静岡県沼津市の刑事告訴告発、質屋の営業許可、デリヘル開業手続き、道路使用許可、道路占用許可、家族信託の専門家、行政書士田中綜合法務事務所です。他の行政書士業務もお任せ下さい。

新着情報

トップページ>新着情報


過去の記事

January 2020 の記事です。


日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈中に逃亡した事件に絡んで、東京地検は29日、東京都千代田区にある前会長の弁護人だった弘中惇一郎弁護士の事務所に家宅捜索に入った模様だ。
地検は、前会長が海外渡航を禁止した保釈条件を破って無断で不正に出国したとみて入管法違反容疑で捜査している。前会長は保釈中に、弘中弁護士の事務所にあるパソコンを使用しており、地検は任意提出を求めていた。

 ただ、弁護団は、弁護士が業務上委託を受けて保管している他人の秘密に関するものは押収を拒否できるとする刑事訴訟法の規定に基づいて、提出を拒否していた。【遠山和宏、金寿英、志村一也】
https://mainichi.jp/...
毎日新聞2020年1月29日 16時08分より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 受験者の方は、ドキドキしているのかな。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 相撲界にも夢があっていいと思う。横綱だけが勝つ相撲は、おもしろくないもんね、結果がわかっているから。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 幕内で番付が一番下の徳勝龍(木瀬)が結びの一番で大関貴景勝(千賀ノ浦)を破り、14勝1敗で初優勝を決めた。貴景勝を正攻法で寄り切ると、涙ぐんで勝ち名乗りを受けた。表彰式では、恒例の優勝力士インタビューが行われ、率直な語り口でファンを沸かせたり、急逝した近大時代の恩師への思いを涙ながらに振り絞ったりと“笑いあり、涙あり”の内容となった。

取組前に1差で追う正代(時津風)が勝利し、徳勝龍が負ければ優勝決定戦が行われる、という状況で結びの一番を迎えた。正面から大関に立ち向かい組み止める。終始、自分から攻める正攻法で、堂々と寄り切った。

 館内での優勝力士インタビューでは四方に礼をすると、「自分なんかが優勝して、いいんでしょうか」と語ってファンを沸かせた。今場所は上位力士が総崩れとなり、場所中盤から注目された。優勝を意識しなかったか、とする問いには「意識することなく…」と模範解答をしかけたところで「えー、ウソです。めっちゃ意識していました」と本音を明かした。正代との直接対決後にも、取材には「意識していない」と語っていたと触れられると「バリバリ、インタビューの練習をしていました」と応じて、国技館内の笑いを誘った。

 ただ、胸には秘めたものがあった。今場所中の18日に、近大相撲部時代の恩師・伊東勝人監督が急逝した。「恩師の近大の監督の伊東監督が亡くなって」と振り返ると、目頭をおさえながら、「監督が、見てくれてたんじゃなくて、一緒に土俵にいて戦っていてくれたような、そんな気がします」と振り絞った。

 「ずっといい報告がしたいと思って、それだけで頑張れました。本当、弱気になるたんびに、監督の顔を思い浮かべました」と未体験の優勝争いを戦い抜いた徳勝龍。両親に対しても「いつもは照れ臭くて言えないですけど、お父さん、お母さん、生んで、育ててくれてありがとうございます」と率直な思いを口にして、拍手を浴びた。

 徳勝龍の番付は西前頭17枚目で、42人いる幕内力士では一番下のため“幕尻”と呼ばれる。この幕尻力士の優勝は2000年春場所の貴闘力以来、史上2度目。

 09年初場所で初土俵を踏んだ。新入幕は13年名古屋場所。17年九州場所以降は、昨年の夏場所以外は十両での土俵が続いていた。今場所が4場所ぶりの幕内復帰だった。

 33歳5カ月の初優勝は3位の年長記録(年6場所制が定着した1958年以降)。奈良県出身の力士としては1922年の鶴ケ浜以来98年ぶりの優勝となった。徳勝龍は殊勲賞、敢闘賞も受賞した。
https://headlines.ya...
デイリー1/26(日) 17:44より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 あたりまえですけど、自分の確定申告の書類ですけどね。

 毎年この時期になると、確定申告の件で、悪戦苦闘します。毎年少しずつ進めていれば、この時期の負担は少なくなるんだけど、今年は、特にいろんな事があり、後回しにした為に、今日すごく大変でした。

 ほとんど終わったので、一安心しました。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 40億で神と呼ばれるのは、すごいけど、こういうのでいつも言われるのが、そのぐらいの腕があれば、正規の仕事をしていても成功してたんじゃない?ってこと。

 でも、それは違う。

 一般の社会では、法律に触れる事はできないし、うそだってつけない。でも、犯罪は、それらの法律やうそを平気で破って関係なくお金を取る行為だから、ハードルとしては低い。

 結局犯罪者で成功する人は、犯罪を犯さなければ成功できないのであって、いろんなルールがあって、うそをつかずにする一般の仕事では、成功できないんだよな。

 そもそも普通の仕事で成功できる人は、リスクを承知で犯罪をしたりしないから。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




「神」と呼ばれた主犯格の男は「10年間で40億円集めた」と話しています。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、熊本県八代市の南瀬鉄也容疑者(41)ら3人です。3人は去年2月、東京・港区のホテルで50代の女性に「50万円を預ければ毎月10万円の配当を支払ったうえで1年後には元本が返ってくる」と嘘の投資話を持ち掛け、現金50万円をだまし取った疑いが持たれています。取り調べに対して、3人は「お金を集めたのは事実だが、だますつもりはなかった」と容疑を否認しています。南瀬容疑者らは出資者らとSNSで「GOD」というグループを作り、南瀬容疑者は一部から神と呼ばれていました。
https://headlines.ya...
テレ朝ニュース1/23(木) 17:47配信より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




警視庁新宿署は22日までに、男性ホストの自宅で現金約100万円や貴金属を盗んだとして、窃盗と建造物侵入の疑いで住所、職業不詳西川菜々容疑者(25)と新宿区の無職長野芹菜容疑者(22)を逮捕した。逮捕日は21日。

周辺では、昨年11月からホストの自宅で発生した窃盗事件が今回の事件を含めて5件発生しており、そのうち数件で若い2人の女性が、現場の防犯カメラの映像に映り込んでいた。そのことから、同署は3人の美人姉妹が組む怪盗団を描いた漫画家北条司氏の人気作を引き合いに「令和のキャッツ・アイ」と呼んで、その行方を追っていた。映像を分析した結果、映っていたのは西川、長野両容疑者で、幾つかの現場には2人が関与したとみられる証拠も残っていた。事件5件の被害額は約3000万円に上り、新宿署は2人が面識のある歌舞伎町のホストを狙ったとみて調べを進めている。

逮捕容疑は、昨年11月10日午後9時49分から同10時49分までの間に、新宿区北新宿のマンション内の、ホストが住む1室に忍び込み、現金約104万円とネックレス2本ほか2点の貴金属、合計で時価140万円相当を盗んだ疑い。同署によると、2人は貴金属を盗んだことは認めた一方、現金に関しては「盗んでいない」「20万円くらい盗んだ」と一部、容疑を否認していたが、22日夕方の段階で「100万円、盗みました」と自供し、容疑を認めている。

捜査関係者によると、西川容疑者は被害者のホストと1年前にSNSで知り合ったという。そして実際に会うようになり、近しい関係になって受け取った合カギを利用して犯行に及んだという。同容疑者は、ホストに常連客になることをほのめかすような言動を行って近づいたもようだが、事件当時、ホストと客の関係には至っておらず、ホストに金品を貢ぐことなどもしていなかったという。

西川容疑者と長野容疑者は、4年前にホストクラブで客同士として知り合ったといい、取り調べにも「ホストクラブ通いが趣味」と答えているという。逮捕容疑となった以外の窃盗事件の中には、両容疑者とホストが客とホストの関係になっている事案もあるという。ただ、2人はホストに対して恋愛感情などがなかったもようで、捜査関係者は、取材に「人気ホストは金品を持っており、2人は羽振りが良さそうなホストに狙いを付けていたのでは?」と説明。犯行の目的は、ホストに貢いだ金品などの回収ではなく、あくまで金品を盗むことだったとの見方を示した。

また、防犯カメラに映り込んでいた2人は、変装や扮装(ふんそう)をしたり、本家キャッツ・アイが着用するレオタードなどは着ておらず、捜査関係者は「変装や動きやすい格好ではなく、普通の格好でした」と明かした。【村上幸将】
https://headlines.ya...
日刊スポーツ1/22(水) 18:41配信 より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 人質司法や、取調べの問題などが解消されずに、保釈の条件だけ厳しくなるような感じがしている。

 もちろん、保釈をした被告人が逃げないようにするのも大切だけど、日本の司法制度も変えるのも非常に重要。

 取調べの可視化すら、裁判員制度の事件しかされておらず、一般の事件(検察の特捜案件を除く)には可視化は、未だにされていないんだから。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




【ニューヨーク時事】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は14日、各国の人権状況に関する年次報告書を公表し、「日本の『人質』司法制度は容疑者を長期にわたり過酷な状況で拘束し、自白を強要している」と批判した。

HRWのロス代表は同日、ニューヨークの国連本部で記者会見し、保釈中に日本からレバノンに逃亡した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告について「弁護するわけではない」と前置きしつつ、日本では容疑者の取り調べに弁護士が立ち会えず、被告は妻との接見も認められなかったと指摘。「日本の刑事司法制度が容疑者から自白を得るために課した巨大な圧力を物語っている」と述べた。

 また、日本では容疑者の多くが自白を強要されているとして、「司法制度ではなく、自白(強要)制度だ」と非難した。 
https://headlines.ya...
時事通信1/15(水) 9:53より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく





“無罪請負人”の弘中惇一郎弁護士(74)と、“刑事弁護界のレジェンド”高野隆弁護士(63)。彼らのクライアントであるカルロス・ゴーン(65)の海外逃亡は日本の刑事司法を揺るがす大失態であり、さらには両名が責を負うべき事情もあるのだ。

【動画】週刊新潮が直撃していたゴーン被告

 ***
.

 ゴーンの豊富な資金ゆえ、最強の弁護団は形成された。そして、まるでマジックショーの瞬間移動のような日本脱出によって、両者の関係はいとも簡単に終焉を迎えた。司法記者が言う。

「その一因は、昨年12月25日に弘中さんが報道陣の囲み取材で洩らした内容にあると考えています。我々に取材を止めてほしいという話かと思ったら、そうではない。ゴーンを尾行する者がいるとのことで、付きまとう人物を調べた結果、『日本シークレット・サービス』なる警備会社だと判明したというのです」

 なぜそんなことを話すのか、と訝(いぶか)る報道陣を相手に、

「弘中さんは、その業者は日産が雇っていると明かしたうえで、年内に刑事告訴すると明言した。すでにそのための委任状をゴーンからもらったとのことでした。日産が、日産を離れた人間について何百万、何千万の費用をかけて24時間付きまとっているのは、社会的に問題があるという点も訴えたかったのだと思います」

 刑事告訴の概要は――。罪名は、軽犯罪法違反と探偵業法違反。囲み取材の2日後の27日に告訴する。ゴーンに付きまとう車やバイクの名義が日本シークレット・サービスだった……。この話は、報道陣を媒介に、探偵業者や日産、警察、検察へと瞬く間に広まった。
.

経緯を明らかに

 実際、27日、麻布警察署に軽犯罪法違反で告訴状が提出された。この影響で日本シークレット・サービスの仕事は29日には解除。その直後、ゴーンは消えたのである。

 この一連の流れについて法務省関係者が渋面で話す。

「告訴の報に接して慌てた日産の指示か業者の判断かは分かりません。しかし結果的に、弘中弁護士の話が監視排除につながった」

 高野弁護士についても、

「あえて私見と断り、“密出国を全否定することはできない”とブログにゴーン擁護の書き込みをしています。開き直りもいいところ。高野弁護士は英語が堪能ですから、弁護団ではゴーンと話すことが多かった。まさか、会話のなかで解除時期を伝えたりはしていないでしょうが……。仮に逃亡計画を知りながらゴーンの監視排除の手助けをしていたのなら、その弁護士は、出入国管理法違反の幇助に当たるおそれがあります」

 元東京地検特捜部検事の高井康行弁護士もこう語る。

「起きてしまったことには、誠実に対処する義務があります。保釈条件がきちんと履行されていたかどうか、検察と裁判所に示す必要もある。国民に対しても、説明できる範囲で、記者会見などで経緯を明らかにしていかなければいけません」

 結果だけ見れば、彼らがやったことは高額な報酬をもらってゴーンの海外逃亡をお膳立てしたということに尽きる。辞任の意向というが、それでこの問題から逃げられるのであれば、検察も警察も、そして弁護士も要るまい。
https://headlines.ya...
デイリー新潮1/16(木) 6:00配信より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




東京地検の斎藤隆博次席検事は9日の定例記者会見で、前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)が「1日8時間も取り調べを受けた」とした発言は「虚偽」だと反論した。捜査段階の取り調べは1日平均4時間弱だったとしている。

 ゴーン被告の特別背任事件に関する偽証容疑で逮捕状を取った妻キャロル・ナハス容疑者(53)についても、関係者に多額の口止め料を支払っていた疑いがあると、具体的な行動を挙げた。

 斎藤氏によると、身体を拘束された計約130日のうち、取り調べは70日余り行われた。弁護士の接見は日曜日以外ほぼ毎日あり、計120回以上に上ったとしている。
https://headlines.ya...
共同通信1/9(木) 20:19配信 より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




https://www.youtube.com/watch?v=ot5G14GZNyc
テレ東NEWS



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 マスコミの報道だとそのように言われているけど、辞任するしかないよね。まさか、被告人に逃げられるとは思っていなかっただろうし。

 辞任してしまえば、もう関係なくなるから、取材を受ける必要もないし、弁護士としての信用をこれ以上なくなる必要もないしね。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃走した事件で、弁護人の弘中惇一郎弁護士は4日、取材に応じ、弁護団が辞任を検討していることを明らかにした。

【写真】ゴーン被告と妻キャロルさん

 来週、被告との接触を図り、被告の意向を踏まえて時期を決める。弘中弁護士は「いずれ辞任しないとしょうがない」などと語った。

 同日午後に弁護団会議を開催し、従前からゴーン被告を知るレバノンの弁護士を通じ、被告と接触を試みることを決めた。この弁護士とは連絡が取れる状態といい、弘中弁護士は「来週早いうちに(被告と)連絡を取りたい」と話した。弁護団は、被告との接触状況や、8日に行われる見通しの被告の記者会見内容を踏まえ、弁護団として会見を開く予定。 
https://headlines.ya...
時事通信(1/4(土) 19:36配信 )より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 弁護士は、保釈された被告人の監視をずっとする義務なんてないし、積極的に逃亡の手伝いをしたわけじゃないからね。

 ただ、弁護士の社会的信用を落としたのも事実だし、刑事事件では無理だけど、弁護士会が懲戒処分について、どのように判断するからだな。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝・復路)(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 東京国際大は3年連続4度目の箱根路で「初のシード権」をガッチリとつかんだ。往路3位、復路6位、総合5位はいずれも同大学史上最高をマークした。2年連続で10区を務めた主将の内山涼太(4年)がゴールすると、2011年に創部時からチームを率いた大志田秀次監督(57)は「ずっと攻めるレースができた。目標を達成できたのは、本当にうれしい」と喜びをかみ締めた。

 記録ラッシュの裏には“雑草魂”があった。5位スタートの9区・相沢悠斗(4年)が区間3位の1時間9分4秒と力走を見せた。レース後半に国学院大、明大を抜き去り、3位で鶴見中継所へたすきを運び、「区間賞を取って、内山を少しでも楽にしてあげたかったので、個人としては少し悔しいけど、いい位置では渡せた」と振り返った。

 中学時代までは野球部に所属し、外野手だった。3年時に野球部であるにもかかわらず、地区の駅伝大会のメンバーに招集されたことが、競技と出会ったきっかけだ。宮城・聖和学園高時代に本格的に競技始めるも、大学入学前までは、全国大会に一度も出場したことがなく、最高成績は県大会決勝で最下位だった。「もともとこの大学に入れる予定ではなく、ギリギリで声をかけていただいた。4年間をきょうの走りで、少しでも恩返しできたら」。学生最後のレースに感謝の思いを全てぶつけた。

 来年大会は初めてシード校として、箱根路に帰ってくる。相沢は今春卒業するため、次の目標「5位以上」は後輩たちに託す。自身は卒業後も競技を続け、実業団・コニカミノルタに進むことが決まっている。同じ名字で東洋大2区・区間新記録の相沢晃(4年)は卒業後「世界で通用する選手」を目標に掲げる。「実業団では(晃に)少しでも近づいて同じレースで競いたい。マラソンで日本代表になりたいんです」。雑草は、2年時から3度出場した箱根路を糧に、世界にはばたく。
https://headlines.ya...
スポーツ報知1/3(金) 19:42配信 より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今年もよろしくお願い致します。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




< 2020-01 >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

PAGETOP