< 2017-12 >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


過去の記事

December 2017 の記事です。


2017年12月17日(日)
沼津教室 ハーモニールームにて
『大人のクリスマス会』が開催されました♪

日頃のレッスンでは交流のない
生徒さん同士の交流会として
素敵な音楽とともに、楽しいひとときを過ごしました!



大会場での発表会とは違い
アットホームな発表の場として、
この日のために、準備してきた
心温まるクリスマスソングや歌を演奏しました♪

♪松本 勲さん 「ムーン・リヴァー」


♪松本建代さん 「アラベスク」


♪山本裕美さん 「きよしこの夜」


♪小林千里さん 「エリーゼのために」


♪安藤春菜さん 「私を泣かせてください」


♪坂江美咲さん 「ウィンター・ワンダーランド」


♪星野昌子さん 「カノン」

♪藤田祥子さん 「アヴェ・マリア」

♪久島千佳さん 「星に願いを」


♪山根正子さん 「クリスマスソング」

♪渡邉由起先生 「ジングルベル」


♪藤田里美先生 「アベ・マリア」


♪久島千佳さん&山根正子さん(連弾) 「花のワルツ」

♪ピアノショップ沼津 大森社長(クラリネット)2曲


今年、演奏されなかった生徒さんも
来年は是非、演奏を楽しみにしております! 

イントロ クイズでは、皆さん大興奮!
さすが!音楽好きな生徒さんだけあって百発百中です。



合奏は、『聖者の行進』をその場で楽譜をもらい
ピアノ・オルガン・ジュノー・ルシーナ等で
ドキドキ・ハラハラ演奏をしました(*^_^*)



今回、最年少参加者の咲耶ちゃんは鈴を振ってくれました♪



そして、楽しいプレゼント交換。
素敵なプレゼントの披露では、皆さん満面の笑顔でした!



咲耶ちゃん、大活躍でした!

楽しいひとときのラストは『きよしこの夜』・『ジングルベル』の合唱。

ご参加いただいた生徒さん、
小松先生をはじめ先生方、お疲れ様でした!
ありがとうございました!

We wish you a Merry Christmas☆★
and a Happy New Year♪





この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




第2部 最初の曲は、藤田 里美講師のピアノソロでフランツ・リスト作曲『愛の夢』、
あたたかく美しい音色で演奏されました。

そして弾き歌いでヘンデル作曲『オンブラ・マイ・フ』。
心のこもった魂の中から湧きあがるような素晴らしい歌声でした。



次の曲は、映画音楽を豊かな音色で奏でるオルガンの演奏で、
岩崎 充子講師 『LA LA LAND』。

『LA LA LAND』の楽しく切ない世界をメドレーで、
彩り豊かに表現して、素敵に演奏されました。



続いて、藤浪 佳子講師のピアノソロ、ベートーベン『ピアノソナタ第14番 月光 第3楽章』。

人間が抗えない自然の猛威に地を踏みしめる姿、激しい昂ぶりが表現されました。



舞台は雰囲気が変わり、オルガンとパーカッションのアンサンブル
花村 千香子講師のオルガン、杉山 光映先生のパーカッションで
ジョージ・ガーシュイン作曲『I Got Rhythm』。

ジャズのスタンダードナンバーとして多くの人に親しまれている曲ですが、
オルガンとパーカッションの楽しい音色で、とてもキュートな曲に仕上がりました。



次はラテンジャズ。
小林 夕夏講師のピアノ、臼井 真弓講師のオルガン、恒川 久徳講師のドラム、
杉山 光映先生のパーカッションで、
「マシュ・ケ・ナダ」。息の合った素敵な演奏でした。



終盤に近づき、ゲスト出演・杉山 貴洋先生の
フレデリック・ショパン ピアノ曲、「スケルツォ 第3番」。

複数の主題が複雑に組み合わされて構成されている曲を
素晴らしい演奏力で表現されました。

ピアノの音色の美しさに、あらためて聞き惚れる演奏でした。



お二人目のゲストプレーヤーはオルガニストの池見宏美先生。

ジャズオルガニストとして都内を中心に演奏活動を行われており
池見先生、恒川 久徳講師のドラムで『Moanin’』、
杉山 光映先生のパーカッションが加わり『In The Mood』。

さすが、圧巻の演奏!有名なジャズナンバーが華麗に演奏されました。



数々の素晴らしい演奏に、客席は美しい音の余韻に浸っていました。



先生方、素敵な演奏をありがとうございました♪



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




今回で19 回目を迎えた、ピアノショップ沼津
講師コンサート『BEST COLLECTION』。

今年も音楽の感動を分かち合える
素敵なコンサートとなりました。

クラシック、ジャズ、ポップス等、様々なジャンルの名曲が
盛り沢山のステージで、クラシック ピアノ演奏以外は、
全て演奏者のオリジナルアレンジで演奏されました。

最初に、野木 由美子講師による、
大河ドラマ『おんな城主 直虎より』で幕を開けました♪

サウンドトラックより、「亀の笛」「竜宮小僧のうた」
「天虎〜虎の女」をオルガン演奏によるメドレーで演奏され、
まるでオーケストラのように迫力のある演奏でした!



2曲目は渡邉 由起講師による、ピアノソロ。

ロベルト・シューマン作曲『子供の情景』。
「見知らぬ国」「不思議なお話」「鬼ごっこ」「トロイメライ」の4曲が演奏され
シューマンが感じた子供らしい情景がピアノの音色で表現されました。



次は、塩谷 満美講師の歌、佐藤 米衣子講師のピアノ伴奏で、
モーツァルト作曲『ダス ファイルヒェン』(ドイツ歌曲)、
オペラ 「ドンジョヴァンニ」より 『ぶってよマゼット』(イタリアオペラ)。

普段のレッスンでは聴くことのない、美しい歌声に
生徒さんたちもうっとりしました。



臼井 真弓講師のオルガン、恒川 久徳講師のドラムで、
ビクター・ヤング作曲『STELLA BY STARLIGHT』。

続いてジャズ・ナンバー、小林 夕夏講師のオルガン、恒川 久徳講師のドラム
杉山 光映先生のパーカッションで、ジョージ・ガーシュウィン作曲『サマー タイム』。
有名な美しいジャズナンバーで聴衆を魅了しました。

次は、野木 由美子講師のオルガン、佐藤 米衣子講師のピアノで、
アラン・メンケン作曲、『美女と野獣 メドレー』。

「朝の風景」「強いぞガストン」「時は永遠に」「ひそやかな夢」等
モチーフをふんだんに盛り込んだアレンジで夢のような素敵な演奏でした。



第1部 最後の曲は、小松 千里講師のピアノソロ、
フランツ・リスト作曲『ハンガリー狂詩曲 第2番』。

リストの代表作ともいえる子供にも有名な曲で
ゆっくりした部分と早い部分が対象的に表現され、
美しく楽しいメロディが楽曲を彩り、
表現たっぷりに素晴らしい演奏をされました。





この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく