● 廃プラや木粉入り樹脂をTダイから板状に押し出すのにバンク量が大きく変動するため、多くの会社でオペレーターは目が離せないのが現状です。板でなく、いわゆる異形成型でも同様な問題を抱えています。
● ETEX(株)のバンク量コントローラはこのような問題を解決し、オペレーターが目が離せるようにした小型で便利なツールです。
● バンク量センサは耐熱250℃でPPなど高温のポリマーを監視することが出来ます。