静岡県沼津市の建設業専門の行政書士田中綜合法務事務所です。建設業許可、更新、決算変更届はご相談下さい。デリヘル開業など他の行政書士業務もお任せ下さい。

新着情報

トップページ>新着情報

| 1 | 2 | 3 | ...| 407 | 408 | 409 | 次のページ≫


刑事事件の被疑者の取調べの可視化についてですが、殺人などの裁判員裁判対象事件等に限られて、全体の事件の3%以下の事件しか、録画録音の可視化をされていません。

 

 要するに、ほとんどの刑事事件では、取調べの可視化をされておらず、未だに自白の強要は行われています。



 最低限、逮捕された身柄拘束されている事件については、全て取調べの録画録音するべきだと思います。



行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




・国際人権NGO、取調べへの弁護人立ち会いに関する勉強会開催。

・法務省、これまで認められていなかった弁護人立ち会いは「可能」とする見解を発表。

・専門家は試験的に弁護人立会いを導入を目指している
https://news.yahoo.c...
Japan In-depth(11/27(金) 18:31)
ヤフーヘッドラインニュースより引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




中東のレバノンに逃亡中の日産自動車のカルロス・ゴーン元会長が、日本での刑事手続きで勾留されたことについて、国連人権理事会の作業部会は「恣意的(しいてき)な拘禁」にあたるとする意見書を公表しました。
日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告は、みずからの報酬を有価証券報告書に少なく記載した罪や、日産の資金を不正に支出させた特別背任など4つの罪で東京地検特捜部に起訴され、保釈中の去年12月、中東のレバノンに逃亡しました。

国連人権理事会の専門家グループ「恣意的拘禁作業部会」は、ゴーン元会長について、今月20日付けの意見書をウェブサイトで公表しました。

この中で、ゴーン元会長が日本で4回にわたって逮捕され、勾留が繰り返し延長されたことについて「ゴーン氏を勾留し続けられるよう、勾留期限を回避する意図があった」などと指摘しました。

そして「公判前の勾留は例外的なもので、できるだけ短期間にするべきだ。勾留が繰り返されたことは国際法のもとで根拠がなく、違法な訴訟手続きの乱用だった」などとしたうえで、ゴーン元会長の勾留は「恣意的な拘禁」にあたると結論づけています。

作業部会は日本政府に対して、速やかな救済策や、独立した調査の実施を求めていますが、意見書に法的な拘束力はありません。
https://www3.nhk.or....
NHKWEB(2020年11月24日 12時26分)より引用

行政書士田中綜合法務事務所



この記事にコメント:

お名前(必須)

メールまたはWebサイト

情報を記憶しておく




< 2020-12 >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

PAGETOP