地元住民、寺院、そして沼津市の3者の協働の団体「白隠の道づくり協議会」によって推進されている「白隠の里づくり」事業は、計画の段階から事業実施の段階に入って2年目。現在、下水道工事と並行して、地元住民の皆さんの理解と協力のもと、「白隠の道」にふさわしい風情に配慮しながら「なかみち」の改良工事が行われています。この度、沼津市の「景観整備モデル地区」に指定されました。いっそうの充実を期待します。