平成24年6月11日(月)に長泉町消防署にて、心肺蘇生法とAEDの使い方の講習会を開催しました。
当日は、12名の方が参加しました。心肺蘇生については、意識の確認→応援の要請→呼吸の確認→胸骨圧迫(心臓マッサージ)→気道確保→人工呼吸といった一連の流れを心配蘇生人形を使用し、消防団の方を講師に、3〜4名のグループに分かれて受講しました。
救急車が到着するまで、胸骨圧迫を休みなく行なったほうが良いということで、数分間づつ行ないましたが、とても大変なことであると共に、大切なことだということを認識しました。
AEDによる除細動の方法については、AEDの音声ガイダンスに従って操作手順を勉強しました。
受講された方たちは、数年に一度は受講をした方が良いのではという提案もあり、今後の活動に取組んでいけたらと思いました。