静岡県沼津市の建設業専門の行政書士田中綜合法務事務所です。建設業許可、更新、決算変更届はご相談下さい。デリヘル開業など他の行政書士業務もお任せ下さい。

新着情報

トップページ>新着情報

≪前のページ | 1 | 2 | 3 | ...| 403 | 404 | 405 |...| 410 | 411 | 412 | 次のページ≫


 よく受験生が間違う勉強方法があります。行政書士試験を受かりたいのに、司法書士、司法試験の勉強をしてしまう事です。

 これは、絶対に避けて下さい。

 この勉強法をやった人で受かった人は、ほとんど見ません。

 落ちる受験生は、こう考えます。「最近の行政書士試験は、難化して司法書士や司法試験の問題も解かないと合格できない」と。

 そもそも、行政書士試験と司法書士試験と司法試験では、求められる知識なども全く違います。

 よって、司法書士試験や司法試験の問題を勉強しても行政書士試験の問題を解けなかったりします。当然です、傾向が違いますから。

 実は、行政書士試験の受験生で一番間違うのは、この事なんです。

 絶対にやめて下さい。

 行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件についての情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 行政書士試験の法令で一番大切なのは、特に行政法です。この行政法が一番出題数が多く、記述問題にも出題されます。

 まさに、行政書士試験の法令の合否を分けると言っても言い過ぎではありません。

 行政書士試験で、行政法で点数が取れずに合格する事はありえません。なんせ、一番出題数が多いわけですから。

 そして、何よりも行政法は、基礎的な問題も数多く出題される為、勉強すればするほど点数が取れる科目でもあります。

 他の問題、例えば民法や商法などは行政書士の参考書やテキストにのっていない問題も何問か出題されますし、特に民法なんかは、難しい問題も多くなかなか得点源にするのは難しい所があります。

 それに比べて行政法は、報われる科目と言えます。

 行政法は、行政書士の参考書やテキスト、資格学校に通っていたり通信を受講されている人は、資格学校の授業を聞いて、授業で習った事を一つ残らず覚えるようにすれば、本試験でも点数が取れます。

 試験前直前で一番何を勉強すべきかと聞かれたら、私は「行政法」と真っ先に答えます。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件についても情報を随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今日からは、行政書士試験の法令について説明します。

 今まで一般教養の事を中心に話して来たのは、特に初めての受験の人なんかは、一般教養を軽視して、足切りで不合格になる人が多いからです。

 どんなに法令でいい点数を取っても、一般教養で足切りなら不合格になってしまうからです。

 しかし、一般教養で足切りを免れたら、後は、法令での勝負と言う事になります。

 法令は、基礎法学、憲法、民法、行政法、商法が試験範囲です。

 その中で出題数の高い、憲法、民法、行政法での勝負と言う事になります。もっとも配点が高いのは、行政法で、行政法で点数を取れずして行政書士試験は、合格できません。

 勉強には、必ず比重を置いて勉強するようにしましょう。

 一番勉強しなければいけないのは、行政法、二番目が民法、三番目が憲法になります。

 この順番は、必ず守って下さい。

 商法をいくら勉強しても、本番では五問しか出題されず、五問正解しても合格にはなりません。

 メイン科目でしっかり点数を取れるようにしましょう。

行政書士田中綜合法務事務所

「静岡県の贈収賄事件の情報も随時募集しています。
秘密厳守です。」



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




< 2021-01 >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PAGETOP