静岡県沼津市の建設業専門の行政書士田中綜合法務事務所です。建設業許可、更新、決算変更届はご相談下さい。デリヘル開業など他の行政書士業務もお任せ下さい。

新着情報

トップページ>新着情報


過去の記事

November 2017 の記事です。


大相撲の横綱日馬富士(33)が幕内貴ノ岩(27)に暴行したとされる問題で、鳥取県警は28日、現場に居合わせた横綱白鵬(32)から福岡市内で事情聴取した。聴取後、白鵬は「知ったものをすべて伝えた。あとは協会と警察にお任せします」と話した。

白鵬はこれまで、一部関係者の「ビール瓶で殴った」などとする証言を否定しており、この日の聴取でも同様の供述をしたとみられる。捜査関係者によると、これまで聴取した力士らの話は大筋で一致しているが、一部食い違いがあるという。県警は細部を詰めるため今後、日馬富士、貴ノ岩への再聴取も検討しているといい、早ければ12月上旬にも日馬富士を傷害容疑で書類送検する方針。

 一方、協会の危機管理委員会(委員長=高野利雄・元名古屋高検検事長)が、理事会のある30日までに調査の中間報告をまとめる意向であることがわかった。当事者である貴ノ岩への聴取が師匠の貴乃花親方(元横綱)の意向で拒否されており、最終報告まで時間がかかる見通しのためだ。

 ある協会理事は、この中間結果をもとに理事会が日馬富士への処分を決めることは可能だとの認識を示している。ただ貴ノ岩のけがの状況などが不明のままで、理事会では慎重に判断することになりそうだ。

 協会の八角理事長(元横綱北勝海)は28日朝、スポーツ庁の鈴木大地長官を訪ね、謝罪と調査の経過報告をした後、「決して暴力はあってはならない」と語り、日馬富士に厳しく臨む姿勢を示した。27日にあった横綱審議委員会は協会に対し、厳しい処分を求めていた。

11/28(火) 20:38配信 朝日新聞より引用
https://headlines.ya...

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 書類送検と聞くと、これで犯罪が確定したかのように理解している人がいますが、マスコミの報道の仕方にも問題があります。

 そもそも刑事事件は、原則としては、全件検察庁に送致しなければならないことになっています。(微罪処分のような例外はあります。)

 だから、犯罪としての嫌疑があろうが、極端な事を言えば、冤罪でも検察庁に書類を送検しないといけないのです。

 なぜなら、警察には、刑事処分を決めるための裁判にするかどうかの起訴決定権がないからです。それができるのは検事だけです。

 しかし、警察段階でも、通常は検事と相談しながら事件を進めて行くので、起訴できそうか、もっと言えば起訴できる事件かどうかわかっていますし、予想はできます。

 そこで、起訴できるような事件については、例外はありますが、原則としては、逮捕の手続きをして、身柄ごと検察庁に送検します。
 
 逆に、不起訴の可能性が高かったり、せいぜい罰金程度の事件の場合は、任意捜査で進めて、書類だけを検察庁に送って、検事に起訴か不起訴かを決めてもらいます。

 つづく

行政書士田中綜合法務事務所

 




この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 大相撲の横綱日馬富士関(33)が10月、幕内貴ノ岩関(27)に暴行した問題で、鳥取県警は12月上旬にも、日馬富士関を傷害容疑で書類送検する方針を固めた

 捜査関係者への取材でわかった。本人を立ち会わせて実況見分も実施する。

 捜査関係者によると、日馬富士関は任意の事情聴取に対して暴行を認めており、逃亡や証拠隠滅の恐れがないことから判断した。

 暴行は、女性店員が接客するラウンジで、10月25日夜に開かれた酒席で起きた。日馬富士関は貴ノ岩関の態度に腹を立てたといい、「平手で十数発殴った。カラオケのリモコンでも殴った」と説明。ビール瓶での殴打は否定しているという。

 県警はすでに、同席していた横綱鶴竜関らからも参考人として経緯を聴取。実況見分は来月初めにも、日馬富士関の立ち会いのもと行う。これまでに判明したラウンジでの席順や暴行状況を再現し、事実関係を確認する。
http://www.yomiuri....
読売online2017年11月23日 06時05分より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 以前から行きたいとは思っていたけど、12月25日月曜日じゃ、仕事が忙し過ぎて、行けないな。

 ライブにでも、時間の空いている時に、行こうかな。

 昔流行った曲も聴きたいな、もちろん、復活してからの曲も聴きたい。

 行政書士田中綜合法務事務所

 



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




正直、ここまで大騒ぎすることのなの?って思っている。

 

特に刑事事件にして、必要以上に警察に捜査させるような問題でもない。

 

こういったスポーツの世界と言うのは、学生時代の体育会系の部活と同じで、上下関係のいじめや体罰が非常に多い。

 

たかだが数年早く生まれただけの奴に、そこまで威張られる筋合いはないはずなんだけど、男の中で、威圧感を取ったりして、自分の存在を肯定しようとするバカは多い。
 
 だから、こういった世界で暴力なりパワハラがあった時は、まずは、刑事事件にして、警察に余計な仕事を作らせるより、どんどんクビにして行けばいいのではないか。

 

もちろん、トップが腐っている所は、無理だけどね。

 

そういった場合は、上から変えて行くことが先決だけど・・・・。



行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




大相撲の横綱・日馬富士が平幕の貴ノ岩をビール瓶で殴ったとされる問題で、警察は被害届を受理し捜査を始めました。

 相撲関係者によりますと、日馬富士は先月26日、巡業先の鳥取市で行われた親睦会で、平幕の貴ノ岩に対し、頭部をビール瓶で殴るなどの暴行を加えたということです。貴ノ岩は頭蓋底骨の骨折などで全治2週間の診断を受け、九州場所を休場しています。



 貴ノ岩の師匠・貴乃花親方は、先月末、鳥取県警に被害届を提出し、受理されたということです。警察は、「事実関係の確認を含め必要な捜査をする」と話していて、相撲界を揺るがす横綱の暴行問題は、刑事事件に発展する可能性が出てきました。
http://news.tbs.co....
TBSNEWS11月14日より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




ジャニーズのファンからも、「このタイミングにこの発表でいいの?」と疑問の声が上がっている。近藤真彦(53)の約2年ぶりに発売するシングル曲の発表会。6日にスポーツ紙の担当記者を集めて行われ、曲のタイトル「軌跡」をジャニー喜多川社長(86)が自らつけたこと、マッチの愛称の由来がマッチ棒であったことと併せて報じられた。

 だが、ジャニーズに対する世間の関心はマッチの新曲などではない。9月に同事務所を辞めた元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の生出演で72時間にわたって放送されたインターネットテレビ局Abema(アベマ)TVの番組「72時間ホンネテレビ」は、延べ視聴数7400万超を記録。

 香取のインスタグラムを見たホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(45)が「時代は変わったんだなー」と感想を語るなど、ジャニーズ事務所が活用していないネットやSNSを駆使して躍動する元SMAPの3人に世間の注目が集まっているからである。

しかしながら、3人のネットテレビ出演についてジャニー喜多川社長の言葉がスポーツ紙に載ることはなかった。では、ジャニー氏はこうした時代の潮流に対し、どのように考えているのか。ジャニーズに近い関係者に質問すると、こう言った。

「ジャニーさんの関心の大部分はご自分のプロデュースのこと。目下、来年1月の公演のことでいっぱいのはずです。それは今にはじまったことではないのですが、ネットの活用とか経営方針にはノータッチ。事務所を去った元メンバーのことを記者の前で語ることはありません。メリー喜多川副社長ももう90歳のご高齢ということもあって一線を退いている。SMAP解散騒動の引き金を引いてバッシングされた後遺症もあるのか、外部の人たちとの接触を絶っているという噂もあります」

■タレントのハングリー精神も低下


 となると、メリー氏の娘で藤島ジュリー景子副社長(51)が年商1000億円ともいわれるジャニーズ帝国のかじ取りをしていることになる。近藤の新曲発表会のタイミングもジュリー副社長の判断だったのかも知れないが、発表会は担当記者だけを集めた旧態依然としたものだった。

事務所がジュリー新体制に移行しているのは間違いないですが、現状として新機軸を打ち出せていない。いま問題になっているタレントの契約問題、報酬の問題もそう。
報酬では、元SMAPチーフマネジャーの飯島さんがメンバーに代わって交渉してドンとアップさせて以降、『払い過ぎ』なんて業界内で言われるほどギャラが高騰している。赤坂に事務所を持つなど、もう十分に儲けたし、売り上げを税金に持っていかれるならタレントに還元しようということなんですが、それが原因でぬるま湯になり、タレントのハングリー精神が乏しい。
『手越祐也はカネで駄目になった』との声もある。それが嵐以外はパッとしない今のジャニーズなんです」(前出の関係者)

 ずうたいだけが大きくなり変化に対応できず滅亡した恐竜を想起させるジャニーズ事務所の現状。このまま「時代が変わった」ことに気が付かないふりを続けるのだろうか。
https://www.nikkan-g...
日刊ゲンダイ2017年11月9日より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 管理職者や部下を持った社員が、悩むのが部下などへの指導だと思います。

 是非、参考にして欲しいと思います。

 あかるい職場応援団
https://no-pawahara....

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




< 2017-11 >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

PAGETOP