沼津市が公の事業に「白隠」の名前を使うようになったことは、大いに評価できることだと思います。
世界的に関心をもたれるようになった白隠禅師の古里の見直して、住民、地元寺院の協働による歴史と景観を生かした町づくりに期待します。