2005年12月31日、大晦日の夜。
かなりうる覚えではありますが、この日だったかと・・

当時よく通っていた上海人形(シャンハイドールと読む)という
BARで、気の合う仲間と飲んでいたとき、
ふと、ホノルルマラソンに出てみたい!
と、いう話が、どこからともなく出てきました。

お酒のちからも後押ししたのか、
心の奥深くで、いつかフルマラソンに出てみたい、
とは思いつつ、これまで実行できなかった夢が、
急激に全面に出てきて、絶対出ると宣言してしまいました。

その時一緒に飲んでいた、中学校時代の同級生の女性も
ホノルルマラソンには興味があるとの反応。

出場経路は違えど、必ずホノルルで会おうと約束し、
大会本番までの長そうで、短い1年がはじまるのです。