RoopFoodingは2003年にOPENしました。
「Fooding」という「Food」+「Feeling」というフランス発の造語は「フィーリングを持って食を味わう」という意味で、
音楽、料理、インテリア、照明、情報、ファッションなどにこだわった、非現実的な空間を提供する食空間として、様々なクリエイターが集結して創りあげられました。
コンセプトは「五感の覚醒」で、人が感じる全ての感を使い、空間を過ごしていただけることが、私達の願いです。
Roopはまず体験して、聴いて、触って、見て、食べて、香って感じることができ、そこで理解していただけることがたくさんギュっと詰まったお店であると確信しています!
また、女性の方のご利用が非常に多いのは、女性がお洒落や流行だけでなく、「本物」志向が強く敏感であるからではないかなぁ〜と思います。女性が世の中においての立場が非常に大きくなってきている時代、Roopに女性利用が多いというのは、とても嬉しいことです。
 スタッフのサービススタイルも非常に気をつけています。やはり、スタッフはお店の主(ぬし)であるべきだと常々思いますし、空間や料理に負けないサービスを実践することと、「おもてなしの心」を決して忘れないよう、みんなで考え頑張っています!
結局は人と人との繋がりが一番大事なんですよね!!
まだまだ、若いお店ではありますが、これからも愛され続ける店作りを目指して行きたいと思います!よろしくお願いします。