昭和41年に起きたいわゆる「袴田事件」で、東京高等裁判所は死刑が確定し、その後釈放された袴田巌さんの再審=裁判のやり直しについて、弁護側が行ったDNA鑑定は信用できないとして、4年前の静岡地裁とは逆に、認めない決定を出しました。一方、地裁が認めた釈放については年齢や健康状態などを踏まえ、取り消しませんでした。




昭和41年に今の静岡市清水区で会社役員の一家4人が殺害された事件では、従業員だった袴田巌さん(82)の死刑が確定しましたが、袴田さんは無実を訴え、再審を申し立てました。

静岡地方裁判所は4年前、犯人のものとされる衣類の血痕のDNA型が袴田さんと一致しなかったという弁護側の鑑定結果などをもとに、再審とともに釈放も認める異例の決定を出しました。

決定を不服として検察が抗告したため、東京高等裁判所でDNA鑑定が信用できるかどうかなどが改めて審理されました。

11日の決定で東京高等裁判所の大島隆明裁判長は、静岡地裁の決定を取り消し、再審を認めない判断をしました。

決定では「地裁が認めたDNA鑑定の手法の科学的原理や有用性には深刻な疑問が存在している。血痕のDNA型が本人と一致しないという結果は信用できない」という判断を示しました。

そのうえで、地裁とは逆に、犯人のものとされる衣類は袴田さんのものだと考えて不合理な点はないという判断を示し、「確定した有罪判決の認定に合理的な疑いが生じていないことは明らかだ」と結論づけました。

一方で地裁が認めた釈放については「本人の年齢や生活状況、健康状態などに照らすと、再審についての決定が確定する前に取り消すのが相当とは言いがたい」として、取り消しませんでした。

弁護団は再審を取り消した決定を不服として最高裁判所に特別抗告する方針で、袴田さんの再審と釈放の判断は最高裁に委ねられることになりました。


支援者たち「えっ?」 驚いた声

裁判所の前で袴田さんを支援する大勢の人の前で弁護士が「不当決定」と書かれた旗を示すと、支援者たちは「えっ?」と驚いた声を上げたり、「ふざけるな」と大声を出したりするなど驚きを隠せない様子で、中には涙をうかべる人の姿も見られました。


姉「残念でなりません」

袴田巌さんの再審を認めない決定が出たことを受けて、裁判所の前では袴田さんの支援者たちが「袴田さんは無実だ」「不当決定に私たちは断固抗議する」などと強く訴えました。

支援者の前で、西嶋勝彦弁護団長は「再審を認めないというとんでもない内容で、とても承服できません。巌さんが再び拘束されることがないように最大の努力をしていきたい。直ちに特別抗告する」と述べました。

袴田巌さんの姉のひで子さんは「残念でなりません。次に向かって進みます。皆様のご声援をよろしくお願いいたします」と述べました。


弁護団「鑑定を無視 不当な決定」

弁護団は会見で弁護側の専門家が行ったDNA鑑定の信用性が認められなかったことについて、「この鑑定の手法は世界では新しい手法として正当なものだと評価されているにもかかわらず、日本ではまだ認知されていないことを理由に無視されていて、誠に不当な決定だ」と批判しました。


検察「適正かつ妥当な判断」

東京高等検察庁の曽木徹也次席検事は「東京高裁の決定は法と証拠に照らし、適正かつ妥当な判断であると理解している」というコメントを出しました。


日弁連「再審判断の鉄則を骨抜きに」

日弁連=日本弁護士連合会は「『疑わしい時は被告人の利益に』という再審判断の鉄則を骨抜きにしたものにほかならず、袴田氏が50年以上もの間、訴えてきた無実の叫びに真摯(しんし)に向き合ったとは思えない。再審無罪を勝ち取るまで、引き続き全力で支援していく」という会長声明を発表しました。


当面は釈放継続か

袴田巌さんは当面は釈放されたままとなる見通しです。4年前、静岡地方裁判所は再審を認めるとともに、刑の執行とそれに伴う身柄の拘置を停止する決定を出しました。

これによって、袴田さんは収容されていた東京拘置所から釈放されました。

11日の決定で、東京高裁は再審と刑の執行についての判断は別のものだとしたうえで、それぞれについて高裁の判断で取り消すことができるという考えを示しました。

そのうえで、再審を認める決定を取り消した一方、刑の執行停止については取り消しませんでした。

これについて東京高裁は「再審を認める理由がないと判断するのだから、一般的には身柄の解放を継続する必要性は弱まるが、必ず刑の執行停止を取り消すべきだとは言えず、裁判所の裁量に委ねられている」と説明しました。

そして、「年齢や生活状況、健康状態などに照らすと逃走のおそれが高まるなど刑の執行が困難になるような現実的危険性は乏しい」として、今回の決定が確定する前に刑の執行停止を取り消すのは妥当ではないという判断を示しました。

一方で、今回の決定が確定すれば刑の執行停止の取り消しも当然に効力を失い、検察が再び収監できるという考えを示しました。

袴田さんの弁護団は最高裁判所に特別抗告する方針で、袴田さんは、最高裁の判断が示されるまでは釈放されたままとなる見通しです。
https://www3.nhk.or....
NHK NEWSWEB(2018年6月11日 18時28分)より引用

(ホームページの更新のお知らせ)

 主な業務内容という項目を用意して、その中に、デリヘル開業、質屋営業許可、道路使用許可、道路占有許可、家族信託の各ページを作りました。

 主な業務の所に、カーソルを持ってくると、各項目のボタンが出てきますので、クイックすると、見れるようになっています。(トップページの下の業務の対応範囲の右隣の所にも各項目をクイックできる所があり、直接ページをクイックできるようになっています。)

行政書士田中綜合法務事務所