あおり運転事故裁判 懲役18年の判決 危険運転の罪認める

神奈川県の東名高速道路であおり運転をきっかけに家族4人が死傷した事故の裁判で、横浜地方裁判所は、被害者の車の進路をしつこく妨害したり走行車線に停車したりした被告の行為が追突事故を誘発したとして、危険運転の罪を適用しました。そのうえで、「常軌を逸した犯行であり、刑事責任は重大だ」として、懲役18年を言い渡しました。

去年6月、神奈川県の東名高速道路で、あおり運転を受けて停車したワゴン車が後続のトラックに追突され、萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)が死亡し、娘2人がけがをしました。

福岡県中間市の無職、石橋和歩被告(26)が、あおり運転の末に事故を引き起こしたとして、危険運転致死傷などの罪に問われました。

これまでの裁判員裁判で、検察が懲役23年を求刑したのに対し、弁護士は、被告が車を止めたあとに起きた事故に危険運転の罪は適用できないとして、この罪について無罪を主張していました。

14日の判決で、横浜地方裁判所の深沢茂之裁判長は、被告が走行車線に車を止めたこと自体は危険運転には当たらないとしたものの、それ以前に4回にわたって萩山さんの車の進路を妨害した行為などとは密接に関連し、追突事故を誘発する原因になったとして、危険運転致死傷の罪を適用できると判断しました。

そのうえで、「パーキングエリアで駐車のしかたを注意されたからといって一連の犯行に及んだのは、常軌を逸していて、くむべき事情はない。強固な意思に基づく犯行で、刑事責任は重大だ。家族旅行の帰りに、突如、命を奪われた被害者の無念さは察するにあまりある」と指摘し、石橋被告に懲役18年を言い渡しました。

判決の言い渡しのあと、石橋被告は、裁判長から「内容はわかりましたか」と尋ねられると「はい」と答え、遺族のほうに目を向けることなく法廷をあとにしました。

■萩山さん夫婦の長女「気持ち考慮してくれた判決 よかった」

判決について、萩山さん夫婦の17歳の長女は「私たちの気持ちを考慮してくれた判決でよかったです」というコメントを弁護士を通じて出しました。

また、亡くなった萩山友香さんの73歳の父親もコメントを発表し、「危険運転致死傷罪を認定して下さったことに感謝します。懲役18年についてはいろいろな考え方もあると思いますが、ここに至るまでの皆さまのご尽力によるものなので、私としてはそのまま受け止めたいです」と心境をつづっています。

萩山嘉久さんの母親の文子さんは「量刑について全面的に納得できるものではありませんが、被告の行為が危険運転と認められたことは良かったと思います。今回の裁判で自分の気持ちに1つの区切りをつけたいと思います。これからあおり運転などの危険な運転がなくなってくれることを切に願います」というコメントを弁護士を通じて出しました。

■友香さんの友人「短すぎて理解できない」
■過去の事故の遺族も傍聴に
■国家公安委員長「悪質運転抑止の取り組み効果的に推進」
■元検事「一定の抑止効果ある判決」
■裁判員の女性「みんなが納得して結論出した」
■弁護側「処罰の範囲拡大している」
■横浜地検「量刑については判決内容を精査したい」

NHKNEWS(2018年12月14日 14時07分 )より引用
https://www3.nhk.or....

行政書士田中綜合法務事務所