<%MyGoogleMaps(script,,)%> 沼津アイスホッケークラブ »

沼津アイスホッケークラブ  



< 2019-11 >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 


≪前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次のページ≫




2009/12/26

今日は今シーズンのリーグ戦緒戦です。対戦相手は浜松B。
浜松Bはレベル的には、昨シーズンまではうちのチームとドッコイドッコイな感じだったと思うので、ぜひとも勝ちに行きたい試合です。

18:00富士市の天神屋でスティーブンを回収し、マイクロバスとの合流ポイントである富士インターチェンジに向かいます。
実は、このスティーブンと合流するまでがかなり大変だったんですが、まあ、今回の記事には書きません。
ただ、
まみぞふさん、
あなたには今度昼飯をおごってもらいます。おれとスティーブンにヽ(`皿´)ノ

ギリギリでマイクロバスと合流し、いざ浜松へ。

試合に向け、コンセントレーションを高める選手たち1


試合に向け、コンセントレーションを高める選手たち2



しかし、浜松は遠いです・・・相手は地元で練習しまくりの上、手ぐすね引いて待ち構えているというのに、
こちらはもう移動でヘトヘトです。スティーブンが (。・w・。)unfair と言ってました。

コンセントレーションを・・・約一名ニヤけているのは気のせいです(・ε・)



道中、日本橋のサービスエリアで夕食タイム。比較的年配の方はあっさり系のものを食べていましたが、
スティーブン、タクミといった若手はかなりガッツリと食ってます。さすが、若い( ´,_ゝ`)
ちなみに筆者は「花かつおラーメン」を実食です。結構重い系でしたが、腹減ってたので我慢できませんでした。
しかし、

この花かつおラーメンが、後の試合で筆者を死ぬほど苦しめることになるなんて・・・

20:30試合会場である浜松スポーツセンターに到着。 
結構早めについたのでのんびりと着替えてリンクに向かいます。
この日は沼津クラブにとっては快挙というべきか、総勢10人が集まりました。
沼津クラブのみで2セットできるなんて、非常に珍しいです。

例年だとゴーリー1人、プレイヤー5,6人なんて状態がザラでしたから。

これは、いよいよテンションがあがってきます。

作戦会議1


作戦会議2



21:15練習開始。

我がチームの守護神、山岡さんを相手に軽くパス、シュート練習を開始します。

練習風景



この山岡さんという方、はっきり言って静岡県下では最強のゴールキーパーです。
当チームが格上相手でもそこそこの試合展開になっているのは、この人の力によるところが大きいです。
なぜ、お世辞にも強いとは言えないうちのチームにいてくれるのか・・・不思議です。

なんでだろう・・・

ハッ(-∀-`;) いっぱいシュートが飛んでくるから退屈しないとか???

まあ、とにかくこの人からゴールを割るのは相手にとって至難の業でしょう。

対戦相手浜松Bの練習を見ていると、さすがというべきかきっちり3セット分の人数がいます。
しかも練習を見ていた限りだと、個人はかなり上手いし、なによりフォーメーションが確立されています。

練習不足でフォーメーションもクソもない沼津クラブがどこまでやれるのか・・・

21:20試合開始。

よろしくお願いしまーす ペコリ(o_ _)o))


相手も ペコリ(o_ _)o))


ファイト、オー


フェイスオフ!



1ピリ目

パックの主導権を完全に浜松Bに握られてしまっています。
パスが繋がらず、個人技で突破するのも難しい沼津クラブに対し、浜松Bは確実な連携とパス回しで我がチームを翻弄してきます。
面白いようにポンポンシュートを打たれ、ゴール前を引っ掻き回され・・・

さすがの守護神山岡さんとはいえ、これにはたまらず、早々に2失点を許してしまいました。

試合風景1


試合風景2


試合風景3



しかし、我がチームもずーっとやられているだけではありません。
針の穴を通すような僅かなタイミングを見逃さず、相手ゴールに迫ります。

そんな中、相手ゴール前でチャンスを伺っていた筆者に、絶好のパスがきました。

これはまさしく、1点ゲッツ(σ´∀`)σ のチャンスです。

しかし、パックをトラップしていては秒殺で潰されるのがオチ・・・

ダイレクトにシュートを狙いました。

結果は・・・ゴール左斜め45度の方向にパックは飛んでいきました。゚(ノωヽ*)゚。
スティックにパックが当たった瞬間、ドキっとしたんですがね・・・やっぱ練習不足か(;ω;)

またとないチャンスを逃し一人意気消沈している筆者を他所に、浜松Bの攻勢は続きます。
相変わらず好き勝手にやられていますが、いよいよ体の温まってきた山岡さんの本領発揮もあり、1ピリ目でのこれ以上の失点はありませんでした。

2ピリ目

沼津クラブの皆が氷に馴染んできた事もあり、1ピリ目ほど攻められっ放しでもなくなってきました。
攻守交替が続きます。

そんな中、ヒートアップしたのか??数村さんがペナルティーをとられ、
ペナルティーボックス(通称:タコ部屋)送りになってしまいました。

数村さんinタコ部屋



余談ですが、この数村さんという方は他チームの試合ではよく主審をやってる人です。
そっちが本職といっても良いくらい、よくやってます。

そしてよく他チームの人に「数村さん、ペナルティ取りすぎじゃね??」とか言われてます。
(でもこの人にミスジャッジはありません、同じ審判仲間の人が証言してました)

つまり、普段なら

相手チームの人をタコ部屋送りにするのが仕事

みたいな人なのですが、
この日ばかりは自分がタコ部屋送りになっていました。

そして2分経過、数村さんが戻ってきたと思ったら、今度はコウヘイ君がタコ部屋行き確定です。
相手選手を思いっきりブッ飛ばしていました。

コウヘイ君inタコ部屋



この男、穏やかに見えて実はかなりのファイターです。
試合後の話になりますが、こんなことを言っていました。

(▼皿▼#)キシャシャシャシャ

(▼皿▼#)俺の目の前に立ちはだかる奴は

(▼皿▼#)みんなぶっ潰してやるZE☆





・・・ウソです。

試合風景4


試合風景5



そんなこんなでいろいろありましたが、2ピリ目は無得点、無失点で終了しました。

インターバル



3ピリ目

普段より人数が多いとはいえ、みんなさすがに疲れてきました。
とくに山岡さんの疲労はかなりピークだったと思います。

試合風景6


試合風景7



そして筆者は、あの時食べた「花かつおラーメン」が喉元まで上がってきてます(;゜艸゜)ウオエップ
やっぱり、軽めのチャーハンとかにしとけばよかった・・・後悔先に立たず。

そんな中、新入部員のスティーブンだけはメチャクチャ元気です。
気力・体力だけなら現沼津クラブで一番かもしれません。

自陣で待機中もつねに、

щ(゜д゜щ)COME−ON!

щ(゜д゜щ)CHANGE COME−−ON!!

と絶叫してます。
さすが、本場出身は違うと思いました。

我々も最後まで頑張りましたが、山岡さんの集中力が切れてきたところを突かれ、この回3失点・・・

試合風景8



結果的に5対0でこの試合は負けてしまいました。

ありがとうございましたっ1


ありがとうございましたっ2


勝者へのエールも忘れません。フレッフレッ浜松!



敗因は、やっぱり練習不足だったと思います。
相手はキッチリとパスが繋がっていたのに対し、沼津クラブは無駄なパスが多かったような気がします。

熟練者が続々と抜ける中、新入部員で頭数は埋めていますが、やはりチーム力のダウンは否めません。
まずは部員の頭数を揃え、そこからチーム力を底上げするという作戦が今後必要なのかもしれませんね。

(`皿´)悔しいですっ 楽しかったけどっヽ(´з`)ノ



次戦は2010年1月11日の東芝戦です。
勝ち星を得る数少ないチャンスなので、なんとか頑張りたいです。


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく






2009/12/19

この日は、朝のアイスホッケージュニア練習(8:15から)に参加するつもりでした。
ところが、朝起きて目覚まし時計を見ると、すでに8:00・・・富士宮からじゃ間に合うわけありません。
思いっきり寝坊してしまいました。
(すいません、杉田先生m(。≧Д≦。)m)

そこで、ふとキャプテン山梨さんから連絡のあった、夜の合同練習試合のことを思い出しました。
飛び入り参加できるか山梨さんに問い合わせてみたところ、OKとのこと。
急遽、合同練習試合に参加することにしました。

この日の合同練習試合は、沼津、東芝、王子、ダイナ、三島で17:15〜21:15までリンクを貸しきって
練習をしようというものです。
リンク代を折半するとはいえ、このご時勢に4時間もリンクを貸しきるとは、なんともバブリーな話です。

17:00富士山アリーナ着。

すでに練習参加者と思われる方々が集合していました。
わが沼津クラブの面子を探してみると、斉藤さんがすでに到着し、パンを食べてました。
しばらく待っていると、まみぞふさんと新入部員のスティーヴン、山梨さん夫妻が到着しました。

この日、貸切は17:15からでしたが、最初の1時間30分はホッケーではなく一般滑走に割り振られることになっていました。

斉藤さんは「寒いから・・・」という理由で控え室に篭っていましたが、筆者、スティーヴン、まみぞふさんは一般滑走から参加することにしました。

のんびり一般滑走


新入部員のスティーヴン。ナイスガイです(^◇^)



練習試合とはあまり関係ない話ですが、筆者はバッククロスができません。ホッケーストップもできませんが、
そっちはもう諦めました。まずはバッククロスです。
一般滑走時間というこのチャンスに練習しない手はありません。

スティーヴンとまみぞふさんは談笑しながら普通に滑ってましたが、筆者は

何かにとり憑かれたように

ひたすらバッククロスを練習していました。
でもやっぱ、そうそう簡単にはうまくなりませんね。まみぞふさんは「うまくなったね」と言ってくれましたが、
自分としては以前からまったく進歩がないような気がしています。
でもまあ、ホッケーストップよりは、練習がんばれば出来るようになるような気がするので、今後も練習を続けていこうと思います。

そんな感じで、各自適当にすべりながら一般滑走時間は過ぎていきました。

ほのぼの一般滑走



1時間30分後、一般滑走時間は終了し、いよいよ練習試合の準備が始まりました、みんなプロテクターを装備しリンクにゴールを設置します。
そのころには、コウヘイ君と三島さんも到着していました。

嵐の前の静けさ・・・



時間的余裕があったため、まずは軽く各自フリー練習から開始となりました。
練習とはいえ、生ゴーリーもいることですし、気合が入ります。

フリー練習1


フリー練習2



パス練してるひともいれば、ハンドリングの練習をしてる人もいるし、ゴーリーに向かってシュート練習してる人もいました。
ちなみに筆者は

ここでも、また何かにとり憑かれたように

ゴーリーに向かってシュート練習をしていました。

シュート(゚∀゚)シュート(〃゚д゚〃)シュート(▼皿▼)



なぜかというと、筆者はまだ試合と名のつくもので、ゴールを決めた経験がありません。
最初のうちは「そのうち、まぐれで入ることもあるさぁ」と気楽に構えていましたが、始めて3年以上経つのに
いまだノーゴールというのは、あまりにも洒落にならない状況です。
今シーズン、


1点ゲッツ(σ´∀`)σ


の目標が達成できなかった場合、来シーズン以降もアイスホッケーを続けているかどうか、はっきり言って分かりません。゚(゚ノ∀`゚)゚。
それくらい、今シーズンに賭けています。

フリー練習を30分ほどやった後、いよいよ試合開始の準備が始まりました。
この日のチーム分けは「沼津・ダイナ」vs「三島・王子・東芝」です。(練習試合なので途中でシャッフルしますが)

ちなみに、この日のラインズマンと主審は某大学のアイスホッケー部の女子マネージャー3人が出張して来てくれました。
(しかも、美人揃い!!)
これはもう、漢なら嫌でも気合が入るというものでしょう。

そしてついにフェイスオフ!!

練習試合とはいえ、みんな結構本気です。

試合風景1


試合風景2



筆者もなんとかパックに喰らいつこうとしますが、悲しいかなあっさりと、かわされてしまいます。
そして、一番思い知ったこと・・・それは、

プレーしながら写真を撮るのは非常にシンドイ

ということです。
今回掲載している写真は全部自分で撮りましたが、ただでさえ息も絶え絶えなのに、写真まで撮るとなると
さらに疲れます( ̄ロ ̄ll)
リーグ戦の写真は、何か別の手を考える必要があるかも・・・

試合風景3


試合風景4



相変わらずパックに触れんなーと思っていた時、敵陣地でひょんな事から筆者の手元にパックが滑ってきました。
せっかくのチャンスなのに、パックが手元に来た瞬間、自分の頭の中は真っ白です。
とりあえずゴール前に出せば誰かいるだろうと、確認もしないままパスを出してしまいました。

そして最悪なことに、パス先には敵選手が・・・。゚(ノωヽ*)゚。
せっかくのチャンスを潰してしまいました。

ヤレヤレ・・・と思いながら自陣のベンチに戻ると、いきなりダイナのミヤタクさんにドツカレれました( ・△.)ホゲー
この方にとっては、初心者も玄人も、大人も子供も、男も女も関係ありません。
みんな、等しく怒られます。

でも、ちゃんとアドバイスもしてくれました。

「ミスしてもいいから、手元にパックがあるときは、あせらず周りを見渡してからパスを出せ」と・・・

非常にありがたいアドバイスでした。

右がミヤタクさんです



このミヤタクさんという方は、アイスホッケーに関しては非常に熱い方です。
試合中も、ミヤタクさんの怒声がリンク内に響き渡ります。

(*゚Д゚*) 走れ走れぇ!

(*゚Д゚*) 戻れ戻れぇ!

(*゚Д゚*) そこは当ってくんだよ!!

(*゚Д゚*) チェンジこい オラァ!

(*゚Д゚*) 声がちいせぇぞ クラァ!!

(*゚Д゚*) ゴルァァァァ!

(*゚Д゚*) モルァァァァア!

(*゚Д゚*) $%&”#(&$%#””$&

しかしこのミヤタクさんですが、言動はちょっと怖いものの、根はとても優しくていい人なのです。
筆者もいろいろ怒られましたが、それ以上にタメになるアドバイスを沢山もらいました。

仲良くなれましたヽ(´ー`)ノ



そんなこんなで20分流しの3ピリが終了となりました。

みんな結構ヘロヘロでしたが、時間はまだたっぷり1時間あります。
チームチェンジの後、怒涛の延長戦に突入しました。

後半戦、フェイスオフ!


後半戦風景1


後半戦風景2


後半戦風景3



3セット回しとはいえ、これだけ長時間試合をやっていると、さすがに足がつりそうになってきます。
山梨さんも持病のギックリ腰がやばそうでした。

しかし、前述のミヤタクさんが目を光らせていますので、中途半端なプレーは出来ません。
足が前に出る限り、スティックが前に伸びる限り、全力を尽くします。

後半戦風景4


後半戦風景5



最終的に時間いっぱいまで試合は続きました。

さすがに、みなさん限界間近です



和気藹々ながらも真剣で、非常に楽しい練習試合でした。
でも結局、筆者はこの練習試合でも1点も入れることが出来ませんでした。
でもまだリーグ戦はこれからです。次こそは・・(゚うд´゚)

最後にみんなで集合写真を撮り、この日の練習試合は終了となりました。

いやー、たのしかった(⌒▽⌒)



最後に、練習参加者の皆様、お疲れ様でした。
そして、わざわざ主審とラインズマンに来てくれた女子マネの方々、ありがとうございました。

こういう催し物が沢山あれば、各チームの練習には持って来いですし、チーム間の交流も深まります。
ひいては、静岡県のアイスホッケーを盛り上げることに繋がると思います。
(相変わらず、沼津アイスホッケークラブでは体験・新入部員募集中です!)

これからも、こういったイベント事には積極的に参加していきたいです。



コメント

まみぞふ さんのコメント

あっきー、レポートどうもありがとう。
いつも楽しく読ませていただいておりますよー。
そーねー、楽しかったねぇ、長かったし疲れたけど。
いや、そんなに走ってない(毎回言われる)から、疲れないはずなのに〜。
と、私も、とあるしがない遊園地でスケートの練習しとるよ〜。
なかなかうまくならないね、私の場合、体も固いし。
というわけで、年末年始もバイトがてら、いっちょ練習してまいりまする。
09/12/28 09:15:20 PM

沼津アイスホッケークラブ さんのコメント

読んでくれてる人がいると思うと更新しがいがありますよー(^◇^)

マッサージ屋さんはお休みしてバイトっすか??
ぐりんぱか、ハイランドかな??
頑張ってくださいね、怪我のないように!
09/12/29 06:24:16 PM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく






2009/12/6

※)最初に記載しておきますが、今日はアイスホッケーの記事ではありません。

今日はアマダインラインホッケー大会です。

アイスホッケーじゃないんですが、まあホッケー繋がりということで記事を掲載します。
事実、沼津クラブのうち筆者とイトさんはインラインホッケーチーム「アマダマシニックス」にも
在籍していますし、大会に参加してくれた面子の中には東芝機械アイスホッケー部の方も2名いらっしゃいます。

アイスホッケーとインラインホッケー・・・具体的に何が違うかというと、

 ・アイスホッケーは氷の上、インラインホッケーはアスファルトの上
 ・アイスホッケーはアイススケート靴、インラインホッケーはインラインスケート靴
 ・ストップの仕方が根本的に違う

くらいですかね。
何かが何かに置き換わるだけで、基本的に同じようなスポーツです。
(海外では、シーズンオフにアイスホッケー選手がインラインスケートを履いて陸トレしてるなんてのは有名な話です)
愛用のインラインスケート


ぼろぼろです


まだまだ使えます



どっちのほうが楽しいかと聞かれると・・・どっちも楽しいです(^◇^)


午前10:00 株式会社アマダに到着。
大会はこの会社の敷地内にあるホッケーコートで行われます。

もう、アマダの守衛さんとも顔見知りです。軽く挨拶してホッケーコートへ向かいます。

すると、かなりの台数の車が集まっていました。みんな、ホッケー大会の参加者です。
大会は、下記のようなチーム分けとなりました。

 エントリーNo.1 アマダA(アマダの中でもうまい人が集められました)
 エントリーNo.2 アマダB(筆者はここに配属されました)
 エントリーNo.3 エンリッチA(わざわざ島田から遠征してくれたチームです)
 エントリーNo.4 エンリッチB(同上)
 エントリーNo.5 ヘベウデス(インラインマスターのセグラさんが率いるチームです)
 エントリーNo.6 青柳家(東芝機械アイスホッケーチームのエース、青柳さんが率いるチームです)

パック使用、1ピリ8分の全チーム総当りのリーグ戦形式です。
そして、大会開始!

この日、天気はよかったのですが、前日の大雨のせいで路面が乾ききっておらず、ヌルヌルの状態でスタートとなりました。
路面との摩擦が生命線のインラインで、路面ヌルヌルはヤヴァいです。

うまい人でもコロコロとスッ転んでいました。

でもやっぱ、アイスホッケーがうまい人はインラインもうまいです。つくづく、似たスポーツだと感じました。
アイスで下手くそな筆者は、当然インラインも下手くそです。゚(ノωヽ*)゚。

試合の結果はといえば・・・

(1)アマダBvsアマダA
 何というか、大会主催者の独断でうまい人をみんなアマダAに割り振ったくせに、まったく手加減してくれません。
 ボコボコにやられました。゚(゚ノ∀`゚)゚。

試合風景1


試合風景2



(2)アマダBvsエンリッチA
 五分・・・とは言わないまでも、そこそこの試合になったような気がします。負けたけど(゚д゚)

試合風景3



(3)アマダBvsエンリッチB
 あまりエンリッチの方々の顔ぶれが変わっていないような・・・やっぱり負けました 
グスン p(´⌒`。

試合風景4



(4)アマダBvsヘベウデス
 セグラさんの独壇場です。あの人、何とかしてくださいヽ(`皿´)ノ

まったく手加減なしのセグラさん


(5)アマダBvs青柳家
 東芝機械アイスホッケー部のエース二人の猛攻でフルボッコでした。でも、奇跡的に引き分けでした\(^o^)/

試合風景5


 
一通り、アマダBの試合が終わったところで昼食となりました。

午後、残りの試合をやっていたところ、新たにインラインチーム「吉原バナナーズ」の方々が3人到着しました。

大会は終わりに近づいていましたが、せっかく来てくれたのにタダで返すわけにはいきません。
急遽、バナナーズvs全チームの総当たり戦が開始されました。

バナナ戦1


バナナ戦2


バナナ戦3


ホッケーというものは、アイスでもインラインでも非常に疲れるスポーツです。プロのアイス選手でも、連続で
試合に出ていられるのは1分が限界といわれています。

そんな中、バナナーズの方々の総当たり戦が始まったわけですが、最初は元気満点だったバナナの方々もさすがに3試合目でダウンしていました。

限界間近のバナナの方々



バナナダウン後は、テキトーに全チーム入り乱れての練習試合が始まりました。
アイスと違って、リンク(コート)の使用時間に限りがないので、やりたいだけやっていられるのもインラインの良いところです。

一通りみんなが満足したところで、大会は終了となりました。

スコアボードつけてましたが、最後の方はグチャグチャだったのであまり意味がなかったかもしれません(艸ε≦*)

そして夜は忘年会。
宴会風景1


宴会風景2



ホッケー談義に沸きながらアマダインラインホッケー大会は終了となりました。

アイスホッケーもインラインホッケーも、昨今では(得に静岡では)盛況とは言えないスポーツです。
こういうイベントを通して、アイスとインラインの間で交流を深め、共にホッケー会を盛り上げていきたいものです。



コメント

セグラ兄 さんのコメント

セグラです〜このHPの管理人はあきもとさんだった!それにいつの間にアマダ大会の写真をたくさん撮っていた。。。自分もデジ一眼持っていたですがスケートを履いたらスッカリ忘れた^^;
09/12/27 12:31:10 AM

沼津アイスホッケークラブ さんのコメント

秋本です( ´,_ゝ`)

足跡ありがとうございます(^ロ^)
最近、HP管理人を前任者から引き継がせてもらったんですよー。
インラインの記事もたまにアップしてくんで、乞うご期待。゚(゚^∀^゚)゚。
09/12/27 12:14:13 PM

この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく






2009/12/5

先ほど沼津クラブシニアの練習があったばかりですが、この日はすぐ後に沼津ジュニアの練習もありました。
アイスホッケーのダブルヘッダーはさすがにキツイですが、例のプロジェクトの件もありますし、
筆者を含め、数村さん、コウヘイ君、まみぞふさんが参加することになりました。

子供以上にはしゃぐ、まみぞふさんの図


起きろー(゚∀゚ノ)ノ



ただ、この日は沼津スケートクラブの全体練習日ですので、ホッケーでは1/3面しか使うことは出来ません。
まあ、ホッケー少年(少女)の人数自体が少ないので、これだけの広さがあれば十分なんですが(⌒▽⌒)

がんばるぞー



残り2/3面ではフィギュアの子供たちや、スケートを始めたばかりの子供たちが練習していました。
その中には、将来的にホッケーの方に入ってくれそうな子供たちも大勢いるので、彼らすべてが沼津クラブジュニアおよび沼津クラブシニアにとって貴重な人材であることは間違いありません( ´,_ゝ`)

そして、練習開始。

プロジェクト通り、数村さんとコウヘイ君はコーチです。
そして、筆者とまみぞふさんは教えてもらう側です( ̄ロ ̄ノ)ノ
(ジュニアより下手ですいません)

いつも通りのダルダルな雰囲気の中、ダッシュ&ストップやパス練習が始まりました。

練習風景1


練習風景2


練習風景3



さっきまで練習していた筆者とまみぞふさんは十分体が温まっているので、子供たちより元気です。
しかし悲しいかな、技術不足は補いようが無く、子供たちに良いところを見せることは出来ません。゚(ノωヽ*)゚。

でも数村さんとコウヘイ君はさすがというべきか、ナイスコーチっぷりでした。
筆者もいつかあんな風に教える側に回りたいです。

ナイスコーチの数村さん


ナイスコーチのコウヘイ君


数村さんのレクチャー



しばらく基礎練習が続いていましたが、ここで筆者は突然の猛烈な腹痛に襲われ、泣く泣くリンクを降りることにしました。
その後、一度脱いだプロテクターを再び着けるのも面倒だったので、ブログ用の取材に回ろうかと思い、
スケート靴だけ履いて、カメラ片手にリンクに戻りました。

早々、コウヘイ君から


お前、なにしとんじゃぁ(*゚д゚*)


という顔をされましたが、まあ仕方ないでしょう。

フィギュア組やスケート初心者組の練習をボケーっと見て回っていましたが、うまい子はやはりうまいですね。
この中から未来のスター選手が発掘されるのだろうか・・・出来ればホッケーに入ってほしいけど(。・w・。)

スケート教室は大勢いますo(^-^o)


中にはホッケー靴を履いている子も(σ´∀`)σホッケーゲッツ


華麗にジャーンプ(。^m^。)



そのまま、適当に写真をパチパチ撮りながら練習終了となりました。
自分としては、いささか消化不良な感じでしたが、みんな楽しそうでよかったです。

ちなみに来週から、初心者スケート教室からホッケーへ入ってくる子供が少しいるみたいです。

来週の練習が楽しみです。



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく






2009/12/5

今日は、久々の沼津クラブシニアの練習日です。
財政難の沼津クラブにとっては貴重な練習ですので、否が応でも気合が入るというものです。
富士見カップ、県スポと参加率の悪い状況が続いていますので、今期のリーグ戦に向け、少しでも連携を深めておきたいところです。

ただ、心配な点もあります。今までの経験から、沼津クラブ員は練習への参加率が極めて低いということです(―_―)
以前など、参加人数4人でリンク一面を1時間30分貸し切った事があります。
フィギュアでもそんな贅沢な使い方しませんよね(´-∀-`;)

そんな心配を胸に、富士山アリーナ着。
開始15分前の到着です。気になる集合状況を見てみると・・・

この有様

ガラーン・・・



なんということでしょう、集まっているのはビジターの方二人のみ、クラブ員は筆者だけです。
まさか・・・また、あの4人でリンク一面の悪夢が蘇るのか!?

ですが心配は杞憂に終わりました。

その後、川村さん、コウヘイ君、数村さん、イトさん、斉藤さんが到着し、ビジターで東芝さんから1名、王子さんから2名の参加があったからです。
総数11名!なかなかの集合状況です。キャプテン山梨さんの事前の仕込が良かったんだと思います。
やっぱり、練習はこれくらいいないと面白くありませんしね。(キャプテン当人が来ていなかったのは誤算ですが)

その後、リンクにゴールを設置し練習開始となりました。

準備準備



まずは基礎のパス練習です。どんなスポーツでもパスは非常に重要です。どんなに足の早い選手でも、絶対にパスの
スピードには敵いませんからね。

自然とパス練相手が決まっていく中・・・自分の相手はなんと

数村さん

でした。
この方は前述のとおり沼津クラブの監督でもある人です。
ちょっと、加減を知らないところがありますので緊張します。

そして・・・思ったとおり、手加減なしの電光のようなパスが飛んできます。
どれだけスティックをカッピングしようと、手に力を入れようと、パックはあらぬ方向へ弾かれていきます。
ちょ・・・(゚ω゚;) 少しは手加減してください、スティックの前に俺の手首が折れる゚(゚ノω`゚)゚。

10分ほどパス練したあと、1:0の練習、2:0の練習と基礎練習が20分ほど続きました。
この辺はまあ、普通にできたと思います。

その後、1時間のマッチを行うことになりました。
基礎はもちろん重要ですが、アイスホッケーの醍醐味は、やはりマッチです。
(沼津クラブの面子だけではマッチなど到底出来ないので、ビジターの方々にはただ感謝するばかりです)

黒ジャージ組と色付きジャージ組に分かれていざ開始!

練習風景1


練習風景2


練習風景3


練習風景4


練習風景5



やっぱ、みんな巧いです。特に王子から参加してくれたアキヨシさんは、個人技では静岡県下最強と言われてる人です。
自分など、赤子の手をひねるよりも楽にあしらわれてしまいます。

ほのぼの休憩1


ほのぼの休憩2


ほのぼの休憩3



しばらく続いてて思ったこと・・・試合でもそうなんですが、筆者はほとんどパックに触れません。
それでも、まぁ面白いといえば面白いんですが、もっとパックに触れたらもっと面白いに違いない・・・(・ε・)

そんな自分の思いを察してくれたのか、斉藤さんがたまに優しいパスをくれました。


ΣΣd(゚Д゚*<サンキュゥゥ


そしてなんと、そのパスからついに1点入れることがました!練習とはいえ、やっぱうれしいものです。
そんな楽しい1時間が過ぎ、特に怪我もなく練習終了となりました。

最後にみんなでパチリ



次回練習は来年の2月6日です。
沼津クラブ員、ビジターの方々共に更なる参加をお願い致します。


この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく