今回の建設業法の改正で、今まで指導とされていた社会保険への加入が、要件となりました。

 今まで入っていなくても、入って下さいと促されるだけになりましたが、今回の改正では、初めて許可の為の要件となりました。

 とは言っても、法人等で社会保険に加入していない所は少ないですけどね。

 特に従業員がいれば、従業員の将来の為に厚生年金に入ることは、経営者として当然考えるべきことですからね。

 建設業の許可を取る為に、社会保険の加入が要件になったことは、大きな改正のポイントになりますので、みなさんご注意下さい。

行政書士田中綜合法務事務所