新元号の発表から一夜あけ、早速、「令和」にちなんだ記念セールや新商品が登場しています。

「令和記念のサプライズセール開催します」

熊本市の食品スーパーは、売れ筋の商品などを特別価格で提供するサプライズセールを開催。令和の文字が入ったパンにお買い得な生鮮品など40アイテムが並びました。

「いいですね嬉しいです」
「丁度良かった。ついてました」(買い物客)

「国民全体がお祝いムード。食卓が少しでも華やぐようなセールをしようと」(フーディーワン浜線店高口謙さん)

また、旅行会社でも…

「平成最後と新元号最初にお伊勢参りに行きたい客へのツアーを1泊2日で作成した」(阪急交通社・小森田翔平さん)

去年秋から販売を始めたこのツアーは、5月までほぼ満席ということです。

他にも皇居を訪れるツアーや、こんな変り種も。

「元号にちなんだ客が行ってはじめて観光地が分かるミステリーツアーなども作っていきたい」(阪急交通社・小森田翔平さん)

オリジナルプリントショップでは、早速「令和」Tシャツを制作、販売を始めています。

「世の中が盛り上がっているのでお祝いもかねてつくろうかと」(AMIG・島川太郎さん)

デジタルプリントの技術を駆使して、衣服だけでなく、グラスなどの器にも新元号をデザインして、次の時代への期待を高めます。

「少しでも令和という年号が浸透するよう協力できたら」(AMIG島川太郎さん)

一方で、予想できなかったブームも起きています。

「まとまった在庫がないのでこれから揃えていこうかと」(長崎書店・児玉真也さん)

新元号「令和」の出典となった万葉集への問い合わせを受けて、こちらの書店では、急きょ、発注をかけたといいます。

というのも、ふだん万葉集は売れても年に2〜3冊程度。
わずか6冊の在庫が無くなるのは目に見えています。

今月末ごろには口語訳や入門書などを揃えた万葉集のコーナーができる予定です。

「この機会に(古典に)興味を持つ人が増えて多くの人に手に取ってもらえたらいい」(長崎書店・児玉真也さん)
https://headlines.ya...
RKK熊本放送(最終更新:4/2(火) 21:12)から引用

行政書士田中綜合法務事務所

今年の3月9日に、赤坂の完全会員制の焼肉店「和牛マフィア」で堀江貴文さん(ホリエモン)とご一緒させて頂いた時の肉を切っている写真です。  (写真をクイックする事ができます。)