正直、国の年金制度が崩れてきている証拠でもあります。

これからの時代は、国に頼らずに各々で年金の備えをして下さいとの意味でもあります。

確定拠出年金は、全額所得控除などの大きな税制面でのメリットがあります。

入る分には、メリットがありますが、60歳まで引き出すことができないというデメリットもあります。

また、確定拠出年金は、外国で作られた制度の為、投資を主としている所もあります、元本保証型の商品もあるので、そのあたりは自分で考えてやっていくものでもあります。

私としては、全面的におすすめできるものではありませんが、必要な方は検討して見るのもいいと思います。

ただ、手数料がかかるところもありますので、よく考えて入るかどうか決めてみては、どうでしょうか・・・。

会社員や公務員であれば、厚生年金を払い続けて、自営業であれば、国民年金と国民年金基金を払い続けるのが一番確実に少しでもおおい年金をもらう方法ではないかと思います。

行政書士田中綜合法務事務所