台風15号が通りすぎ、釣り人がひとっこ一人いない狩野川。

うらめしそうに川を見つめる釣り師達、風は爽やかな秋風、鮎釣りのメッカも台風一過できれいにアカが洗われ、しばらくはいつもの賑わいは見られないだろう。

つい先日、先週の土曜日は結構な釣り人の数で三時の一服の時見に行くと帰り支度の二人組に声を掛けてみた(自分もつい二昔前までは鮎釣りをやっていたので)『どうですか、釣果は?』すると彼らは持ち帰りのケースに移しながら見せてくれた。『良い型じゃないですか18センチぐらいてせすね、これじゃ手応えがあって面白いでしょ』と言うと彼らはまんざらでは無い笑顔を見せた。

ナンバーを見ると埼玉ナンバーで朝早く出かけてこの時間(午後3時)に着替えて帰るそうです。

自分もあの頃は狩野川では飽き足りずあちこちの川に仲間達と行った経験があるが関東近辺ではここ、狩野川がポイントも多く、彼らも言っていたが鮎釣りのメッカと言っても決して大げさではない。

地元としては、こんな幸せなことは無いのだが台風となると非常に怖い。
昭和33年の惨事からもう半世紀も経つが忘れられない思い出である。

台風一過、つい先日の事が嘘のような穏やかで気持ちの良い秋分の日であった。



♪今はもう秋〜誰もいない川〜知らん顔して〜サギが行き過ぎても〜♪