会場:ホテル沼津キャッスル 観衆:400人

こんにちは!
大変大変報告が遅くなりました!
2007年2月10日開催・沼津プロレス第3戦の対戦結果です!
スタイリッシュなホテル沼津キャッスルの披露宴会場と、
完璧な照明、音響、スクリーンに花道!
おいしい食事も用意されて、これ以上無い大会の準備が整う!
サブタイトルは「C-STYLE」!
新しい婚礼スタイルを提案する沼津キャするとのコラボレーション。
一体どんな大会になるのか・・・!
大いに盛り上った試合内容と共に!


        • --------------------------------------

オープニングは、沼プロ初の舞台から・・・。
主演は石川美津穂!
そして彼女が参加する演劇ユニット・難民キャンプによる
沼津プロレスコラボ公演
題して、「リングの中心で愛を叫ぶ」!
ストーリーは・・・
「主人公の美津穂と小劇場劇団出身の小島は偶然出会い、
そして恋に落ちる。
そして結婚を決意する!披露宴会場は沼津キャッスルで決まりだった!

しかし・・・
美津穂は時々夜になると理由も告げず姿を消す。携帯さえ繋がらない。
理由は・・・人気覆面プロレスラーだったから。正体は・・・言えない・・・。
ある日打ち明けようとするが、何と小島はプロレス否定派だった。
「プロレスは所詮ショーだろ?」と・・・。
打ち明けられない美津穂は結婚のため、密かに引退を決意する・・・。
ある日また理由を告げず出かけようとする美津穂。
何か予感がするが聞けない小島。
そう彼女は・・・最強のマスクウーマン、キャッスル・ザ・ナイトだから!
結末を迎えないまま会場は暗転。
そして、第1試合へと続く・・・。

第1試合 『沼プロ名物ウェルカム沼津・バチバチタッグマッチ!』 
タッグマッチ30分一本勝負
○内藤恒仁・吉川祐太
(13分51秒:逆片エビ固め)
富豪富豪亀路・梅沢菊次郎×

オープニングマッチは沼プロ恒例のバチバチファイトの試合!
なのだが・・・。
試合前の前フリ映像で、昨年行われた富豪富豪亀路選手の試合で、
試合中に産卵した卵が、ふ化して沼津の海岸から上陸し、
某所で飼育されている。そんな情報を得た代表高橋が、
沼津獅子浜海岸で“息子のカメミチ君”を発見。
そんな映像が上映される・・・。そして試合が始まる!

ただ一人甲羅を背負った亀路選手。
吉川選手のローキック1発で思わず場外で休憩。
フォールを奪われそうになっても・・・肩がない!?
背中をけると、甲羅で痛い!更にはミドル一発!
・・・またも産卵・・・。亀路・・・やる!
しかし時には吉川選手とのバチバチファイトも見せ、最終的にはまたも、
内藤選手が梅沢選手を仕留め、これで内藤選手は沼プロ3戦3勝!
恒例のみかんプレゼントもありました!さすが内藤選手!良い人!

第2試合 『永悟復活!沼津LOVE!これぞ沼プロオールスター』 
タッグマッチ45分一本勝負
○駿河永悟・みかん戦士寿太郎
(10分7秒 ジャーマンスープレックスホールド)     
牛神ザ・グレート・アシタカ・営業男×

何と新鮮な組み合わせ!ってゆ〜か、こんな組み合わせ有りなの!?
相変わらず名刺を配りながらの入場の営業男。
リング上でもアシタカに渡そうとするが、
アシタカには意味が分からない・・・。
そんな営業男の動きに注目が集まるが、
いつものお笑いファイトと違ってやけに動きが良い!かなり良い!
そしてもうひとつの注目、ラジオでも宣言していた永悟の発言。
「アシタカをブレーンバスターで投げます!」・・・果たして・・・!?
試合後半遂に永悟がアシタカをブレーンバスターで遂に投げる!
そして初公開!人間橋ジャーマンスープレックスで営業男をフォール!

ケガからの復活を見事勝利で飾りました!(営業男、失神)

セミファイナル
『悪の軍団トリプルBAD、GO BAD総帥ついに現る!
沼プロ最大の強敵にMAX宮沢ピンチ!
空手対プロレス異種格闘技戦』シングルマッチ60分一本勝負
○小笠原和彦 with GO・BAD
(7分34秒 パウダー攻撃→カカト落とし)
MAX宮沢×

遂に実現!沼プロ史上初の異種格闘技戦!
旧清水市出身の小笠原選手がなんとGO BADにより洗脳!?

悪の空手家になって登場!しかし!
我らがMAX宮沢は遂に青い柔術着を身にまとい本気モードで迎える!

緊迫した試合が進むが、大事な所で手を出すGO BAD!
そしてまたも手を出し揉み合う所へ、何とパウダー攻撃!

不意を疲れたMAXはカカト落としを喰らい無念のピンフォール負け!
納得のいかないMAXはマイクを持つ!そこへ・・・!?
突然悪の軍団がなだれ込む!沼プロ正規軍もなだれ込む!
遂に、軍団抗争へ!!!!!!!

『スペシャルマッチ・沼プロ正規軍対トリプルBAD・5対5タッグマッチ』
<沼プロ正規軍>
○MAX宮沢・駿河永悟・みかん戦士寿太郎・内藤恒人・営業男
(11分7秒 みちのくドライバー)
<トリプルBAD軍>
ミスターr指定・大王キシン・怪人CO2・牛神ザ・グレート・アシタカ・
小笠原和彦×・with GO BAD

正規軍には内藤選手に営業男も加わる!
しかし、なぜか悪の軍団にアシタカが!?
アシタカも意味が分からず戦う。
とにかく卑怯な事ばかりする悪の軍団トリプルBAD!
場外でも暴れまくり、会場は大混乱!
そしてまたしてもパウダー攻撃!!がしかし!
アシタカが寝返った!やっぱりやってくれたぜ!
会場の興奮は絶頂を迎える!
そして決めたのはやっぱりMAX宮沢!
みちのくドライバー一発で小笠原選手を仕留める!

ここで、アシタカがマイクを持つ・・・。そして一言・・・。
「ノーパウダーーーーーーーーーーーーーーッ!」

会場は再度、大・興・奮!

メインイベント・スペシャルタッグマッチ時間無制限一本勝負
○キャッスル・ザ・ナイト・お茶戦士カテキング
(10分29秒 カテキンドライバーを受けて→ファイナル・ニー・スタイル) 
植松寿絵・お魚戦士ヒラキング×

パンフでも謎の存在だったが、オープニングの舞台でその姿を現した、
キャッスル・ザ・ナイト。一体どんなファイトを展開するのか!

しかしこの試合、沼プロ初のミックスドタッグマッチであり、
そして、初のカテキングとヒラキングの対決でもあるのです!
注目ポイントてんこ盛りの中、試合を引っ張るのは植松寿絵選手!

ラフ攻撃でキャッスルをいたぶる。そして遂に覆面に手を掛ける!
マスクが剥がされ素顔があらわに!その素顔は・・・美津穂!
動揺する美津穂に更に追い討ちを掛けようと
植松選手がイスを振りかざすとヒラキングが・・・!
「イスはよせ・・・」。そして試合が動く・・・。
カテキングのカテキンドライバーが盟友ヒラキングに火を噴く!

そしてとどめはキャッスルの「ファイナル・ニー・スタイル」!

そして勝負が決まるとキャッスル・ザ・ナイト、いや、美津穂がマイクを持つ。
「・・・皆さん、長い間、応援ありがとうございました!引退します!」
ざわめく客席・・・。その時!「ちょっと待ったぁ!」
突然、小島が登場。何と見に来ていたのだ!
そう、舞台の続きが始まっていたのだ!
「美津穂、お前すごいよ!オレ感動した!メチャクチャ感動した!
オレ誤解していたよ。プロレスがこんなにすごいなんて知らなかった
オレ! 今ここで、このリングの中心で誓うよ!たった今から、
キミの全てを愛すると誓う。プロレスラーとしての君も、
今まで知っている君も、全部まるごと愛することを、誓います!・・・だから」

投げ捨てられていたキャッスルのマスクを差し出す。
「プロレス、辞めるな!」 
受け取らない美津穂。そんな美津穂にマスクを被せてあげるコジマ。
「結婚しても、プロレスがんばれ、美津穂!会場の皆さん、
これからもキャッスル・ザ・ナイトを応援して下さい!宜しくお願いします!」
会場は大歓声と拍手に包まれた・・・!

そして美津穂選手から改めて挨拶。
何と故郷沼津では初めての舞台だった事が明らかに!
凱旋試合に!凱旋舞台に!大活躍の美津穂ちゃんでした!
そして最後は恒例のあれを!美津穂ちゃんの音頭で・・・

1・2・3・ぬまづ〜〜〜っ!