涼しく感じる日もありましたが、日中は毎日残暑が厳しいですね(*o*;)
早く秋が訪れたらいいのに…と、毎日何度も感じます。

今日も、学校で活躍されている生徒さんを紹介しますね!!



花村千香子先生の生徒さんで、伊倉真論(いくら まさと)くん(小4)です。

真論くんも、学校で合唱のピアノ伴奏オーディションに合格されたそうで、3年生の時と(曲目:友だち)4年生になってからも(曲目:エール)2回連続で伴奏を担当されたそうです。

先日、レッスンにお邪魔しました。







とても楽しそうなレッスンでした♪
レッスンでは、ジョージ・ガーシュウィンの「ス・ワンダフル」を練習していましたが、細かい弾き方やニュアンスまで指導されていて、真論くんは先生のアドバイスを聞き、何度も練習していました。


花村先生に、真論くんについて、どんな生徒さんか聞いてみました。

「とても練習熱心で、注意した事を一週ごとに直してちゃんと仕上げてくる生徒さん。ご家族のご協力とご理解もあり、いつも温かく励まして頂いてます。」 




レッスンの後、真論くんと沢山お話をする事ができましたので、紹介します(^o^)

☆伴奏の練習で大変だったところは…?

 「家で頑張って練習したけど、学校でみんなと練習すると、歌との速さが合わなくて大変でした。」

☆普段のピアノの演奏や練習は、どんな所が難しい…?

  「両手で合わせることが難しいです。」

☆学校ではどんな遊びが好きなのかな?

  「警ドロ!!(鬼ごっこみたいな遊び)あとは、長縄で8の字跳びをやります。」

  →→→長縄は学校で担任の先生が力を入れられているみたいです

☆マイブームや、何かハマっている物(事)はありますか?

  「昆虫が大好き!!前はカブトムシやクワガタが好きだったけど、今はカマキリが好き。あとは、サボテンや多肉植物、食虫植物なども好きです。」

  →→→真論くんはレーシングカートというのをやるそうなんですが、御殿場のレース場まで行き、実際にカートを運転されるそうで、直線では100キロくらいのスピードを出すそうです。凄いですね!!

☆将来の夢を聞かせて下さい。

   「医者になりたい。外科の先生になりたいな。」

☆花村先生はどんな先生ですか?
  
  「新しい曲になると、いつも弾いてくれて、凄くピアノが上手。レッスン中は踊ることも…(^o^)あと、(真論くんが)間違えるとお腹の横をくすぐられたりもします。」




最後に、お母様からもお話を伺いました。

   「新しい曲が弾けるようになると私自身も嬉しいし、何よりもこの先長く続けてほしいと思っています。習っていてよかった…やらせてもらえてよかったと(真論くんが)思ってくれたらいいなとも思います。私がピアノを弾けないので、演奏する姿を見ることができてとても嬉しいです。」



私も同じ年頃の娘がいますが、同感です。自分ができないことを、子供ができるって、親としては何とも言えない嬉しさがあると思います。励まして、応援したいと思いますよね(^o^)




真論くん、沢山インタビューに応じてくれて、有難うございました。将来はピアノの演奏で患者さんを癒してあげられるような、ドクターになれたらいいね…☆☆☆


ピアノショップ沼津音楽教室講師会
おたよりグループ