首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗死刑囚と『週刊新潮』の担当デスクが1年以上前から結婚していたという事実を5月23日発売の『週刊文春』がすっぱ抜いて話題になっている。5月2・9日号の記事の見出しは「木嶋佳苗獄中結婚のお相手は『週刊新潮』デスクだった」というもので、発売日のスポーツ紙や翌日のTBSのワイドショーが大きく取り上げていた。

 木嶋死刑囚に『週刊新潮』が食い込んでいたのは知られている。最高裁で死刑判決が出た2017年4月には木嶋死刑囚が心情をつづった長文の獄中手記が同誌4月20日号に載った。その直後に私も木嶋死刑囚に接見しているが、彼女にとって、死刑判決確定後どうするかは大きな問題だった。

 周知のとおり、木嶋死刑囚は、結婚した相手男性が次々と不審死を遂げたことで大きな事件になったもので、獄中に入ってからも支援の男性が2人、相次いで彼女と結婚するなど話題になった。TBSの「ビビット」では、そうした一連の彼女の結婚遍歴を取り上げ、「魔性の女」ふうにまとめていたが、死刑確定者にとっての「結婚」は、普通に言われる市民社会での結婚と意味が違う。そのことがあまり説明されていなかったため、見ていた人にはわかりにくかったように思う。
https://news.yahoo.c...
ヤフーヘッドラインニュース(4/28(日) 8:00 )より引用

行政書士田中綜合法務事務所