超高齢社会を迎え、日本老年学会は現在65歳以上とされている「高齢者」の定義を75歳以上に引き上げたうえで、
それより若い人たちには就労やボランティアなどの社会参加を促すべきだとする提言をまとめました。
日本老年学会は医療の進歩などで健康的に生活できる期間が延びていることから、
現在65歳以上とされている「高齢者」の定義について、医師や大学教授などのグループで見直しを進めてきました。
そして、「高齢者」とする年齢を体力的な面などからも75歳以上に引き上げるべきだとす
る国などへの提言をまとめ、都内で発表しました。

提言では、そのうえで現在は「高齢者」とされている65歳から74歳までの人たちについて
は新たに「准高齢者」と位置づけ、健康な間は仕事を続けたり、経験を生かしてボランティアに参加するといった
活動を後押しするなど、活力のある社会をつくっていく必要性を強調しています。

その一方で、今回の提言を年金の支給年齢の引き上げなど、
今の社会保障の枠組みに直接結びつけず、慎重に議論するよう求めています。

日本老年学会のワーキンググループの座長を務める、大内尉義医師は「この20年ほどで
老化のスピードが遅くなり、今、高齢者と呼ばれる人は生物学的に5歳から10歳ほど若返っていると見られる。
若い労働者が減るなか、現在、高齢者とされている人たちの意識を変えて、社会を支える側に回って
もらう必要があるのではないか」と話していました。
http://www3.nhk.or....
NHK NEWSWEBより引用

行政書士田中綜合法務事務所