NHKから国民を守る党(N国党)に所属していた東京都中央区議の男性を脅迫したとして、警視庁が脅迫容疑で立花孝志党首を書類送検したことが2日、関係者への取材で分かった。書類送検は同日付。

 関係者によると、男性区議は4月にN国党から立候補して当選し、その後、離党した。立花氏は7月上旬に動画投稿サイト「ユーチューブ」に「(男性を)ぶっ壊す」などと発言した動画を投稿し、脅した疑いが持たれている。

 男性が脅されたとして、被害届を提出。立花氏は9月、記者会見を開いて「問題ない」という認識を示す一方、「自分の主張が通らなければ辞める」として、有罪となった場合は議員辞職する考えを示している。

 立花氏は7月の参院選で初当選。元NHK職員で、受信料を支払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」の実現を主張している。
https://www.sankei.c...
産経ニュース(2019.10.2 21:29|社会|事件・疑惑)より引用

行政書士田中綜合法務事務所