カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐり、衆院議員秋元司容疑者(48)が逮捕された汚職事件に絡み、東京地検特捜部は26日、東京都内のパチンコチェーン会社を家宅捜索した。

関係者によると、同社は秋元容疑者の元政策秘書が設立した芸能関連会社に「コンサルタント料」を支払っていた。

 特捜部はこれまでに、秋元容疑者に対する贈賄容疑で顧問らが逮捕された中国企業「500ドットコム」側が不正に多額の現金を持ち込んだとされる外為法違反事件の関係先として、この元政策秘書と元私設秘書の自宅を捜索している。

 関係者や法人登記簿などによると、芸能関連会社は秋元容疑者が参院選で落選し、浪人中だった2011年に元政策秘書が設立。代表取締役に就き、後任は元私設秘書が務めた。

 秋元容疑者は一時、同社の顧問となり、顧問料を受け取っていた。元秘書2人の自宅が捜索を受けた後の今月9日、記者団に「経営に口出しもしていないが、仕事はやるべきことはやっていると聞いている」などと説明。顧問に就いたのは落選中で、「私に対し、やましいお金の移動もない」と語っていた。

 捜索を受けたパチンコ会社は今年秋まで約2年にわたり、芸能関連会社に毎月20万円を支払っていたという。

 特捜部もこうした支払いを把握しており、秋元容疑者をめぐる不透明な資金の流れの解明を急いでいるもようだ。 
https://headlines.ya...
最終更新:12/26(木) 17:45時事通信より引用

行政書士田中綜合法務事務所