静岡県沼津市の刑事告訴告発、質屋の営業許可、デリヘル開業手続き、道路使用許可、道路占用許可、家族信託の専門家、行政書士田中綜合法務事務所です。他の行政書士業務もお任せ下さい。

新着情報

トップページ>新着情報


過去の記事

October 2019 の記事です。



神戸市の小学校で、教師4人が同僚の男性教師に悪質ないじめを繰り返していた問題で、加害教師4人を休職にして給与を差し止める処分が決まりました。

神戸市の東須磨小学校で、同僚の男性教師に悪質ないじめを繰り返していた教師4人は、現在、有給休暇の扱いになっています。

市民からの苦情を受け、神戸市では起訴される恐れのある職員を休職させた上で、給与の支払いも停止できるようにする条例が、30日施行されました。

条例を受け教育委員会は、弁護士など3人でつくる審査会に、4人を休職にするかをはかった上で、31日に臨時の委員会を開き、満場一致で給与を差し止める処分が決まりました。

休職処分による給与の差し止めは、調査後に決まる懲戒処分とは異なるもので、4人は処分に対して不服の申し立てをすることができます。
.
関西テレビ(10/31(木) 12:15配信 )より引用
https://headlines.ya...

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 選挙で落ちたと同時に裁判をしかけてくるとは、露骨過ぎて笑ってしまう。しかも、そういった時にだけ、一生懸命報道しているし、自分達が負けた裁判では、報道しないし。

 マスコミは、やっぱり公平ではないよね。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




NHKは28日、受信料の支払いを求めて、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏を東京地裁に提訴したと発表した。立花氏は参院議員会館の事務所に設置したテレビについて「NHKと契約はするが、受信料は踏み倒す」などと主張。提訴に関しては同日、「訴状の中身を見ないと何とも言えない」と述べた。

立花氏は今年7月の参院選比例代表で初当選。NHKによると、8月に議員会館の事務所にテレビを設置し、自身の名義で地上波と衛星放送の受信契約を結んだ。しかし、8〜9月の受信料計4560円が支払われていないという。

 NHKはこれまでに2回、立花氏に受信料支払いを求める文書を送った。しかし、期日までに支払いがなかったため提訴に踏み切った。

 受信料の不払いは通常、簡易裁判所で争うが、地裁での訴訟を決めた理由についてNHKの松崎和義営業局長は「受信料不払いを公言しており、支払う可能性が極めて低い上、世間の関心が高いため」と説明している。

 立花氏は参院埼玉選挙区補選に立候補して参院議員を失職。27日投開票の補選で落選した。 
https://headlines.ya...
時事通信(10/28(月) 15:17配信 )より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく





天気のポイント ■

・西日本や北海道では行楽日和
・東日本では傘の出番あり
・昼間は秋らしい体感 北日本は夜に冷え込む
.





明日27日(日)の天気 関東など東日本は傘の出番あり


27日(日)9時 予想天気


 明日27日(日)は移動性の高気圧が近づき、西日本では晴れて穏やかな行楽日和になります。

 風の衝突により発生する雨雲や低気圧の影響を受ける東日本では傘の出番がありそうです。
.





明日27日(日)の天気 関東など東日本は傘の出番あり


北海道旭川市の紅葉の様子


西日本や北海道では行楽日和

 移動性の高気圧が近づき、西日本ではスッキリと晴れて穏やかな行楽日和となります。

 北海道は朝に雨がパラつくことがありますが、段々と天気は回復します。

 北海道では市街地でも紅葉が見頃になっていて道北エリアでは既にシーズンの終盤です。

 チャンスを逃さず紅葉狩りを楽しんでください。
https://headlines.ya...
ヤフーヘッドラインニュース(10/26(土) 17:20配信 )より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 下記のリンクの記事を見て欲しい。これを見るといつも通りの警察の被害届や告訴状の不受理の事かと思う。しかし、今回のレイプ事件は、なんと被害者とラブホテルに一緒に入った事件。こういった事件は証拠がない事件であり、状況証拠が大きく判断の材料になる。ラブホテルに一緒に入った事実は、被害者にとって非常に不利な証拠であり、加害者にとって有利な証拠である。警察も言っている通り、この事案で、起訴された事件を私は知らない。構成要件を満たさないのではなく、
犯罪を立証できないのである。結論が決まっているというのは、その通り。不起訴になる。現にその後処罰された事が書かれていないのだから、不起訴でこの事件は終わっているはず。
 
 それと、警察の説明が悪いんだけど、要するに被害者に原因があるというのではなく、合意だと勘違いされてしまう状況を作り出しているのが問題だと言う事。それが未成年とかならわかるけど、成人した大人の女性でそれはない。

 あと、弁護士が付き添ったから被害届を受理したのではなく、ただ単にそこまで説明して不起訴になって加害者を処罰できないと言っても、それでも被害届や告訴をしたいと言ってきたら、警察としては、受理するしかないのである。弁護士と受理の間に因果関係はない。

 ただ、こうやって無理矢理に受理させてもいい事はないと思う。まず、起訴率が昔に比べて大幅に落ちているし、加害者の方も不起訴になれば、同じやり方をすれば逮捕も起訴もされないと学習してしまい、また再犯をしてしまう、現にこれは、民事で争うべき事案である。刑事がダメでも、民事で損害賠償を取れた事件は、私の経験でもたくさんある。

 なので、今回の刑事さんの言っている事は間違っていない。言い方は誤解を招く言い方ではあるが。

{警察官「性被害者にも責任」、門前払いの実態をスクープ 「攻めた」クロ現の意義}
https://news.yahoo.c...
ヤフーヘッドラインニュース(8/5(月) 17:00 )より引用



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 台風19号が静岡県に上陸して北上した10月12日に、日本全国で観測された降水量の合計は8万ミリに達し、1982年以降の気象庁の統計で2番目に多かったことが24日、わかった。

 同庁が全国約1300か所にある観測地点のうち、82年から継続的に観測している965地点について、10月12日の24時間の降水量を調べた。これらを合計すると、8万83ミリで歴代2位になった。

 1位は2004年10月20日で、台風23号が日本を横断し、8万9109・5ミリを記録した。これまでの2位は17年10月22日で、超大型の台風21号が日本に接近、7万5223ミリの雨が降った。

 台風19号は静岡県の伊豆半島に上陸し、関東甲信や東北を中心に記録的な大雨となった。北・東日本の観測地点613か所に限ると、降水量の合計は7万3075ミリで、歴代1位だった。

 同庁は「台風19号は規模が大きく、過去の台風や豪雨災害に比べて、広範囲に大量の雨を降らせた」と分析している。
https://headlines.ya...
10/24(木) 21:32 読売新聞オンラインより引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 マッチングアプリや街コンなどの婚活トラブルはよくあり、相談がきます。知らない人と会う時は要注意です。これらの出会いの方法を完全に否定するわけではないですけど。

 行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




都内の大手企業に勤める山田信彦さん(仮名・32)は最近、恋人と別れたばかり。新たな出会いを求めて婚活アプリを使ったところ、恐ろしい目にあったといいます。

休日、アプリで知り合った相手とデートの約束を取り付けた山田さん。相手はシャンパンを飲みたいと、とあるバーを指定してきたそうです。グルメサイトで見ると、予算は5000円ほど。山田さんの収入なら、相手の分も十分に払える価格帯です。

ところが、実際に店に行ってみると、メニューに載っているシャンパンは1本5万円や10万円もするものばかりでした。

「店とグルだったんでしょうね。『はめられた』と思いました。メニューを見てちょっと考えましたが、『これは無理、帰るわ』と言って、何も頼まず出て来ました」

●気づかないうちに高額請求のパターンも

ネットで検索すると「出会い系」などをきっかけに「ぼったくりバー」の被害にあったという体験談を多く目にすることができます。弁護士ドットコムにも複数の相談が寄せられています。たとえば、次のような内容です。

(1)店前の看板には「ワンドリンク800円」と書いてあったが、メニューの分かりづらいところに高額の料金が書き込まれていた。気づかずに2人合わせて8杯飲んだところ2万円を請求された。

(2)女性が料金も聞かずに何杯も飲み、7万円を請求された。同様の手口で10万8000円を請求されたという相談者も。

いずれも女性側の手持ちがなく、女性のクレジットカードも使えないなどの理由から、男性側が支払っているところに特徴があります。

店と女性が結託して、出会い系にいる男性をカモにしているとしたら、法律で対抗することはできるのでしょうか。ぼったくりの問題にくわしい古川穣史弁護士に聞きました。

●ぼったくり防止条例、立証ハードルが高い

このような相談は最近よくあるので、注意が必要だと思っています。そもそものぼったくりの問題というよりも、女性にお店に連れていかれて、高額な支払いをもとめられるという点が新しい手口ですので、その点について話をします。

女性の方から知り合いや友人が経営しているお店に連れていくということ自体は問題ないでしょう。大事なのは、お店と女性が結託している点であり、具体的には高額な支払いを求め、そのお金の一部が報酬や給料として女性にも支払われていることです。

東京都であればいわゆる「ぼったくり防止条例」が存在していますが、ぼったくり防止条例はいわゆるキャバクラや風俗店を前提にしているので、単なる居酒屋だとその対象外になってしまいます。

女性がそのお店から報酬や給料をもらっているとして、お店の従業員であり、その者が「接待」しているということになれば、ぼったくり防止条例の適用を考えられるとは思います。

その場合ぼったくり防止条例は、実際の金額より安くみせるような料金の表示や、乱暴な方法によって支払いを求めることは禁止しています。

しかし、実際のところ、その女性がお店と結託しており、報酬の支払いがなされているのかどうかの立証は困難です。

●巧妙化する手口、自衛の重要性高まる

さらに、被害に遭った人のネット投稿などで警戒が高まっていることから、最近は巧妙化しており、一軒目は普通のお店に行き、二軒目でぼったくり店に連れていく方法や、何軒かのお店が結託して、毎回同じお店には行かないようにするなどの方法がとられています。

こういうパターンもあるのだと、警戒してもらえればと思っています。

昔からぼったくりの問題はおきていますが、大半は客引きについていった場合や、できて間もないお店などで起きています。もし心配であれば、料金について店側に確認したり、ネットで調べたりしていただきたいと思っています。

警察を呼んでも、単純な居酒屋であれば、民事事件ですので動いてくれないことが多いと思います。弁護士を呼んで代理人として交渉してもらうことも可能ですが、それも費用がかかりますし現実的ではないと思います。

いずれにしても自衛を心がけていただきたいと思っています。
https://headlines.ya...
Yahooヘッドラインニュース弁護士ドットコム(10/6(日) 10:02配信 )より引用



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




NHKから国民を守る党(N国党)に所属していた東京都中央区議の男性を脅迫したとして、警視庁が脅迫容疑で立花孝志党首を書類送検したことが2日、関係者への取材で分かった。書類送検は同日付。

 関係者によると、男性区議は4月にN国党から立候補して当選し、その後、離党した。立花氏は7月上旬に動画投稿サイト「ユーチューブ」に「(男性を)ぶっ壊す」などと発言した動画を投稿し、脅した疑いが持たれている。

 男性が脅されたとして、被害届を提出。立花氏は9月、記者会見を開いて「問題ない」という認識を示す一方、「自分の主張が通らなければ辞める」として、有罪となった場合は議員辞職する考えを示している。

 立花氏は7月の参院選で初当選。元NHK職員で、受信料を支払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」の実現を主張している。
https://www.sankei.c...
産経ニュース(2019.10.2 21:29|社会|事件・疑惑)より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




< 2019-10 >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

PAGETOP