今、老化を促進する要因として注目されている「糖化(体の焦げ)」。
食事などから摂った余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びついて老化促進物質であるAGE(糖化最終生成物)を作り、細胞などを劣化させます。
AGEsセンサは、間接的にカラダの中に存在するAGEs を測定します。

AGEsセンサ コミュニケーションシート
AGEsセンサ 簡易チラシ

[9月8日実施済] 健康測定 AGEsについて