女優の沢尻エリカ容疑者(33)が東京・目黒区の自宅で合成麻薬「MDMA」を所持していた疑いで逮捕された事件で、MDMAは逮捕の前日以前から所持していたことが分かりました。

 沢尻容疑者は16日、目黒区の自宅マンションでMDMA約0.09グラムを所持していた疑いで送検されました。捜査関係者によりますと、沢尻容疑者は15日夜から逮捕当日の朝まで東京・渋谷区のクラブで過ごし、沢尻容疑者が自宅に帰宅した際に警視庁の捜査員が声を掛けて所持品検査をしましたが、違法薬物は持っていなかったということです。その後、自宅の捜索で沢尻容疑者の部屋からMDMAの粉末が見つかったことから、このMDMAは逮捕の前日以前から自宅に置いていたものであることが分かりました。沢尻容疑者は「私のものに間違いありません」と容疑を認めていて、警視庁はMDMAの入手ルートなどについても調べを進めています。
https://headlines.ya...
テレビ朝日系(ANN)最終更新:11/17(日) 11:37

行政書士田中綜合法務事務所