ペルーへの旅 5日目

5月1日(金)

4:00奥さんの「やめなさい!」と言う寝言で起きる。
本人も起きる。インカの神が何か言わせたのだろうか。
そう、ここは標高2400mに有る世界遺産、
世界でもっとも注目されている古代遺跡、
空中都市、失われた都市とも言われるマチュ・ピチュの麓にある村。
マチュ・ピチュとは年老いた峰と言う意味。
スペイン人にも発見される事無く無傷で残った都市。
400年が経った1911年、ハイラム・ビンガムによって発見される。
俺の、中学からの最大の夢、マチュ・ピチュ!
これからそこに行くのだ!夢は今そこに・・・!

5:00改めて起床。どこも同じ朝食。取りあえずコカ茶。
夜が明けて来た。マチュピチュの朝だ。大きな山がすぐそこにそびえる。

もやが掛かる山々。その下にマチュピチュ村が静かにたたずむ。
人気の無い町を抜けバス停へ。そこにはこれから向かう人で溢れていた。

バスはメルセデス製だ。金色だし、それっぽい。
出発するとあっという間に舗装されていない登山道、
ハイラム・ビンガム・ロードをくねくねと登る。

20〜30分で遺跡の入り口に到着。かなりの込み具合だ。
 
世界遺産だけに、入場には1人124ソル掛かる。
日本円で4000円程だろうか。やけに高い。仕方ない。

細い道を進んで行くと見張り小屋が見えた。そこを抜けると・・・!

遂に出現した!夢にまで見た憧れの遺跡「マチュ・ピチュ」!!!!!

涙が自然と溢れて来た。奥さん。泣いてる・・・。
中学の頃、この景色のポスターを部屋に貼っていた。その景色だ!

標高2400m。マチュ・ピチュ山と、ワイナ・ピチュ山に挟まれ
その遺跡は横たわっていた。麓から見える分けないよ・・・。


インカがスペインに敗れた後立てこもった最後の都市、
ビルカバンバとも言われたが、今では宗教都市、
又は避暑地だったのではとも言われている。
しかし行ってみて分かるのは、なぜここに作る必要が有ったのかと言うこと。
それ以上に、どうやって作ったのか。車輪も鉄も文字も無いのに。
僕らに分かるはずも無いが・・・。

眼下にはアンデネスと言う段々畑が果てしなく続く。
標高差が有り、上と下で気温が5度違うので様々な作物が栽培出来たそうだ。

見た目3割、中7割と、中の構造が素晴らしいらしい。
儀式の岩が有る。近寄る事は出来ない。
向かいにある山を模しているらしいのだが、最初の謎の石だ。

市街地の入り口をくぐり抜けると、町に入ったと言う実感が湧く。
 
この門に、岩をくりぬいたフックが有る。岩の中に岩の柱も。
鉄も無いのにどうくり抜いたのか。

石切り場。作業小屋も有った。何だか「騙されないぞ」って思った。
 
そう簡単に切って運べないだろ、何かあるだろって。
太陽の神殿は、調整中で見られなかった。

墓地跡。思い切って内部に潜り込むと、
子供に「ダメよ」と叱る外国人の声が・・・。

日時計インティワタナ。マチュ・ピチュの一番高い所に有る。

人が多くて写真を撮るのに一苦労。
神聖な場所、神官の館、主神殿。どれも凄い作りだ。
 
岩同士が吸い付く様にぴたりと噛み合わさっている。
また主神殿前には真南を向く石が有る。磁石を合わせると確かに・・・。
 

メイン広場、未完成の神殿、聖なる石、鳥の壁、リャマも居る。
 
 
行っては行けない所に行くと監視員に笛を吹かれる。ピーッ!
石組みの中に有る鳥の壁は、普通に歩いていたら見つからない。

天体観測の石、2階建ての家、コンドルの神殿、一枚岩の階段。


水汲み場、水洗トイレ、王の別荘、まだまだいっぱい。

ご飯を食べるのも忘れ、5時間歩き回る。
とは言えヘロヘロ。救ってくれたのは”梅干し”だった。
こんなに元気になるとは思わなかった!
そう言えば、デジカメに小さな三脚を付けてこの旅にでたのだが、
とても使いやすかった。安定するし使いやすい、取り出しやすい。
水もたくさん取った方が良い。龍角散のど飴もよかった。

所々にこういったフックがある。

何と岩陰にタバコの吸い殻が・・・。最悪だ。

崖っぷちにも住居だろうか・・・。

1m角の巨大な岩の中に柱が掘られている。どう考えてもおかしい。
鉄も無いのに。奥に手を伸ばすとちゃんと向こうで手が繋がる。

これもアンデデネス。ずっと下まで続いている。まだ未発掘もある。

至る所にトカゲが居る。接写してもなかなか逃げない。

散策中に、昨日有った兵庫のカップルに会う。何か嬉しい。
お互いの近況を伝え別れる。
しかし、団体ツアーはやめておいて良かったな。
やはりマイペースでじっくりが一番。
そういえば某外国人には困ったなぁ。
マチュ・ピチュにノースリーブ、短パン、ビーサンだもんね。
それで山も登って行くし。理解が出来ないよ、全く。舐めんなよ!
ってな訳で、おさらいでもう1周して帰る。

村に戻りさすがに疲れたはいたが、明日もまた行くために
124ソルのチケットを買いに文化庁へ。対応が素っ気ない。
そして食事をとyakimamaと言う所に行ったのだが・・・、ボラれた。
アンティクーチョ、ロモサルタード、豚肉のディープフライと、
 

現地の料理ではそれなりのを頼んだのだが。量もやたら多いし。
しかもあまり美味しく無く、腹痛を起こすはめに。

ペルーレイルの汽車です。居ない時は平気でレール上を歩ける。

帰ってすぐ寝るのだが、ここでハプニング。
夜中に停電になる。おい、三ツ星だろ!(自己申告制らしい・・・)
ローソクを持ってくるが、いつもの事って顔。
10:00頃復旧。風呂へ入る。キツい匂いにもなれて来た。
ペルー臭と名付ける。ま、服も毎日大体同じだし。臭い出した・・・。


ペルーへの旅 6日目

5月2日(土)

6:00起床。早起きのクセがつく。だが、昨夜の影響で胃もたれが。
7:00朝食。今日は青空だ!晴れ渡ったマチュ・ピチュに出会えるぞ!

8:00一路マチュ・ピチュへ!

今日は昨日遺跡をじっくり観察したので、インカ道を行こうと決める。
本当は遺跡の向こうにそびえ立つイワナピチュへ登り遺跡を見たかったのだが、
さすがに体力も無く、毎年滑落死する人がいる所へこの体力ではと断念。

またインカ道もいくつか伸びているのだが、
(ちなみに地球2週分有り、4000m越えも有る!)
インティプンクと言う太陽の門が有る方へと向かう。石畳が続く。

多くの外国人と挨拶をした。色んな言葉で。ここでもスペイン人と間違われる。
そう言えば中国人は居ない。何となく分かる・・・。
3つのタンボが有った。タンボとは宿。オリヤンタイタンボもそうだった。
 
インカ道でも巨石は有る。なかなかキツい道のりだが、
ハチドリも居たり、トカゲも居たりして、植生も興味深いから飽きない。
 
下にはハイラム・ビンガム・ロードが見える。
マチュ・ピチュを発見した人の名前がつく道。
この道をくねくね上って、村からマチュ・ピチュまでやって来たのだ。
そう言えば、5泊6日のトレッキングコースも有るらしい。4000m越えの。
10:30頃、およそ1時間半かけてインティプンク・太陽の門に到着。
 
遠くにマチュ・ピチュが見える。感慨深い。

ここから4000mの山を越えてクスコに繋がっているのかと・・・。
しかしここは管理が行き渡っていないので、糞尿臭い。仕方ないか。

ちなみに反対方向に行くとインカ橋と言うのが有る。
丸太で出来ていて、敵が来ると落とすらしい。と言うだけ有って、
断崖絶壁にある道。恐ろしくてこの体力では無理だ。
11:30頃マチュ・ピチュに戻る。
その途中でマチュ・ピチュを撮ったのだが、これもまたインカフェイスなのだ。

上向きの横顔なのだ。これもここに都市を造る原因となったのだろうか。

この時点でまた来る事を誓う。

ワイナ・ピチュに登ること。ワイナ・ピチュの月の神殿に行くこと。

インカ道の反対へ行きインカ橋を渡ること。

マチュ・ピチュ山に登ること。もっと勉強して帰ってくること・・・。

12:30村に戻る。

今度はaikoで食事。チャーハンがとても美味い!最初からここにすれば良かった。
 
胃もたれしつつもやっとまともな食事。
町をウロウロするが買いたい物に出会わず、
また温泉も有ったそうだが、疲れきって入らず、そろそろ辛い。
17:55列車ビスタドームに乗る。
 
今度は岐阜のカップルと知り合いになる。彼らはメキシコ経由。
当時インフルエンザで大変に時期、経由したそうだ。
彼らの後ろで搭乗ストップになったそうで、まそれより、
僕らは大丈夫ですよ!って言うのを強調していた。
それより帰りが心配とも・・・。
ファッションショーもある楽しい列車の旅はあっという間の2時間。
 
19:45クスコに到着。ここでハプニング。
20:00四つ星ホテルピコアガに着いた途端、俺が高山病に・・・。
 
グゥアングァンになってしまい速攻で寝込むのだが、
ゆっくり寝てはいけないらしい。心拍数を落とすのは良く無いと。
22:30風呂に入るが、ヤバい。
効くか分からないがバファリン飲んでとにかく寝る。
全く寝られない。
以前富士山に登った時は大丈夫だったのに・・・。

辛い・・・。