静岡県東部の建築、設計、施工、新築、リフォーム等、住宅関係のお仕事なら、大工が建てる日本の家「SHS(スズキハウスサービス)」
職人の技と心の家づくり  We"ll try our best with all our heart.
大工が建てる日本の家
SHS(スズキハウスサービス)

私が建てた家
私の現場風景
私の仲間
私のひとりごと
私への連絡先

TOPへ戻る




< 2009-06 >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     


過去の記事

June 2009 の記事です。


今年1番の暑さの中、午後イチで土間コン打ちの運び役で多汗をかき、後の均しは左官さん達が時間を見計らい、やるので休んでいると、例のMGオーナーから電話で、Fをまた(いじった)から見に来ないか。とのことで早速出向いた。

半年ぶりに会ったF君はまた一段と魅力的になっていた、何とブレーキディスク、パット、吸気パーツにとどまらずオリジナルシート、ステアリング、インパネモールなど全て本国のイギリスに発注してこちらで取付を完了した今日、電話があったって事みたい?

こちらも現場に戻る都合があるので、約一時間ならとオーナーのドライブのおつき合いをすることにした。

同乗するには、それなりの覚悟で乗り込んだ訳だが、案の定
ブッタマゲタ!

これは車では無い。バイクですよ。
とにかく、コーナーをハイスピードで(数字を書けない)駆け抜けて行く・・・、全くロールしない、まさしく特別なフィーリングを感じました。

私よりだいぶ先輩に当たる彼を駆り立てるこの乗り物って何なんだろう、一日に一度はこうして走りたいと言う彼の笑顔の訳を知りたくなり、帰り道のドライビングをすすめる彼に二つ返事で乗ってしまうと、もう私はもう30才若返っていたと思いますよ。

その快感って別物ですね、新緑の木立の中の直線をオープンのMGが快音を立てて駆け抜ける、・・・・・。


その直線の手前で、何故か前を走るBMW-7が道を譲ってくれたのがちょっと気になるんですか゛、
F君と我々の迫力? もしくは真の車好きのおじさんが我々達をほほえましく見ていてくれたのかなー。

車ってその辺が面白いんだよねー。彼いわくコイツはどんな車よりコーナーは速いって。
久しぶりに集中してドライブしたあと、特注のレザーシートとレザーハンドルの残り香が今も残り、『おじさんの戯言と笑うかな?』
幼い頃憧れたカーライフに一時的にタイムスリップした瞬間だったのかもしれない。

日本の若者よ、真の車に目覚めろ!

世界で日本の車が一番に成っているはづが、一番じゃない訳って、何なんだろーね、そこには金儲けの為のインチキがあったんだろうね。日本車に今無い魅力って第一にデザインだよね、つい最近ゼロクラウンなんて言って売り出したクラウンがもう、全然魅力無いってこと、私が飽きっぽいのか、トヨタが金儲け主義に成らざるをえなかったのか、訳は解らないけど・・・。合理化が人や物の魅力を無くしている現代としか思えないね。そこに気づかないお偉いさんが一掃されない限りメイドインジャパンの未来はまだまだ遠いのかなー。

ちよっと言い過ぎたかなー?。でも物作りをする職人の一人として・・・。 ゴメンネ~、ゴメンネー。









この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




09/06/09: ほぼ完成。

暇潰しに始めた神輿作りがここまで進んだ。でも、これからが大変なんですよ、残る物は手の掛かる細工物ばかりで、いつ頃完全に完成するのか全く未定です。
またいろいろ調べて、じっくり作る事にしました。
さて、こんな嵩張る物、何処にしまおうかな。考えちゃいますよ。


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく