代表高橋です!
沼プロ代表として行ってきましたよ!

『愛プロレス博2008ー絆kizunaー』in Zepp名古屋!
http://www.fantasis...

実況、やらせて頂きました。
まだまだ疲れが残っています・・・。
いや、僕なんかより、僕以外の人達の方がよっぽど疲れたと思う。
凄く頑張っていたもんね。
でもその疲れは、日に日に心地良く、かな。
いや、その日の疲れが一番気持ち良かったのかな・・・。

何にしても、それほどのパワーが注がれた!愛プロ08絆”!
心の底から素晴らしい大会でした!
感動をありがとう!!です。

今回は勉強した!かなりした!
選手に失礼の無いように、プロフィールや色んな事。
週プロも一杯読み返した。
調べた事を全部喋る訳では無いけど、
選手のここまでの道のりを心に刻んでおかないと、
選手の気持ちになって実況できないからさ・・・。

会場に着けば、バックステージにそうそうたるメンツ!
若手から超ベテランまで。みんな緊張している。楽しそうにしている。
そして気合いが入っている!
リングアナのだみあん武田さんは疲れている。

今回は解説にプロレスを知り尽くしているフリーライターの須山浩嗣さん。
これは緊張した・・・。
http://blog.livedoo...
会場はライブハウス『Zepp名古屋』。完璧なライブハウスだ!俺も欲しい!
http://www.zepp.co....

お客さんも続々と!
 


リングアナのだみあん武田さんが会場案内もする。
そして俺・・・。
試合が始まる前、マイクを通して僕はこう言った。
「今日皆さんがリング上で目撃するのは、運命に導かれた絆!」
(ライブハウスだけに音が回らず響きがいい!)
全試合前振り映像有り。これまた超力作!気持ちがぐぐっと入る。

今回のテーマは”絆”だが、戦いの流れは東海地区のレスラー対”外敵”。
毎回様々なテーマで行っている愛プロだが、これは分かりやすい!
そしてお客さんが良い!分かるのよ、雰囲気で。
感動を待っているんだよ、ホント。

(↓先に書いてあるのが東海地区の選手組)

遂に始まった第1試合。
小仲=ペールワン ・笠木俊 × VS  大石真翔 ・旭志織  ○
(7分46秒卍固め)
K-DOJOでは安定した実力を持つスーパータッグに、
怪奇派?レスラーと現役高校生レスラータッグ。の対決。
水と油どころではない2人が、試合を成立させる。絆。

第2試合。
ポイズン澤田JULLY ・ミス蛇ー6号 ○ 
     VS 松永智充・中澤マイケル ×
(7分33秒 ムーン蛇ルトプレス→体固め)
澤田の”蛇界”入りしてしまったミスター6号(小学1年生。マジで)
やはりDDTでは実力派のヌルヌルブラザーズ松永&中澤組。
手玉に取る!どころか、セカンドからのムーン蛇ルトプレスで取られた!
だが取られたマイケルが蛇界から6号を救うと言うドラマが・・・。絆。

第3試合。
小杉研太 ・正岡大介 VS  関本大介・ 岡林裕二
(19分 両軍リングアウト)
熱過ぎる、あまりにも熱すぎる試合。
翌週に初のタッグベルトに挑む小杉・正岡組には、あまりに高い壁。
負けなかった!そして、深まった、親友の、絆。

第4試合。
○ 豹魔 ・マンモス半田  VS 大家健 ・スパーク青木  ×
(13分30秒逆エビ固め)
普通に、普通に考えれば”お笑い”になるはず。
大家を師匠と慕うマンモス、毎日試合をした豹魔と青木。
だが、バチバチのシリアスな試合となった。何かを確かめ合った。絆。

第5試合。
佐藤泰・佐藤力 × VS マサ高梨・HARASHIMA ○
(12分52秒 逆エビ固め)
レスリングの先生を父に持つ力は中学3年生。
高校へ行かずプロレスをやると言う。まさにこれは査定試合。
HARASHIMA、確かめる様に力とロックアップ。
焦らせる事には成功したが見事に潰された。深まる親子の、絆。

第6試合。
高木三四郎・入江茂弘・宮本武士  ×
          VS 根本薫・柴山貴哉・後藤達俊 ○
(15分19秒 バックドロップ→体固め)
これは”でら名古屋プロレス”対”愛知後藤DEP軍”の地元対決!
だが実力差は歴然。高木があえて望んで組んだカード。
いつもと別人の様に潰しに入るDEP軍。プロレスの凄さ怖さを教わった。
そして耐えた、向かって行った,見届けた。絆。

第7試合。
ヒデ久保田・ヤス久保田 ×  VS  TAKAみちのく・ディック東郷 ○
(12分3秒 ダイビングセントーン→片エビ固め)
東海地区最強最悪の双子ヒールタッグ。生まれついての絆。
相手は言わずと知れた闘う伝説。ヒール久保田に大声援が飛ぶ。
いけると思わせる場面も有った。全てを受けた。
だが・・・、大玉砕。涙。絆。

そしてメイン、第8試合。
ウルティモドラゴン・正岡大介・高井憲吾 ○
VS マグニチュード岸和・ミスター雁之助・内田祥一  ×
(20分29秒 でらホフバスター→片エビ固め)
あまりにもドラマが有り過ぎた。
メインに出るはずだった、出なければいけなかったSHIGEUは、
先日の練習中に脳しんとうを起こしドクターストップ。
親友、豊臣太郎に託すも2日前に左膝半月板剥離骨折・・・。
2人の思いを背負って登場したのは正岡大介!
高井と岸和田には知る人ぞ知るドラマが有る。あの日々・・・。
雁之助は今、引退ロードを進んでいる。
そして”X”は名古屋出身のウルティモ・ドラゴン!マジで来たのか!
絡み合う運命。泣き虫コーチが必殺技で決める。SHIGERUが泣いている。
レスラー、観客、スタッフ、全てが絆で繋がった瞬間・・・。

「愛プロレス博2008 絆 〜KIZUNA〜」

本当に素晴らしい大会だった!
これだけのことができるって、人間のパワーは凄いなって思った。
代表の斉藤さん、お疲れです!
選手の皆さんスタッフの皆さんもお疲れです!

打ち上げはスポルティーバにて。
 
大画面テレビと、ホントに店内にリングが有った!
グッタリだったけど、温かいお客さんと、
良い表情を見せる選手達と心地良い時間を過ごした。
ボ〜ッとしていても、何かいい感じ。

始発で名古屋を出る。気持ちのいい朝だった。

また、混ぜて欲しいなぁ〜・・・!


集合写真、愛プロサイトから頂きました!