昔は、こういう公務員への税金泥棒という批判について、ひどいとは思っていましたが、今は違いますね。

 公務員は、給料は比較的高い方ですが、それに見合う仕事はしてないですからね。

 警察の恫喝的な取り調べや告訴告発状の不受理問題から、裁判所は国賠などの身内の公務員や社会的に強い立場のある所に、忖度して勝訴させたりして、ひどいもんですもんね。

 そりゃ人間だから、一生懸命頑張っている公務員には、たくさん給料やボーナスを出してあげてたいと思いますよ、それが人間ですから。

 逆に言えば、公務員のやる気を損なわないように給料の削減をしなかったら、大して仕事をしないわけですから、現実的に公務員の給料ボーナスの削減を考える時が来ているのかもしれません。

 公務員のボーナスの日に官舎の外から「税金泥棒」と何度も叫ぶ人がいるらしいですが、気持ちはわかります。

 公務員の給料削減真剣に考えましょう。

行政書士田中綜合法務事務所