ローランド・フェスティバル2017[オルガン・ステージ]ファイナルが
9月23日(土・祝)、24日(日)京都パルスプラザ 稲盛ホールにて開催されました。

23日 フレンドリーC、中高生、一般部門
24日 フレンドリーA/B、小学生A/B部門

全国各地の大会で優秀賞を受賞した小・中・高生、一般部門のファイナル決勝、
そして、フレンドリー部門の優秀賞受賞者や
パフォーマンス・ステージ入賞者による特別演奏もあり
今年は更にグレードの高いステージとなりました!

その様子をvol.1&vol.2に分けてご報告いたします❀



【9月23日(土・祝)】

京都パルスプラザ 稲盛ホールにて行われたオルガンステージファイナル!
応援に行って来ました。

ファイナル初の「京都」開催!
ホールは、京セラ本社ビルとなりの建物の3階にありました。



1日目は
フレンドリーC部門1名
中学生/高校生部門 36名
一般部門15名
パフォーマンス部門2名

の演奏でした。

出場の中学1年生 太田千晶さん!
部門のトップバッターでした。
演奏曲『スマイル』落ち着いた素敵な演奏を会場いっぱいに届けてくれました。

 



1日に50名近くの、個性あふれるオルガン演奏を聴きました。

審査員の講評でよく言われるポイントはこの日もエクスプレッションペダル
(右足で強弱をつけるペダル)の使い方!「むやみに全開に踏まない!」でした^_^

アトリエ(オルガン)は様々な楽器の音を鍵盤で鳴らすことができる楽器。

音色の違いに合わせたタッチや弾き方の研究はもちろん、
「全体の響きのバランス!」
とても大切なポイント!であることをたくさんの演奏を聴いて、
改めて感じることが出来ました。