< 2018-02 >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    



2017年12月3日(日)
ピアノショップ沼津 ハーモニールームで、
ローランドのグレード試験として
演奏オーディションが開催されました。

ピアノ演奏のほかに、
音楽の基礎となるソルフェージュ(視唱、視打)の
試験もありました。

今回、初受験の生徒さんの中から
3名をご紹介します。

●佐藤 琴音さん 14級 (塩谷 満美講師)

年少さんからピアノをはじめた琴音ちゃん。
初めての受験で14級を受験しました。
初めてなのに堂々と演奏でき、見事合格しました❗



●西中 歌凛さん 13級 (塩谷 満美講師)

歌凛ちゃんは、発表会のときなど本番に実力を
発揮できるたくましい女の子。
今回もオーディションは初受験でしたが、
実力を発揮して見事13級に合格しました。



●道上 静菜さん 12級 (岩崎 充子講師)

初めての演奏オーディションで緊張しましたが
次もがんばります!(道上静菜)



演奏オーディションは、ただ受験するだけではなく
審査員からアドバイスをいただける貴重な行事です。

アドバイスを参考に、さらにステキな演奏が
できるように次の級を目指して頑張りましょう♪



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




2017年12月17日(日)
沼津教室 ハーモニールームにて
『大人のクリスマス会』が開催されました♪

日頃のレッスンでは交流のない
生徒さん同士の交流会として
素敵な音楽とともに、楽しいひとときを過ごしました!



大会場での発表会とは違い
アットホームな発表の場として、
この日のために、準備してきた
心温まるクリスマスソングや歌を演奏しました♪

♪松本 勲さん 「ムーン・リヴァー」


♪松本建代さん 「アラベスク」


♪山本裕美さん 「きよしこの夜」


♪小林千里さん 「エリーゼのために」


♪安藤春菜さん 「私を泣かせてください」


♪坂江美咲さん 「ウィンター・ワンダーランド」


♪星野昌子さん 「カノン」

♪藤田祥子さん 「アヴェ・マリア」

♪久島千佳さん 「星に願いを」


♪山根正子さん 「クリスマスソング」

♪渡邉由起先生 「ジングルベル」


♪藤田里美先生 「アベ・マリア」


♪久島千佳さん&山根正子さん(連弾) 「花のワルツ」

♪ピアノショップ沼津 大森社長(クラリネット)2曲


今年、演奏されなかった生徒さんも
来年は是非、演奏を楽しみにしております! 

イントロ クイズでは、皆さん大興奮!
さすが!音楽好きな生徒さんだけあって百発百中です。



合奏は、『聖者の行進』をその場で楽譜をもらい
ピアノ・オルガン・ジュノー・ルシーナ等で
ドキドキ・ハラハラ演奏をしました(*^_^*)



今回、最年少参加者の咲耶ちゃんは鈴を振ってくれました♪



そして、楽しいプレゼント交換。
素敵なプレゼントの披露では、皆さん満面の笑顔でした!



咲耶ちゃん、大活躍でした!

楽しいひとときのラストは『きよしこの夜』・『ジングルベル』の合唱。

ご参加いただいた生徒さん、
小松先生をはじめ先生方、お疲れ様でした!
ありがとうございました!

We wish you a Merry Christmas☆★
and a Happy New Year♪





この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




第2部 最初の曲は、藤田 里美講師のピアノソロでフランツ・リスト作曲『愛の夢』、
あたたかく美しい音色で演奏されました。

そして弾き歌いでヘンデル作曲『オンブラ・マイ・フ』。
心のこもった魂の中から湧きあがるような素晴らしい歌声でした。



次の曲は、映画音楽を豊かな音色で奏でるオルガンの演奏で、
岩崎 充子講師 『LA LA LAND』。

『LA LA LAND』の楽しく切ない世界をメドレーで、
彩り豊かに表現して、素敵に演奏されました。



続いて、藤浪 佳子講師のピアノソロ、ベートーベン『ピアノソナタ第14番 月光 第3楽章』。

人間が抗えない自然の猛威に地を踏みしめる姿、激しい昂ぶりが表現されました。



舞台は雰囲気が変わり、オルガンとパーカッションのアンサンブル
花村 千香子講師のオルガン、杉山 光映先生のパーカッションで
ジョージ・ガーシュイン作曲『I Got Rhythm』。

ジャズのスタンダードナンバーとして多くの人に親しまれている曲ですが、
オルガンとパーカッションの楽しい音色で、とてもキュートな曲に仕上がりました。



次はラテンジャズ。
小林 夕夏講師のピアノ、臼井 真弓講師のオルガン、恒川 久徳講師のドラム、
杉山 光映先生のパーカッションで、
「マシュ・ケ・ナダ」。息の合った素敵な演奏でした。



終盤に近づき、ゲスト出演・杉山 貴洋先生の
フレデリック・ショパン ピアノ曲、「スケルツォ 第3番」。

複数の主題が複雑に組み合わされて構成されている曲を
素晴らしい演奏力で表現されました。

ピアノの音色の美しさに、あらためて聞き惚れる演奏でした。



お二人目のゲストプレーヤーはオルガニストの池見宏美先生。

ジャズオルガニストとして都内を中心に演奏活動を行われており
池見先生、恒川 久徳講師のドラムで『Moanin’』、
杉山 光映先生のパーカッションが加わり『In The Mood』。

さすが、圧巻の演奏!有名なジャズナンバーが華麗に演奏されました。



数々の素晴らしい演奏に、客席は美しい音の余韻に浸っていました。



先生方、素敵な演奏をありがとうございました♪



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく