の専門学校生の女性(21)について、県警は11日、誤認逮捕だったと明らかにした。女性は容疑を否認しており、19日間勾留された後、処分保留で釈放されていた。

県警は同日、SNS上で専門学校生に成り済ましていたとして、詐欺容疑で京都市の女子中学生(15)を書類送検した。容疑を認めている。

県警三好署は、専門学校生が昨年8月、ツイッターに「徳島での公演のチケットがあるが、用事があるので譲る」などと書き込んだ上、投稿を見た徳島県内の女子高校生に4万円を口座に振り込ませ、だまし取った疑いがあるとして逮捕した。

捜査関係者によると、投稿されたアカウントなどから県警は逮捕当初、専門学校生が関わっているとしていた。振込口座も専門学校生のものだったが、専門学校生は別の人物とチケット売買の約束をしていたため、入金に疑問を持たなかった。その後の捜査で、何者かが専門学校生に成り済まし、現金をだまし取っていたと判明した。

三好署の幹部は10日、専門学校生の自宅を訪れ、謝罪した。専門学校生は「憤りを感じている。今後、こうしたことのないようにしてほしい」と話したという。

■成り済まし見抜くのは困難

甲南大法科大学院の園田寿教授(刑法)の話 爆破予告をしたとして4人が誤認逮捕されたパソコン遠隔操作事件も起きたように、インターネット上での成り済ましを見抜くのは難しい。会員制交流サイト(SNS)では、むやみに知らない人からの友達申請に応じていると、アカウントが乗っ取られる危険性がある。以前は特殊な技術と知識が必要だったが、今はネット上にハッキングのツールなどの情報があふれ、中学生でも犯罪が容易になっており、リスク社会にいることを自覚すべきだ。

配信2017.9.11 11:24更新
産経WEST より引用
http://www.sankei.c...

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 昨日もお伝えしましたが、まじめに働いている警察官へのイタズラは絶対にやめて下さい。

 今回の事案は、すでに私が警察へ情報提供をして、刑事告発をする直前でした。

 その前に逮捕されてくれて良かったです。

 私も警察問題をたくさんやってきましたが、それとこれとは別です。

 ただ、今回の事件はおそらく起訴までは行かないのではと思います。起訴猶予処分で終わりではないかと思います。

 とはいえ、この夫婦は実名報道もされましたし、顔も出てしまっているので、十分社会的制裁は受けましたよね。

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




警察官の前で覚醒剤に偽装した白色粉末入りのポリ袋を故意に落として逃走し、警察官の業務を妨害したとして、福井県警福井署などは8日、業務妨害の疑いで同県越前市、自称広告業西坂大治容疑者(31)と妻の無職美那容疑者(28)を逮捕した。

逮捕容疑は共謀して8月26日、福井市内で覚醒剤に偽装した白色粉末入りのポリ袋を落として逃走することで、薬物を所持して逃走を図ったと誤信させ、警察官に追跡、職務質問の業務を余儀なくさせ、正常な業務の遂行を妨害した疑い。
https://headlines.ya...
福井新聞より引用
9/8(金) 18:00配信

行政書士田中綜合法務事務所
(週刊チャンスにて連載執筆中)



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 先日、静岡週刊テレビから発行している週刊求人チャンスに掲載された事をお伝えしました。

 週刊求人チャンスの連載は、不定期ですが、10回の連載の予定です。

 私の仕事の合間での執筆なので、毎週というわけにはいきませんが、記事の執筆ができ次第、お送りして、記事にして頂くような形です。

 興味のある方は、見てみて下さい。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 静岡週刊テレビから発行しています週刊求人チャンス9月7日号に、ブラック企業対策として、失敗しない企業の選び方で、私の執筆(広告ではありません)した記事が掲載されました。

 掲載されたページは、7ページ、47ページ、54ページの三か所です。

 週刊求人チャンスは、東部版が発行していなくて、静岡県東部の人は富士や富士宮まで来ないと手に入りませんが、よかったら見て下さい。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今回の不倫について、マスコミがすごかったのは、相手がうそをつくことを想定して、すでに決定的な証拠を持っていたということですね。

 特に、週刊文集はすごいと思います。

 この調子でどんどん、追及して欲しいものです。

 逆に言えば、決定的な証拠がない限り、記事にはできないということなので、取材のクオリティーについては、非常に高いですし、プロなんだなって思います。

 でなければ、名誉棄損で、後で負けてしまいますからね。

 平気でうそを吐くような悪い人間は、一度嘘を吐かせてから、決定的な証拠を突き付けることが、非常に重要なんです。

 こんな事は、刑事裁判なんかでも、あたりまえの方法ですけど・・・。

 警察の取調べについても、確かに暴言等については、厳しく対処していかなければなりませんが、証拠がなければ平気でうそを吐く犯罪者に対して、厳しく追及できるようにした方がいいと思います。

 特にこれからは、取調べの可視化の時代ですから。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




先月発売の「週刊文春」(文芸春秋)で主治医である50代の医師とのW不倫疑惑が報じられ釈明会見を行った女優の斉藤由貴だが、
その医師とみられる男性との“キス写真”を発売中の「フラッシュ」(光文社)が掲載している。

もともと、同誌も「文春」とほぼ同時期に斉藤の不倫疑惑を追及していたが、とても主治医と患者との関係とは思えないような濃厚なキス写真が掲載されている。

撮影されたのは2年前で、2人のどちらかによる自撮り写真であることは明らか。
この年の医師の誕生日は日曜日だったというが、掲載された写真のうち1枚は誕生日祝いのプレートをケーキに立てた写真。
信仰の関係で出演作品でキスシーンを拒否するという斉藤だが、バースデーを祝福するキスだったようだ。

この記事を受け、斉藤の所属事務所はマスコミ各社にファクスを送付。「事務所といたしましては、
今回は2年前の写真が流出したということで認識しておりますが、驚きと共に非常に残念に思っております」としたが、本人に確認したところ、記憶が曖昧であったということから、記事に対しての本人コメントはなし。

現状について斉藤は「深く反省し苦しんでおります」というが、「主人とは『如何なる状況でも、子供たちのために離婚は避けるべき』という観点も含めて話しております」としており、離婚を回避する意向だという。

医師は同誌に対して、「写真はコラージュ」としたが、斉藤の事務所のコメントから推察するに、どう見てもW不倫の“動かぬ証拠”。
家庭と仕事の両方で崖っぷちに追い込まれてしまったようだ。

「一時期は低迷していたものの、今は仕事が好調な斉藤。しかし、今回の件で女優としての株が大暴落。
家庭が落ち着くまではなかなか新規のオファーはなさそうだ」(芸能プロ関係者)

なにはともあれ、写真の流出源が気になるところだ。

http://dailynewsonl...
2017.09.05 12:50 リアルライブ より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




女優の斉藤由貴(50)がWEBサイト「Smart FLASH」で「斉藤由貴と不倫医師 破廉恥キス」などと報じられている件について4日、所属事務所が報道各社にFAXを送り、斉藤が「子供たちのために離婚は避けるべき」と夫と話し合っていることを明かした。

 FAXで事務所側は「斉藤由貴の件で、世間の皆さま、関係各位には何度もお騒がせし、誠に申し訳ございません」と謝罪。「事務所といたしましては、今回は2年前の写真が流出したということで認識しておりますが、驚きと共に非常に残念に思っております」とした。写真の真偽や流出経路などを含めて斉藤に確認したものの、斉藤の記憶は「曖昧」だそうで、本人のコメントは控えるとした。

 その上で斉藤の現在の心境についてFAXで記し、「主人とは『如何なる状況でも、子供たちのために離婚は避けるべき』という観点も含めて話しております。今後は私と共に人生を生きて、私を心配してくださる一人一人に、目を見て謝り、話をしていくつもりです」とした。

 斉藤本人は「深く反省し苦しんでおります」としている。

9/4(月) 21:11配信
https://headlines.ya...
ヤフーヘッドラインニュースより引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 人を殴る事が必要だとか、殴ってもいいだとかを考えている連中って非常にまだ多いです。
 
 彼らは、暴力の事を愛の鞭などと置き換えて、犯罪を正当化します。

 特に、若い世代ではなくて、上の方の世代ですね。

 彼らは、自分が殴られてきたから、相手を殴っていいとか、そんな理由を持ち出して、暴力を正当化しています。

 でも、この事件も有名人だからこそ騒がれたのであって、よくある学校での教師が生徒を殴っても、ほとんどは問題にならずに、終わって行きます。

 じゃあ、悪いことをしているからと言って、やくざの親分や暴力団員でも、しっかりと殴って言うことを聞かせるのか?というと絶対にやらないはずです。

 要するに弱い者だけに、威張って、暴力を振るうのです。

 教育の為の体罰だとかさんざん言っても、結局自分より弱い連中にしかできないのです。

 だから、暴力を正当化しようと考えている連中は、信用できないのです。

 あの戸塚ヨットスクールの戸塚校長でさえ、服役した刑務所で泣き言を言って本まで書いたのですから。自分が今までさんざんやってきた事なのに・・・。

行政書士田中綜合法務事務所

 



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




世界的なジャズトランペット奏者の日野皓正(74)が1日、仕事先の韓国から帰国して羽田空港で報道陣の取材に応じ、先月20日のコンサート中、中学生をビンタした件について、あくまで教育として行ったとした。

 日野氏は、当該の中学生と「1年前から、深い関わりがあった」と、特別な間柄であったことを説明。当日は、ドラムソロを他の生徒と順番に行うはずが、その生徒が静止を振り切って続けたため、「『他にも待ってるだろ?』と言ってもやめないから、『バカヤロー!やめろ!』と」と手を上げたと話した。

 生徒は反省し、終演後は日野氏の楽屋まで謝罪に来たという。日野氏は「俺とあいつは、父親と息子なわけ。他の生徒には絶対に手を上げない」とした上で、「ヤツの心を立て直してやらなきゃという思いがある。だから、これからもやるよ。ビンタもね、アントニオ猪木の方が数段痛いと思うよ」と、愛情を持った教育の一環であることを強調した。

 さらに「音楽や集団行動っていうのは、輪を考えないと。周囲をリスペクトしないと」と持論を展開。結果として、ビンタをしてしまったことについては「行き過ぎたところは分かる。それは謝る」としつつ、「でも、必要な時もあるんだよ。それだけのこと」と一貫して主張は変わらなかった。

 観客の前でビンタしたことで、騒動が大きくなった点には「お客さんの前だろうがどこだろうが、俺はバカヤローと言う。真剣だから。見てる人は分からないから、日野さんひどい、子供がかわいそう、と言うかもしれないけど」と受け流した。今後、生徒がまた同じことをした場合を問われると「手は上げないで、『やっぱりお前は無理だからやめよう』という。音楽は、ハーモニーで会話なんだ。会話ができないヤツは、どいてもらわないといけない」と回答した。

 また、集まった報道陣に対し「あんたたちがこういうことやって、日本の文化をダメにしてるんだよ。だから文化が低迷している」と苦言も展開。「あなたたちは俺をいじめてるけど、本当は彼(中学生)をいじめてるんだよ。俺はお前たちに何を言われようが、真剣に文化と生きてるわけだし、子供たちをどうにかして世界的にしようと思っていろんなことをしている。お前らが騒ぐほど、ヤツは忘れられずに何年も苦しむことになる。それをよく考えて」と語気を強めた。

9/1(金) 19:30配信
https://headlines.ya...
ヤフーヘッドラインニュースより引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 実は、私は、警察24時をみていました(笑)

 サッカーとか野球とか最近は興味無くて、テレビで見たりはしなくなりました。

 でも、おめでたいことなので、よかったと思います。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく





PAGETOP