今回の稀勢の里の横綱昇進について早すぎるとかの声も非常に多く、批判的な声もありますよね。

 確かに2場所優勝ではありませんが、それなりに頑張って来た結果ではないかと思っています。

 もちろん、日本人の横綱を久しぶりに誕生させたいという思惑も全くなかったというわけではないと思います。

 決める人が、基本的に日本人ですからね。

 ただ、外国人力士ばっかり活躍している事は、非常に残念だと思う人は多いのではないかと思います。

 勝負の世界ですから、外国人だろうと日本人だろうと、勝った人がえらいのは当然です。

 しかし、同じ日本人を応援するのも日本人として当然のことでもあります。

行政書士田中綜合法務事務所