前回のブログにも出演した、陽気なわが母。

今年の私のダブルハピバスでは、ひまわりを贈りました。


 「ダブルハピバスプロジェクト」 

 ・・・自分の誕生日に親への感謝を!!




生まれた時のエピソードを毎年話すのが恒例です。

夜中から陣痛が始まったが、あいにく父は大阪出張中。

朝まで頑張って、一人タクシーで富士川町から沼津の病院まで行ったそうだ。

後部座席で 「う〜ん う〜ん」 と唸る母に、タクシーの運転手さんも大焦りだったでしょう。

猛スピードで一路病院へ!!

病院の玄関では私の祖母と看護婦さんが「今か今か」と待機していたそうだ。

到着後、夜勤・日勤の交代時だった為、大勢の看護婦さんがいる中、そのまま分娩室へ直行。

大きなおなかを見て

 看護婦さんたちが 「双子ちゃんですか?」と。

 母 「いえ、一人だと聞いてますが・・・・」

生まれたのは4070gの巨大児の私でした(笑)


いやはや、母よ、よくぞ頑張ってくれました。

ありがとうね!!