建設業の許可は、税込500万以上の工事には、必要になります。

 ここでポイントは、税抜きではなく税込みです。

 消費税がある現代では、消費税分も加算されますので、昔よりも500万を超える工事は、多くなってきています。

 ここで頭のいい人は、こんな事に気づくかもしれません。

 500万以上の工事の契約なり請求書を2つに分けて、税込みで500万未満にすればいいんじゃないか?って。

 こういったことは、法律を作る側や、取り締まりをしている役人はわかっています。

 脱法行為をしようとしても、許されません。

 2つに分けようが3つに分けようが、1つの工事としてみなされ、無許可で工事を行ったとして、建設業法違反で刑事罰を受ける対象になります。

 抜け道は、塞がれているんですね。

 簡単に抜ける道があったら、だれも金払って許可なんて取りませんからね。

 まっすぐ許可を取るのが最短ルートなんです。

行政書士田中綜合法務事務所