静岡県沼津市の建設業専門の行政書士田中綜合法務事務所です。建設業許可、更新、決算変更届はご相談下さい。デリヘル開業など他の行政書士業務もお任せ下さい。

新着情報

トップページ>新着情報


過去の記事

October 2017 の記事です。


35歳から54歳の未婚者の約半数が「あえて結婚していない」として、結婚を望んでいないことが分かりました。

明治安田生活福祉研究所が35歳から54歳の男女1万人を対象に行った結婚意識に関する調査によりますと、未婚者の49%が「あえて結婚していない」と答え、「結婚したいができていない」の51%とほぼ同数でした。

「あえて結婚しない」理由としては「元々、結婚を望んでいない」という独身主義が最も多く、「独身は精神的・時間的に自由がきく」が続いています。また、男女とも年齢が高くなるほど「今さら、結婚するような年齢ではない」との回答が多くなっています。

逆に「結婚したいが、現在も独身でいる」理由としては、男性では「家族を養うほどの収入がない」、女性では「希望の条件を満たす異性に巡り会わない」がトップでした。このほか、これまでに経験した結婚のチャンスについて聞いたところ、「0回」と答えた人が男性で57%、女性で42%となり、「3回以上」と答えたのはともに1割ほどでした。

      • 明治安田生活福祉研究所---
2017年 35〜54歳の結婚意識に関する調査(2017年10月27日) より引用
http://www.myilw.co...
http://www.myilw.co...

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 豊田元議員は、逮捕されてないですし、事案から言って、起訴猶予の不起訴処分か、悪くても罰金刑の略式起訴になります。

 刑事事件として厳しい処分になることは考えられないです。

 こういった人は、国会議員でも多くいるし、会社の経営者などでは、たくさんいますよね。

 運悪く録音を取られて、大騒ぎになっただけで、こんなのは議員の中では、氷山の一角の中の一角です。

 これが見ず知らずの人にやれば別ですが、自分の所の秘書である部下にやっただけですから、そのまま不起訴に終わる可能性も高いでしょう。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 自民党を離党し衆院選で落選した豊田真由子元衆院議員(43)から暴行を受けたとして、
秘書だった男性が被害届を出した問題で、埼玉県警は27日、傷害と暴行の疑いで、豊田元議員を書類送検した。

 「週刊新潮」の報道によると、豊田元議員は5月、当時政策秘書だった50代男性が車を運転中に頭や顔を複数回殴った。
「はげ」「死ねば」などと暴言も吐いたとされ、男性が録音したとする車内でのやりとりも掲載された。

 豊田元議員は9月に記者会見し、暴言を認め謝罪した上で、
暴行については「私が大変な乱暴をして大けがをさせたことは決してない」と述べていた。

佐賀新聞 10月27日(金)より引用
http://www.saga-s.c...

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 こういった判決が増えて行けばと思います、しかも高額賠償の判決。

 一昔前、私が若い時は、パワハラを認め損害賠償の命令を出す裁判官は、少なかったです。

 組織で働いている以上、多少の事は仕方がないんじゃないかと考える人が多くなりました。

 しかし、時代は変わってきて、パワハラを認める判決は増えてきました。

 パワハラを違法だと認定しなければ、次から次へと人が辞めてしまい、雇用環境という部分から見てもマイナスです。

 ブラック企業がのさばるだけです。

 今後も厳しい判決を求めます。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




松本市の医療機器販売会社に勤務していた女性4人がパワーハラスメントを受けたと訴えた裁判の控訴審で、東京高等裁判所はパワハラがあったと認めた1審の判決を支持したうえで会社側に慰謝料などを増額して支払うよう命じる判決を言い渡しました。
訴えていたのは松本市にあるフクダ電子長野販売の元従業員の女性4人で、代表取締役の男性からパワハラを受け退職を余儀なくされたとして慰謝料など1700万円の支払いを求めていました。
きょうの控訴審判決で東京高裁は1審の地裁松本支部に続き、パワハラを認めました。
さらに1審では一部が認められなかった退職の強要も認定し、慰謝料の増額や会社都合による退職金など会社側にあわせて660万円余りを支払うよう命じました。

https://headlines.ya...
ヤフーヘッドラインニュース10/18(水) 23:07配信 より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今回の違法な取調べについても、ICレコーダーでの録音に成功したからこそ、勝訴できたのです。

 これが録音されていなければ、警察の方は、「そんな事言っていません」で終わりになってしまいます。そして、裁判で負けます。

 実際、神奈川県警の違法な取調べについて、神奈川県公安委員会は「そういった事実はありません」との回答を出しています。

 警察は必ず隠蔽します。

 警察の取調べに限らずICレコーダーは必須です。

 私もこのICレコーダーで、自分の身を守る事ができた経験があります。

 これからの時代は、必ずICレコーダーを持ち歩いて、いつでも録音できるようにして下さい。

 費用もそんなにしません。2000円くらいから買える物も多いです。詳しくは、アマゾa href="https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo" title="https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo" target="_blank">https://www.amazon.c...でICレコーダーと検索して、好きなのを選んでください。

 まだ、お持ちでない方は、1個は必ずICレコーダーを持つようにして下さい。
 自分の身を守る為です。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




器物損壊事件に絡む大阪府警天満署の取り調べで暴言を受けたとして、同府大阪狭山市の池田広志さん(32)が、府に220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。北川清裁判長は「取り調べは不当な抑圧で違法」と述べ、33万円の支払いを命じた。
 判決などによると、池田さんは2015年10月、車にブロック片をぶつけた疑いで天満署の任意の取り調べを受けた。同11月にも取り調べを受け、ICレコーダーで録音。担当官は「逮捕されんぞ、お前」「なめてんのか」などと大声を出した。
 北川裁判長は11月の取り調べについて、起訴猶予処分が予定され供述調書を作成する必要性が高いとは言えないと指摘。「不当な抑圧によって取調官の望む答えを引き出そうとした」と批判した。
 判決後の記者会見で、池田さんは「公平な捜査が行われるよう改善してほしい」と話した。代理人弁護士は「軽微な在宅の事件でも、少なくとも事後的に取り調べを検証できるシステムとして可視化が必要だ」と述べた。
時事ドットコム(2017/10/12-17:06)より引用
https://www.jiji.com...

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 最高裁判例が出てから、払いすぎた利息を取り返そうとするいわゆる過払い金訴訟が各地で起きたが、この過払い金訴訟も違和感を感じる。

 確かに、消費者金融では、昔は、ひどい取り立てを行っていたりしたのは事実だが、一方的に払いすぎた利息を返還させるのはどうかと感じていた。

 そもそも借りる方ですら、利息がかかることを知りながら借りていて、それが法的な見解が出たら、お世話になったことすら忘れて、過払いだから有無を言わさずに返還請求するのは疑問を感じていた。

 しかも、それを飯のタネにしている弁護士等がうまく利用しているので、タチが悪い。

 結局は、金儲けを考える弁護士にいいように利用されただけだと思う。

 実際、弁護士の方も大手や比較的大きい規模の消費者金融の方が、返還に応じやすいし、過去に借りた人も多いため集団訴訟もしやすいので、喜んで引き受けるが、借りてが少ない小さい消費者金融での過払いについては、めんどくさい為、門前払いにしているのである。

 これは、ただ単に自分たちが儲かる為だけに、過去にお金を借りた人を利用しているだけである。

 そんな弁護士に正義はあるのか?

 過払い金訴訟は、誰がやっても勝てる裁判だから、弁護士の腕は関係ない。

 だから、過払い金をたくさん取り返したからと言って腕のいい弁護士ではない。

 代表の石丸幸人弁護士は、テレビに出演していた時も、えらそうな態度を取っていた事があり、不快に感じていたが、実際、石丸弁護士は、自身が起こされた裁判で負けっぱなしであり、弁護士の能力としては低い。

 今回の懲戒事件を機に、派手な宣伝広告などは、少しは見直されるだろうが、士業でも問題のある人間については、どんどん厳しく処分されるべきである。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




テレビCMでもおなじみの大手法律事務所が、業務停止に陥る事態となった――。

 

東京弁護士会は11日、アディーレ法律事務所を業務停止2カ月、元代表の石丸幸人弁護士を業務停止3カ月の処分にすると発表した。債務整理・過払い金返還請求に関する広告が事実と異なっており、景品表示法に違反し、さらに日弁連の規定にも抵触していると判断されたという。

 

東京弁護士会は今回の処分をめぐり、「極めて悪質な行為」「長期間にわたって多数回反復継続されている組織的な非行」と強い表現で批判しているが、なぜ東京弁護士会はアディーレの行為を業務停止処分にするほど問題視しているのか。

弁護士法人ALG&Associates執行役員・弁護士の山岸純氏に解説してもらった。



■「今だけ無料」は、なぜ問題なのか


 

まず、昨年2月にアディーレが「今だけ無料」というCMを繰り返したことを理由に景品表示法違反(有利誤認)として「措置命令」という行政処分を受けたことは、法律事務所が「消費者被害」を作出してしまった点において、大きな問題であると考えなければなりません。

 

確かに、「実際に『今だけ無料』がずっと続くのであれば、アディーレに相談する人にとっては、無料なわけだからなんの問題もないじゃないか?」という考えもあります。しかしながら、たとえアディーレのサービスが「いつでも無料」であったとしても、一般の消費者にとっては、実は潜在的な“被害”が発生しているのです。

 

まず、アディーレが提供する「債務整理」「過払い金の返還請求訴訟」などのサービスですが、同じようなサービスを提供している法律事務所は多数あります(註:当事務所では取り扱っておりません)。ここで、本来であれば同じ内容のサービスが提供される場合、一般の消費者は「弁護士費用」のほかにも、例えば担当する弁護士の評判や力量・経験や、場合によっては法律事務所の立地などを考えて法律相談に赴きます。

 

ここで、もし「いつでも無料」であるにもかかわらず「今だけ無料」を大々的に宣伝されてしまうと、一般の消費 テレビCMでもおなじみの大手法律事務所が、業務停止に陥る事態となった――。

 

東京弁護士会は11日、アディーレ法律事務所を業務停止2カ月、元代表の石丸幸人弁護士を業務停止3カ月の処分にすると発表した。債務整理・過払い金返還請求に関する広告が事実と異なっており、景品表示法に違反し、さらに日弁連の規定にも抵触していると判断されたという。

 東京弁護士会は今回の処分をめぐり、「極めて悪質な行為」「長期間にわたって多数回反復継続されている組織的な非行」と強い表現で批判しているが、なぜ東京弁護士会はアディーレの行為を業務停止処分にするほど問題視しているのか。

弁護士法人ALG&Associates執行役員・弁護士の山岸純氏に解説してもらった。

「今だけ無料」は、なぜ問題なのか


 まず、昨年2月にアディーレが「今だけ無料」というCMを繰り返したことを理由に景品表示法違反(有利誤認)として「措置命令」という行政処分を受けたことは、法律事務所が「消費者被害」を作出してしまった点において、大きな問題であると考えなければなりません。

 確かに、「実際に『今だけ無料』がずっと続くのであれば、アディーレに相談する人にとっては、無料なわけだからなんの問題もないじゃないか?」という考えもあります。

しかしながら、たとえアディーレのサービスが「いつでも無料」であったとしても、一般の消費者にとっては、実は潜在的な“被害”が発生しているのです。

 まず、アディーレが提供する「債務整理」「過払い金の返還請求訴訟」などのサービスですが、同じようなサービスを提供している法律事務所は多数あります(註:当事務所では取り扱っておりません)。ここで、本来であれば同じ内容のサービスが提供される場合、一般の消費者は「弁護士費用」のほかにも、例えば担当する弁護士の評判や力量・経験や、場合によっては法律事務所の立地などを考えて法律相談に赴きます。

 

ここで、もし「いつでも無料」であるにもかかわらず「今だけ無料」を大々的に宣伝されてしまうと、一般の消費者は弁護士の評判や力量などのほかの弁護士を選ぶ要素を考えずに「今だけ無料なら、せっかくだからアディーレに相談しよう」と考えてしまいます。
以下省略

配信2017.10.12
Business Journal より引用
http://biz-journal....

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく





「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が景品表示法違反(有利誤認表示)の広告をしたとして2カ月の業務停止処分を受けた問題で、東京弁護士会が設けた臨時電話相談窓口への相談が、受け付けを始めた12日から13日までの2日間で、約2千件に上ったことがわかった。

 同弁護士会によると、電話相談窓口(03・6257・1007)は、平日の午前9時〜午後5時に受け付けている。同事務所の依頼者が対象で、弁護士10人態勢で対応しているが、電話が鳴り続けている状態。「アディーレ法律事務所と連絡がとれない」「既に支払った弁護士費用や着手金、預かり金はどうなるのか」など、不安を訴える内容が多いという。

 同事務所は「処分を受け、事務所として受任契約を結んだ顧客には契約終了を伝える書面を順次発送していく」。東京弁護士会は「電話が混み合い、つながりづらい状態が続いている。時間をおいてかけ直してほしい」としている。(岡本玄、長谷文)
.
朝日新聞デジタル10/13(金) 20:16配信 より引用
https://headlines.ya...

行政書士田中綜合法務事務所





この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




東京弁護士会は11日、事実と異なる宣伝を繰り返したとして、過払い金返還訴訟を多く手掛ける弁護士法人「アディーレ法律事務所」を業務停止2カ月、元代表の石丸幸人弁護士(45)を業務停止3カ月の懲戒処分とした。期間中は本店と全国80以上の支店で業務が禁じられる。アディーレ側は処分を不服として日弁連に審査請求する。

 アディーレはウェブサイト上で、約1カ月間ごとの期間を限定して過払い金返還請求の着手金を無料または割引にするなどとするキャンペーンを繰り返していたが、実際には5年近くサービスを続けていた。
https://this.kiji.is...
共同通信(2017/10/11 22:00)より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




息子が詐取した金受け取った疑い

http://www3.nhk.or....
首都圏 NEWS WEB(10月10日 19時23分)より引用

振り込め詐欺で、だまし取った金と知りながら、息子から現金400万円を受け取ったとして、
60歳の母親が逮捕され、警視庁は息子から同様の現金を
1000万円以上受け取っていたとみて調べています。

母親は容疑を一部、否認しているということです。

逮捕されたのは、宮崎市のパート、船田資子容疑者(60)です。
警視庁の調べによりますと、振り込め詐欺で、いずれも70代の京都府の男性と
千葉県の女性からだまし取った金と知りながら、おととし8月、宅配便で自宅に送られてきた
現金400万円を受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反の疑いがもたれています。

これまでの調べで、現金を送ったのは資子容疑者の息子の真史被告(31)で、
およそ12億円の被害が出ている振り込め詐欺グループのリーダーとみられ、
妊娠の示談金名目で金をだまし取ったなどとして、すでに詐欺の疑いで逮捕され、
その後起訴されているということです。

警視庁は、資子容疑者が真史被告から同様の現金を1000万円以上受け取り、
生活費などに充てていたとみて調べています。

警視庁によりますと、調べに対し、資子容疑者は
「金を受け取ったのは間違いないが、どういう金なのかは知らなかった」
などと供述し、容疑を一部、否認しているということです。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 どんなに優秀な営業マンでも、実は、会社の看板で食えていましたとの話と同じで、芸能人やアイドルであれば、事務所の力で食えていたということだったので、辞めてしまえば、手のひらを返したように変わるのは、しょうがないことです。

 古くで言えば、光ゲンジがそうだったと思います。

 事務所を辞めた人間の辿る道でしょう。

 実際、うまくいっている時ほど、自分の力だと過信してしまいますが、実際は、それを支えてくれるたくさんの人がいたことに気づけるかどうかなのです。

 自分の力だけで物事をうまかすすめることなんてそうそうはないです。

 ほとんどが肩書や、会社の看板や、まわりの家族だったり、従業員だったりします。それに気づかない人は、まわりをバカにして、自分がどん底に落ちた時に初めて気づきます。

 人間1人で生きて行くことはできません。
 
 まわりの人の力に気づけるかどうかですね。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




草剛の出演する『1本満足バー』のCMが、10月から新バージョンに変わった。ジャニーズ事務所を退所したあともCMは継続となったようだ。

このほかにも草は、レギュラー出演中の『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)と、『ブラタモリ』(NHK)のナレーターの仕事を、ジャニーズ退所後も継続している。

「ブラタモリのナレーションはジャニーズの圧力に対してタモリが拒否し、すぐに草の継続出演が決まりました。
タモリは草のことを高く評価しており、ジャニーズに屈する理由もないと判断しました。これにはNHK内でも異論は出ませんでした」(NHK関係者)

しかし、ぷっすまとCMに関しては継続しているものの、ジャニーズから“圧力”があったようだ。

■ CMのギャラは10分の1に

「ぷっすまのギャラはこれまでの半分になったといいます。そして、CMは以前の10分の1のギャラを条件に出され、草はそれを了承したといいます。
ジャニーズが圧力をかけて、草を安いギャラで買い叩かせたらしいのです」(スポーツ紙記者)

CMに関しては、クライアントの会社が草を継続して使いたいという旨のコメントも出していた。

「草は非常にイメージのいいタレントです。ジャニーズ事務所の圧力さえなければ、CMに起用したいという会社も多い。
しかし、ジャニーズはそれを逆手に取って『出番を残すからいいだろ』という強硬な姿勢で睨みをきかせて、押さえ込んだのです。

特に今年1〜3月に放送された草の主演ドラマ『嘘の戦争』を制作した関西テレビは、
草について『今後、使う予定は未定』だと明かしています。ジャニーズの圧力が確実に及んでいるためでしょう」(同・記者)

草はこの現状を打破していけるだろうか。

まいじつ 2017年10月7日 17時30分 (2017年10月8日 19時47分 更新)
http://www.excite.c...
exciteニュース2017年10月7日 17時30分 (2017年10月8日 20時27分 更新)より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 もちろん出演強要とかはダメだけど、これだとAV業界全体が委縮してしまったり停滞してしまうんじゃないかな。

 出演強要については、苦情の窓口を別途設けて刑事事件にするかどうかの判断をすればよいのではないかと考えています。

 製作する方も製作する方で、利益を上げて従業員を養ったり家族を養わなければならないし。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




販売から5年経ったアダルトビデオ(AV)の作品について、出演した女優から要請があれば販売や配信の使用を停止にする方向で、業界内で調整がすすんでいることがわかった。早ければ来年1月から販売・配信の作品に適用される見通しだ。

AV業界の外部有識者団体「AV業界改革推進有識者委員会」(代表委員:志田陽子・武蔵野美術大学教授)が10月4日、活動報告会を開いて明らかにした。業界関係者によると、メーカー間では大筋で合意されており、近日中にAVメーカーなど200社以上でつくる業界団体で方針が決まるという。

●総集編制作時の「二次利用料」支払いなどの新ルールも

有識者委員会は、いわゆる出演強要などAV業界をめぐる問題を受けて、今年4月に発足した。AV女優など、出演者の自己決定権などを守ることに重点を置いて、業界の健全化を推進するために提言などをおこなってきた。この日の報告会では、次のような新しいルールの説明があった。

(1)メーカー・プロダクション間、プロダクション・女優間、女優・、メーカー間の共通契約書の作成・使用

(2)プロダクション登録時(契約時)において、女優本人が再検討する期間の明確化

(3)出演料やプロダクションフィーなど金銭面の女優への開示

(4)オムニバス作品(総集編)制作時における出演女優への報酬支払い(二次利用料の発生)

(5)作品使用期間の取り決め(最長5年、以降女優から要請があれば使用停止にする)

(6)通報窓口「ホットライン」の設置

同委員会には、メーカーなどでつくる業界団体「NPO法人知的財産振興協会」(IPPA)のほか、AV出演者の権利団体「一般社団法人表現者ネットワーク」(AVAN)、プロダクションでつくる「日本プロダクション協会」が加盟している。来年1月からの新ルール実施に向けて、業界内の調整をすすめているという。

●新団体「AV人権倫理機構」が発足

同委員会は「IPPAに加盟しているメーカーが制作し、正規の審査団体の厳格な審査を経て認証され製品化された映像」のみを「適正AV」と定義していた。

河合幹雄委員(桐蔭横浜大学教授・副学長)はこの日の報告会で、「(AV出演をめぐるトラブル)相談のかなりの部分がこれまで出演した作品を消してもらえないかというものだった」と説明。「作品販売から最長5年で使用停止」について触れて、最も重要なルールだと位置づけたうえで「かなりの被害・トラブルが減らせると考えている」と話した。

志田代表委員は報告会後、女優が出演をとりやめたときの違約金について、「委員会としては、出演強要になってしまうので、絶対にダメだと考えている。出演を取りやめたときのバラシ代(撮影セットの解体、人員の解散等の費用)のリスクもある程度メーカーが引き受けるべきだと考えている」とコメントし、今後の重要課題とした。

なお、有識者委員会は、発足から半年経った9月末に活動を終了したかたちとなった。10月からは、これまでの4人の委員と新たな有識者メンバーを加えた「AV人権倫理機構」として活動を引き継いで、業界の健全化に向けて活動を続けていくという。

配信2017年10月04日 20時16分
弁護士ドットコムニュースより引用
https://www.bengo4.c...

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 マスコミ掲載実績のページで、掲載された雑誌の表紙を追加でアップしました。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 マスコミに掲載されたページをアップして更新しました。

 もし、興味のある方は見て下さい。

 そのまま記事を見れるようになっています。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




<連絡事項>
※「静岡週刊テレビから発行する求人情報誌週刊チャンスに連載で執筆しています。」
 

 今回は、旦那さんの方だけが略式起訴され、罰金40万の刑事処分になりましたが、こういった真似は絶対にしないようにして下さい。

 もちろん、警察の職務質問のやり方には、いろいろ問題点はありますが、それとこれとは全く別です。

 大々的に報道されたので、これからはこういった事をする人はいないと思いますが、気を付けてもらいたいです。

 警察官の中には、いろんな人がいますが、毎日まじめに働いている人がいるのも事実です。そういった人達をからかう行為は、やめて下さい。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




< 2017-10 >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

PAGETOP