国や地方公共団体の公共工事をやりたい場合は、建設業許可が必要です。

 受ける公共工事の金額が税込500万未満でも必要になってきます。

 基本的に、役所の工事を受ける場合は、まずは、役所に工事の入札参加申請をして受理されなければなりませんが、この段階ですでに建設業許可が必要になってきます。

 この入札参加申請が受理されなければ、役所の入札にも参加できません。

 よって、工事が軽微なものでも、役所の入札に参加する最初の段階で、建設業許可が必要になるのです。

 公共工事を受注したい建設業者の方は、建設業許可を必ず取るようにしておいて下さい。

行政書士田中綜合法務事務所