10月1日(土)
伊勢原プロレス(仮)プレ旗揚げ戦!
in 伊勢原観光道灌祭り・大原児童公園





この地にゆかりのある、
室町時代後期の武将、太田道灌(どうかん)な名が付いた、
町全体で行われる大きな祭り。

8月の三浦プロレス旗揚げ戦を見た伊勢原の祭り関係者が、
ぜひ伊勢原でも!とイベント予定のなかった会場で急遽組み込み、
オリジナルレスラーもないまま開催。
祭りまで2ヶ月切ったところで組み込むのだから相当大変だったと思う。
プロレスに可能性を感じたからこそでしょうね!
僕は音響とリングアナ&実況で協力。

祭会場の一つ、大原児童公園では、
他にキックボクシングの試合や、
女性演歌歌手やバンドのステージも組み込まれ、
トリは伊勢原プロレスバンド!

さて、旗揚げ戦に「(仮)」が付いているのは、
開催決定から当日までの準備期間が短く、
オリジナルキャラも間に合わなかったためです。
そこで、沼津プロレス、大島プロレス、
伊勢原プレスの影響を与えた三浦プロレスから計6選手が友情参戦しました!





試合前のちびっ子プロレス教室は大盛り上がり!
そして、伊勢原プロレス(仮)旗揚げ戦の第1試合は、
椿あんこ(大島プロレス)vsレディDAIKON(三浦プロレス)、
メインは、駿河永悟(沼津プロレス)&ユーシン・サンダー・ミウラー(三浦プロレス)vs
ザ・本マグロック(三浦プロレス)&お魚戦士ヒラキング(沼津プロレス)の交流タッグマッチ。
らしとは全選手参加のバトルロワイヤル!

















会場はいつの間にか多くの人で埋め尽くされ歓迎ムード!
試合も盛り上がり、選手も楽しんでいるのがわかる。
本格旗揚げへの機運が上がったのを感じました!





突然の仮旗揚げにも関わらず、多くの方が協力して大成功だったのは、
熱意と地域力に他ならないです。
どんなかやらが登場するのか、来年が楽しみー!