建設業許可を取るにあたって、過去5年間確かに法律の範囲内で建設工事の仕事をしていたと証明をしなければなりません。

 一番、それが手間のかかる作業になります。

 証明するには、過去5年間の契約書、請書、請求書、見積書、領収書などの建設工事をした書類を集めて、役所の担当者を説得しなければなりません。

 しかし、建設許可を取りたいと相談に来る人の多くが、これからの書類が無くて、許可を断念しなければならないこともあります。

 法人であれば書類関係は、大事に保管していることが普通なのですが、中には保管してない所もあります。

 建設会社さんや、個人事業主の方は、許可を取る可能性も今後ありますので、契約書などの書類は、必ず取っておいて下さい。

 建設業許可を取る際、非常にスムーズに手続きが進みます。

行政書士田中綜合法務事務所