飲食店のトイレで女性に性的暴行をしたとして、集団強姦(ごうかん)罪に問われた共に千葉大医学部5年、吉元将也(23)、山田兼輔(23)両被告の初公判が31日、千葉地裁(吉村典晃裁判長)で始まった。吉元被告は「(女性と)同意があったと思っている」などと無罪を主張。山田被告は一部行為については否定したが、集団強姦罪の成立は認めた。

 起訴状によると、両被告は昨年9月20日午後10時ごろ〜21日午前0時半ごろ、千葉市中央区の飲食店で、酒に酔って抵抗できない20代女性に性的暴行をしたとされる。

 両被告の初公判に続き、飲食店から出た後に同じ女性を自宅マンションに連れ込んで性的暴行をしたとして準強姦罪に問われた増田峰登被告(23)の初公判も行われる。

 事件では、飲食店でこの女性の体を無理やり触ったとして千葉大付属病院の研修医、藤坂悠司被告(30)も準強制わいせつ罪で起訴されている。【斎藤文太郎】
毎日新聞 1/31(火) 14:04配信より引用
http://headlines.ya...

行政書士田中綜合法務事務所