静岡県沼津市の建設業専門の行政書士田中綜合法務事務所です。建設業許可、更新、決算変更届はご相談下さい。デリヘル開業など他の行政書士業務もお任せ下さい。

新着情報

トップページ>新着情報

| 1 | 2 | 3 | ...| 409 | 410 | 411 | 次のページ≫


 建設業改正前は、都道府県や担当によっても違うと思いますが、社会保険の加入義務がある法人とかであっても、指導で済んで、許可が取得できました。

 年々、厳しくなるのは仕方のない事ですが、こういった許認可は、毎年いろんな問題が出て、法律が改正されて厳しくなるのは仕方のない事ですね。

 ただ、社会保険は、従業員のいる会社であれば、入っておくことが望ましいし、当然の事だと思いますが、会社によっていろんな事情がありますので。

 とは言え、現在は、社会保険の加入義務がありますので、必ず入るようにしておいて下さい。

 行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 昨日、建設業法改正で、社会保険加入が要件になりましたとお伝えしました。

 しかし、社会保険の加入義務が無い人たちっているんですよね。

 要するに、個人事業主の人達なんですけど、特に1人親方と言われている人たちは、社会保険に加入する必要はないので、建設業許可にも社会保険に加入する必要はありません。

 あくまで、社会保険に加入義務がある法人等になります。

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




 今回の建設業法の改正で、今まで指導とされていた社会保険への加入が、要件となりました。

 今まで入っていなくても、入って下さいと促されるだけになりましたが、今回の改正では、初めて許可の為の要件となりました。

 とは言っても、法人等で社会保険に加入していない所は少ないですけどね。

 特に従業員がいれば、従業員の将来の為に厚生年金に入ることは、経営者として当然考えるべきことですからね。

 建設業の許可を取る為に、社会保険の加入が要件になったことは、大きな改正のポイントになりますので、みなさんご注意下さい。

行政書士田中綜合法務事務所
 



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




< 2021-01 >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PAGETOP